図書室

約4万冊の蔵書と司書が生徒・教職員の学びや興味関心をサポートします!  

 開館時間 月~金 8:45~16:50
 1人10冊まで、2週間借りられます。
 
           


 
      

図書室からのお知らせ

【図書館】クリスマス展示&装飾

図書委員企画班のお仕事として3年3、6組の図書委員がクリスマスの装飾を行いました。

バタバタとしていて作業中の写真を撮り忘れてしまったのですが、

入口付近も可愛らしくなり、ぬいぐるみたちもおめかししました。

 

そしてこちらも図書委員に手伝ってもらったクリスマスの展示。

なんだか本も少なくて寂しいような‥?

実はこの展示、みなさんに

「この冬のおすすめ本」「ほしいもの」

を書いて飾り付けてもらう、参加型の展示になっています。

おすすめ本は図書館にあれば一緒に展示しますので、

この機会に本のおすすめをしあうのはいかがでしょうか?

現在は図書委員企画班の書いた飾りを貼り、

そのおすすめ本とクリスマス関連の本を並べています。

「ほしいもの」はクリスマスといえばプレゼント‥?という発想で枠を作りました。

(現実に手に入るかは別として?)楽しく考えてもらればと思います。

生徒だけでなく先生方の記入も大歓迎です!ぜひ飾り付けてみてくださいね。

 

↓入口近くの机に書く場所をご用意しています。

 

【図書館】古雑誌、ふろく、廃棄本の払い出し

今週の月曜から保存期間の過ぎた雑誌、ふろく、廃棄する本の払い出しを行っています。

いつもは考査終了後に開催していますが、

今年は12月の考査終了後に蔵書点検(本がそろっているかを確認する作業)を予定しているので、

少し早めてテスト前の開催にしました。

 

↑開始前                    ↑現在の様子 

1日経ってだいぶ少なくなりましたが、

4、5年前のるるぶ(旅行雑誌)やスポーツ雑誌等が多く残っています!

在校生と教職員のみなさんはぜひお立ち寄りください。

図書委員研修交流会に参加してきました。

11月20日(水)の午後、市民プラザかぞで行われた

「第42回 東部北地区図書委員研修交流会」に1年生の図書委員4名が参加しました。

近隣の高校15校の図書委員が集まり、

全体での開会式後、4つの分科会に分かれて研修と交流を行いました。

 

分科会①たった一つの素敵なしおりを作ろう

グループに分かれ世界で一つだけのオリジナルの栞を作成

分科会②創作四字熟語

今までに存在しない新たな四字熟語を作成

分科会③遊字王

辞書を引いたり、漢字の画数でバトルをしたり

分科会④ ボードゲームをやろう!!

思考力やコミュニケーション能力を高めるボードゲームを体験

  

   

他校の図書委員とも積極的に交流し、楽しんでいる様子が見られました。

今後の図書委員活動に活かせる経験ができたのではないでしょうか。

最後に集合写真を撮って解散です。

在校生と教職員の方には年度末に発行する図書館報『礎』で詳しく報告します。

【図書館】展示「お仕事小説&働くことについて考える本」

11月23日は勤労感謝の日

ということで職業や働くことに関する本を展示しています。

(ちなみに今年の勤労感謝の日は土曜日ですので、休日が増えることはありません‥。)

今月は県民の日もありますので、展示した本の中から埼玉が舞台の本を2冊ご紹介します。

『Bの戦場』 主人公はウェディングプランナー、さいたま新都心のホテル(ブライダル課)が舞台

『ナースコール!』 主人公は看護師、蓮田のリハビリテーション病院が舞台

知っている場所が登場すると、また違った楽しみかたができるかもしれません。

ぜひ手に取ってみてください。

彩の国高校生ビブリオバトル2019に出場しました。

10月26日(土)に彩の国すこやかプラザで行われた、

「彩の国高校生ビブリオバトル2019」に本校図書委員の生徒が出場しました。

9月に行った校内ビブリオバトルでチャンプ本に選ばれ、今回は学校の代表としての参加です。

県内33校(33冊)が出場しており、予選の組み合わせは当日の朝抽選で決まります。

 

本校の生徒が紹介したのは『フーガとユーガ』(伊坂幸太郎著)。

校内とは違い大勢の前での予選で緊張したかとは思いますが、

読みたいと思わせるテンポの良さがあり、堂々としたプレゼンでした。

しかし惜しくもチャンプ本には選ばれず、午後の決勝は聴衆者として参加することに。

午後の決勝では春日部女子高校の生徒さんが紹介した『デフ・ヴォイス』がチャンプ本に選ばれていました。

最後に発表者全員で集合写真を撮って終了です。

バトラーとして発表した生徒だけではなく、

予選から聴衆者として参加してくれた生徒も(司書も教員も)、

それぞれ読みたい本を見つけ、新たな本と出会う経験ができました。

 

【図書館】本棚の案内板を新しくしています。

テストが始まり、勉強をしに来る生徒が多い時期になりました。

本の貸出は少ないため、司書は本棚の案内板を作成する作業に取り組んでいます。

本棚の案内板というのは、

「この本棚にはこの分野の本が並んでいます」ということを案内するパネルのことで、

図書館用語では「書架サイン」などと呼ばれることが多いです。

分かりやすいように分野のイラストアイコンも入れて作成してみました。

上部にある大きい数字は本棚の番号です。場所によって1~41の番号がついています。

左下にある小さめの数字は本の内容によって付与されている数字で、

本の背表紙についている数字です。図書館の本はこの数字の順番で並んでいます。

 

この文章を書いているときはまだ全ての作業を終えていないのですが、

テストが終わる頃には完成しているはずです。

もちろん新刊の受入作業も行っていますので、

テスト明けには新しい本と案内板で皆さまをお待ちしています!

【図書館】ニュース展示「ノーベル化学賞」

図書館の入口では、新聞とともにニュースに関する展示を行っています。

少し前までは「ラグビーW杯」でしたが、

ノーベル化学賞の展示に変更しました。

受賞者の吉野さんが執筆された本は所蔵がありませんでしたが、

化学に興味を持つきっかけになったとお話されていた

『ロウソクの科学』は所蔵しています。

化学の本やノーベル賞の本も合わせて展示していますので、

ぜひ手に取ってみてくださいね。

 

【図書館】ハロウィン展示&装飾

図書館がハロウィンモードになりました。

入口近くのハロウィン展示では、由来やお菓子のレシピが分かる本を置いています。

来館者が写真を撮れるように小物も作成してみました。※カチューシャは既製品

右側のような写真が撮れますので、ぜひ記念に1枚撮ってみてください。 

(写真を撮るときは周りの迷惑にならないよう配慮しましょう。)

 

 

ハロウィン装飾は2年3,6,7組の図書委員が企画班のお仕事として飾り付けをしました。

扉や窓にシールを貼ったり、折り紙でガーランドを作成したりと、分担して作業を進めました。

 

 

ぜひ装飾にも注目してみてくださいね。

【図書館】数学パズル「ハノイの塔」

新たな展示として、数学パズルの「ハノイの塔」を設置しました。

「なぜ図書館でパズル?」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、

近年の図書館界では思考力やコミュニケーション力を身に付けるツールとして

ボードゲームやパズルを活用している図書館も増えています。

 

今回設置した「ハノイの塔」は数学のある分野も関係してくるパズルです。

ぜひチャレンジしてみてくださいね。

難しい!という方のために司書が作成したヒント(分かりにくかったらごめんなさい)と、

解説が書かれている書籍も用意していますのでご安心ください。

 

 

【図書館】第2回校内ビブリオバトルを実施しました。

9月19日(木)の放課後、今年度2回目となるビブリオバトルを実施しました。

ビブリオバトルとは5分で本を紹介し、質疑応答の後、どの本が一番読みたくなったかを競うゲームです。

参加者は1・2年生図書委員と希望者(先生1名含む)、第1回と同じく3分で紹介する短いバージョンで行いました。

  

今回は自分たちで4,5名のグループを作ってもらったので、

同学年のグループになっています。

前回よりもリラックスして話すことができたでしょうか。

ビブリオバトル後に紹介された本を借りていく人もいて、新たな本と出会う機会になったようです。

 

今回は県大会に出場する代表者を決めることになっていたので、

各グループで選ばれた本(と紹介した生徒)を集めて決勝戦を行いました。

決勝戦はレベルが高く、どれも読んでみたいと思わせる紹介でした。

 

代表に選ばれた生徒は10月26日(土)の県大会へ出場します。