華道部の活動について
 
 
  3年間部活を続けることによって日本の伝統「華道」のお免状も取得できます。
 週1回のおけいこですが、専門の先生をお招きして和気藹藹と活動しています。
 興味のある人は活動日に化学室をのぞいてください。
 流派は『桂古流』です。
 
 活動日・・・・・ 毎週木曜日 16時から
 主な活動・・・・ 文化祭の出展など
 部員・・・・・・ 24人(2019年4月現在)
 
 
華道部の活動の様子

華道部の活動について

【華道部】11月12日のお稽古

今回の花材はこおり柳・スプレー菊・キキョウランでした。

こおり柳はためやすいので、流れを意識して形を整えることができます。

斑入りのキキョウランの葉が色、流れともに綺麗です。

 

【華道部】11月5日のお稽古

今回の花材ははんの木とダリアでした。

2種生けですが、実のついたはんの木の冬らしい暗さに、ダリアの華やかさがよく映えて、全体的にシックにまとまっていると思います。

10月29日のお稽古

今回の花材はさらしミツマタ・カーネーション・ユーカリ・スターチスでした。

ミツマタはオレンジ色に染色されており、カーネーションの色と一緒に明るさを出しています。

ミツマタの上へ延びるラインとユーカリの使い方が難しいところではないでしょうか。

スターチスの青色が足元を引き締めていました。

 

【華道部】10月22日のお稽古

今回の花材は菊のダブル使いです。

赤中菊・黄小菊・赤目柳

赤目柳の細いラインの美しさと紫の菊の華やかさ、小菊の黄色で色を引き締めています。

最近は、菊の花にもいろいろなバリエーションがあり、和物だけでなく洋物にも使われやすくなっているようです。

先生からは、『重陽の節句』のお話を伺いました。

桃の節句は有名ですが、9月9日の『重陽の節句』は『菊の節句』でもあり、菊を楽しむ日だそうです。

【華道部】なでしこ祭②

なでしこ祭の展示、いよいよⅡ期になります。

背景が気になるところですが(通常の展示だと作品の後ろにパネルを用意します)、楽しんでいただければと思います。

 

 作品1

南天・リンドウ・糸菊

 

作品2

グラジオラス・ヒマワリ・スプレーカーネーション・かすみ草・ナルコユリ

 

作品3

リンドウ・ススキ・ピンポン菊・ナデシコ・ナルコユリ

 

作品4

リンドウ・ホトトギス・ナデシコ・赤菊・ソリダコ

 

作品5

ケイトウ・スプレーマム・ハンノキ・竹ドラセナ

 

作品6

ダリア・千日紅・ユーカリ・姫アスター・ネリネ

 

作品7

バラ・ガーベラ・サラシミツマタ・ヒペリカム・ヒムロスギ

 

 

作品8 1年生合同作品

ケイトウ・ピンポン菊・ナデシコ・ワレモコウ・クジャク草・ナルコユリ・スズバラ・石化柳

 

【華道部】なでしこ祭①

今年度の文化祭中止に伴い、校内発表の場としてなでしこ祭が開催されます。

華道部はⅠ期・Ⅱ期に分けて、作品を展示します。

まずはⅠ期。

3年生の作品と1年生(3名)による合同先品です。

作品1

雪柳・リンドウ・ピンポン菊・スプレーカーネーション・キキョウラン

 

作品2

ミツマタ・トルコキキョウ・バラ・ハイブリットチース・青ドラセナ

 

作品3

ヒマワリ・トウガラシ・ソリダコ・クロトン・スプレーカーネーション

 

作品4

テッポウユリ・バラ・イタリアンルスカス・ナルコユリ

 

作品5

ピンクッション・ヒペリカム・こおり柳・旭ハラン

 

作品6

ディスパットマム・ブルーかすみ草・アスパラ・雲りゅう柳

 

作品7

ピンクすかし百合・スプレーカーネーション・ユーカリグーニー・柳巻づる

 

作品8

花なすパンプキン・キイチゴ・スプレーバラ

 

作品10

ススキ・リンドウ・スプレ0マム・ワレモコウ・ナルコユリ

 

作品11「1年生合同作品」

ストレチア・ジンジャー・ピンポン菊・オンシジウム・オリエンタルリリー・うんりゅう柳・ドラセナ

【華道部】今年度初のお稽古

6月25日(木)に今年度初めてのお稽古が始まりました。

今年度も講師の先生お二人に来ていただき、ご指導頂きます。

さて、お稽古は"蜜"を避けるため、1席分空けての実施となりました。

合わせて、1年生の見学及び説明も行いました。

今年度は何人の新入部員が来てくれるでしょうか…。

今回の花材はソケイ・菊・撫子です。

先生から「撫子は久喜高校のお花ですよ」とのお話を頂きました。

【華道部】2月13日のお稽古

今回のお稽古が今年度最後となりました。

今回の花材は、桃と菜の花。

春の訪れを待ちわびる今の季節に、春の息吹を感じさせる花材です。

生け花は季節を先取りして楽しむ要素があります。

【華道部】1月30日のお稽古

今回の花材は花ぼけ、アイリス、竹ドラセナでした。

ぼけのピンクの花が春の待ち遠しさを表しています。

アイリスは10月~5月頃に出回るそうですが、特に12月から3月に多く出回るそうです。

アイリスの青い花でアクセントを、ドラセナの鮮やかな緑の葉で足元をしめています。

 

 

【華道部】1月23日のお稽古

今回の花材はサンゴミズキ、スプレーマム、ドラセナでした。
サンゴミズキはすっきりしつつも赤い枝がアクセントになっています。
スプレーマムの黄色の花とドラセナの白と緑の葉が作品を爽やかに仕立てています。