お知らせ

2019~2020 公式戦結果 18戦16勝2敗

夏季東部支部選手権大会 優勝

1回戦 久喜 148-13 吉川美南

2回戦 久喜 121-37 獨協埼玉

3回戦 久喜 124-26 春日部東

リーグ 久喜     58-46 草加南

リーグ 久喜  67-45 春日部女子

リーグ 久喜  67-65 昌平

最優秀選手 佐藤優衣(北川辺中学校出身)

優秀選手  山口美南(越谷中央中学校出身)

 

新人大会東部支部予選 優勝

1回戦 久喜 137-21 杉戸

2回戦 久喜 149ー46 八潮

3回戦 久喜 112-30 獨協埼玉

リーグ 久喜  63-34 越谷西

リーグ 久喜  81-39 春日部女子

リーグ 久喜  72-40 草加南

 

第6回3×3U18日本選手権 全国第3位

LAST16            KUKI GYMRATS 21-14 鎮西学院(長崎)

QUARTER-FINAL  KUKI GYMRATS 21- 6 KWH(香川)

SEMI-FINAL           KUKI GYMRATS 11-21 Team☆アサヒ(神奈川)

 

新人大会埼玉県予選 第4位

2回戦 久喜 109-33 南陵

3回戦 久喜 105-30 熊谷西

4回戦 久喜  59-58 昌平

リーグ 久喜  72-68 市立川越

リーグ 久喜  39-52 正智深谷

リーグ 久喜  45-89 埼玉栄

 

 

NEXT GAME

KUKI GYMRATS vs 高校
大会名:ウインターカップ埼玉県予選
日時:令和2年9月日():トスアップ
会場:体育館

 

 

 

 

 

体験入部のお知らせ

今年度の体験入部については決定次第連絡いたします。また、興味のある中学生はご連絡ください。

チームのInstagramを始めましたので、興味のある方は是非フォローをお願いします。

休業中に取り組んだハンドリングの動画を3年生のリトとシノが編集してくれました。

3年生バージョン

2年生バージョン

1年生バージョン

トレーニングバージョン

練習風景

 

練習予定
8月の予定
1(土)REST    8(土)game(A)   15(土)REST   
2(日)9:00    9(日)REST    16(日)REST
3(月)13:00 10(月)9:00   17(月)13:00
4(火)13:00 11(火)13:00  18(火)9:00
5(水)13:00 12(水)game(A)    19(水)13:00
6(木)REST   13(木)9:00   20(木)REST
7(金)9:00  14(金)REST    21(金)9:00
 
8月29日(土)には学校説明会が行われます。
バスケットボール部は、午前中に練習をしておりますので、説明会前後で体育館へお越しください。
 
 
 
 
 
 
 
 
スケットボール部の練習に参加・見学を希望する方は
久喜高校早川 0480-21-0038までご連絡ください。
カウンタ
0 0 5 5 0 2 4
公式戦結果(2018~2019)23戦17勝6敗

全国高等学校選手権大会埼玉県予選  埼玉県ベスト8

学校総合体育大会埼玉県予選  埼玉県ベスト16

学校総合体育大会東部支部予選 県大会出場

関東大会埼玉県予選 埼玉県ベスト16

新人大会埼玉県予選
 埼玉県第5位

3×3U18日本選手権  全国ベスト8

新人大会東部支部予選  東部支部第3位

夏季東部支部選手権大会 
東部支部第5位

国体選手
フェレイラミユキ(上尾南中出身)
埼玉選抜選手(埼玉カップ) 
三浦帆乃夏(川間中出身)
関東エンデバー       
三浦帆乃夏(川間中出身)
デフバスケットボール日本代表 
川島真琴(栗橋東中出身)
東部支部選抜選手 
影山風花(戸塚中出身)、フェレイラミユキ(上尾南中出身)
内山明香里(吹上中出身)
埼玉県U16DC
フェレイラミユキ(上尾南中出身)
東部支部U16DC
大野穂果(埼玉中出身)、黒澤陽(春日部東中出身)
佐野萌笑(栄進中出身)、加藤凜(熊谷大里中出身)
石井薫乃(大石中出身)


出身中学校

出身市町村ランキング

第1位 春日部市 8名 東(3)、葛飾、武里、豊春、豊野、春日部
第2位 越谷市 6名 大相模(3)、中央、栄進、東
第3位 さいたま市 5名 春野、片柳、土呂、大原、白幡
  久喜市 5名 菖蒲(3)、栗橋東、鷲宮東
  加須市 5名 北川辺(3)、加須東、昭和
第6位 千葉県 4名 野田第二(2)、川間、岩名
第7位 上尾市 2名 南、大石
第8位 前原、伊奈、桶川東、吹上、熊谷大里、松伏、三和東、埼玉、寄居、新座第二、境第二
バスケットボール部について
  チーム名:KUKI GYMRATS
 チームロゴ:
 
チームカラー:イエロー
チームコンセプト:PLAY SMILE,PLAY HARD

長期目標:「関東大会出場、そして全国大会へ
2019~2020シーズンの目標:Play・Team Work・応援・人間性の全てにおいて日本一

KUKI GYMRATS 10ヶ条  
(選手が目標達成のためにどんなチームにすべきかを考えました。)
1、PLAY SMILE 、PLAY HARD
2、一致団結
3、当たり前のレベルを上げる
4、伝える声を出す
5、ミスした人が必ず一声を発する
6、何でも言い合える仲間になる
7、応援されるチームとなる
8、文武両道
9、失敗を恐れず、挑戦し続ける
10、感謝の気持ちを忘れない

KUKI GYMRATS 選手育成プログラム
1、トレーナーによる体作り指導
2、管理栄養士による食事面の指導
3、地元のはっとり接骨院によるコンディショニングサポート
4、メンタルトレーナーによるメンタルトレーニング
5、海外を経験した選手によるスキルトレーニング
6、KUKI GYMRATS主催のクリニックで地元に貢献
7、社会人ストリートバスケイベントのHITHへの参戦
8、3×3への積極的取り組み
などなど、久喜高校では他の高校では絶対に経験できない環境を整えています。「一生懸命を楽しむことができる選手」をお待ちしております。
 
 

        
 活動日・・・・月、水木金土日(火曜日は休み)
        土・日・祝祭日は練習試合・合同練習

        
 
スタッフ
ヘッドコーチ:早川 拓(保健体育)JBA公認C級審判員、B級コーチ、少年女子国体チームスタッフ         
アシスタントコーチ:矢澤雅彦(国語)
スキルコーチ:小磯典子(元日本代表)
スキルコーチ:岡田卓也(GYMRATS) 
ストレングストレーナー:上原雅也            
管理栄養士:金井麻由美
コンディショニングサポート:はっとり鍼灸接骨院久喜院 院長木村文彦          
日誌

活動報告

【バスケットボール部】ウインターカップに向けて

今週から12名の1年生が正式入部となり、新たなメンバーで活動をしております。

といっても1年生のプレーヤー11名はバスケットボールをやるために久喜高校に来てくれたメンバーなので、4月からZoomなどを使ったチームでの活動にも参加していました。

その11名にマネージャーの1名が新たに加わってくれました。

また、3年生21名のうち、7名はすでに進路に向けての準備を始めており、いったんチームの活動からは離れています。

進路が決まり次第、チームの活動に戻ったり、サポートに戻ってきてくれる選手もいますので、各自が選んだ場所で全力で頑張ってもらいたいと思います。

さて、ようやく始まった練習も来週からはテスト1週間前に入りますので、また活動休止期間に入ります。

それまでの数回の練習でやれることをすべてやろう!と思ってしまうと、焦りが出てしまうので、今回はけが人を絶対に出さないで計画通りに進めていくことを大切にしています。

1時間の練習時間でしっかりと成長できる環境を作るために、様々な工夫を全員で行っています。

いろいろとサポートしてくれるマネージャーには本当に感謝しております。

 

また、リーダーは休業中のZoomセミナーで学んだことを活かし、「KUKI GYMRATSのバスケ」を言語化してくれました。

目標である「Play・Teamwork・応援・人間性の全てにおいて日本一」を達成するために

・一生懸命を笑顔で楽しむバスケ

・全員がボールへの執着心を持ち続けるバスケ

・GYMRATS FAMILYで結束し、観客に感動を与えるバスケ

・40分間プレッシャーを変え続けるディフェンス

・どんな場面でも指摘し合う

・たくさんの指導者の方から教わった事をプレーに活かす

これがKUKI GYMRATSのバスケです!

どんな相手に対しても、自分たちのバスケにこだわって戦い続けたいと思います。

引き続き応援宜しくお願いします。

 

最後に

 KUKI GYMRATに興味のある中学生はまずは体育館に来て練習を見てください。

7月の週末の練習は11日(土)9:00のみです。

希望する方は、中学校の顧問の先生やクラブチームのコーチに伝えてから、ご連絡ください。

お待ちしております。

 

 

0

【バスケットボール部】活動報告

先週から部活動が再開され、バスケットボール部は先週は2回の練習を行いました。

練習の様子をマネージャーが動画編集してくれましたので、こちらをご覧ください。

普段ならハドルを組み、大きな声で10箇条をいう場面も、今は控えめの声でショートバージョンの声掛けで終わらせています。

 

先週から1年生も練習に加わり、さらに大人数での活動となっています。

まだ、入部するか迷っている新入生もいるようですが、バスケットボールが好きで、一生懸命頑張る気持ちがあるのであれば、体育館に来てください。

努力することができれば、不安は時間が解決してくれるはずです。

 

現段階では、週3日、1回60分程度という制限があります。しかし、無理して飛ばしていくよりはいい練習強度や程度で行えていると思います。

しかし、時間は無駄にできないので、我々は効率よく練習を行うための工夫をSNS等も利用して行っております。

練習で特に気を付けていることは「スピードを出さない!」ことで、しつこく伝えています。

今の状態でスピードを出すと、「止まれない=ケガをする、ケガをさせる」ことにもつながります。

今のこの状態だからこそ、スピードを出さないで「判断力」を向上させる良いチャンスだと思い、練習メニューを作成しております。

このコロナの期間で、私自身沢山の事を学ぶことができましたので、いろいろと教えたい気持ちもありますが、焦ることなく、少しずつ前進していけるように心がけています。

ウィンターカップの県予選についても少しずつ情報が入ってくるようになりました。

今できる最高の準備をして、今まで応援してくれたすべての方と一緒に勝利を喜ぶために、「日本一」という目標を達成したいと思います。

 

0

【バスケットボール部】上田頼飛氏zoomセミナー

6月12日(金)の夜に上田頼飛氏によるzoomセミナーをKUKI GYMRATS対象に行いました。

上田氏はデフバスケットボール日本代表監督、Bリーグ参入を目指すランポーレ三重のGM&HC、特定非営利活動法人one-s future理事長、そして僧侶でもあり、本当に様々な活動をされている方です。

また、久喜高校では、過去に人権講演会で上田氏に来校頂いたこともあります。

今回は、「やりたい事とやるべき事」をテーマにお話して頂きました。

自信をつけるためにも小さな価値を積み重ねること

takerよりもgiverになること

自分で自分をコントロールすること

など、とてもためになるお話を90分間していただき、私も選手も大変充実した時間を過ごすことができました。

 

今回のお話をぜひ、久喜高校の他の生徒にも聞かせてあげたいと思いました。

 

考え方ひとつで人の人生は大きく異なると思います。

また、心が整っていない人は成功を掴んでも幸せにはなりません。

KUKI GYMRATSには、本当に多くの大人がかかわっています。そして、それぞれの方がそれぞれの考え方、生き方を持っています。選手たちには、そのような大人たちと関わり、様々な影響を受け、自分が良いと思った考え方や生き方を学び、自分の「100%」を作り上げて欲しいと思います。

そして、今回のセミナーで多くの選手が、影響を受けたことと思います。

そこで終わってしまうのではなく、学んだ考え方を行動に移してください。

そして、習慣になるまでやり続け、また、新たな考えを学び、常に成長し続けるサイクルを回してほしいと思います。

私がKUKI GYMRATSの選手たちには、バスケットボールを通して、様々な出会いがあり、その出会いが1人では達成不可能な事でも、協力を得ることで大きな力を発揮できる事を今後も伝えていきたいと思います。

 

来週からいよいよ部活動が再開となります。

最初は活動日数、時間も制限がありますが、その中でしっかりと成長できる環境を作っていきたいと思います。

0

【バスケットボール部】部活動紹介ポスター

マネージャーが作成した部活動紹介ポスターが出来上がりましたので、お知らせします!

動画バージョンも現在ハンドリングリーダーが作成中ですので、出来上がり次第ご報告いたします。

 

バスケットボールが好きな人は一緒に活動しましょう!

 

0

【バスケットボール部】今だから得られたこと

昨日から分散登校が始まり、いよいよ学校に生徒の姿を見ることができる日常が戻りつつあります。

しかし、決して気を抜ける状況ではないので、みんなで協力し、感染防止に努めていきましょう。

 

昨日は3年生のキャプテンとゲームキャプテンと放課後に数分の面談を行いました。

まずはこの期間をどう過ごしていたかを聞いたところ、正直最初のほうはすぐに元の生活に戻るだろうと思っており、あまり時間を意識して生活をしていなかったようです。しかし、3月の途中からは、通常の学校と同じリズムで生活し、朝練の時間にランニング、そのあとは50分毎に勉強を行う。放課後の時間にランニングやトレーニングを行うように心がけたところ、時間を作ることができるようになり、料理や家事を手伝える時間が生まれたそうです。また、ランニングも毎日10KMと決めていたが、まとめて走ると追い込むのが難しくなるので、5KMずつに分けて走るなど、トレーニングのやり方も工夫ができたようです。

この3カ月の生活をどう生活したかで、大きな差が生まれていると思います。

高校3年生にとっては、部活の大会や学校生活などが失われ、言葉では言い表せない思いをたくさんしたことと思います。

しかし、この期間に努力したもの、前を向いて前進したもの、は間違いなく成長しているはずです。

2人と話をし、人間的にもさらに魅力的になったと感じました。

また、KUKI GYMRATSでは、この期間だからできることを考え、取り組んできました。

前回の「高田選手によるトークセッション」もその一つですが、その後にはユーチューブで有名な石杜さんの月間バスケットボールの企画で「ハンドリングチャレンジ」がありましたので、希望者が参加しました。その時の様子を動画でまとめてくださり、とても良い思い出となりました。

まだ見ていない方は是非こちらをご覧ください。

そして、5月31日には全国の高校3年生、しかも各都道府県で1名にのみチャンスが与えられるNBAスキルコーチによるスキルトレーニングの参加権をキャプテンのヒロが見事獲得し、1時間のスキルトレーニングを受けることができました。最後に英語で質問までする積極性も見せてくれ、流石ヒロ!と感動しながら動画を観ていました。

実は、昨晩、主催者の方にお礼の連絡をしたところ、「自主性がすごかったです。やっぱり行動力がある子はポテンシャルもありますね」というお言葉を頂きました。

成長する人、チャンスをつかむ人、はやはり行動を起こせる人だと再確認しました。

また、失敗を恐れずに行動を起こし続けられれば、成長し、チャンスを掴める人になれるとも思いました。

私自身、この期間にZoomを使って沢山のバスケットボールやコーチングのセミナーに参加しました。

これからのスポーツ界や部活動は大きな変革期を迎えることになります。

そんな中でもスポーツの価値をさらに高められるように、KUKI GYMRATSは活動してまいります。

他の高校では経験できないような環境づくり、選手育成をこれからも行っていきます。

 

0

【バスケットボール部】3年生へのビッグプレゼント

インターハイや全中が中止になり、とても悔しい思いをしている高校3年生や中学3年生のために、アスリートが様々な取り組みをしています。

先日、日本代表で活躍する髙田真希選手が「3年生のためのトークセッション」という企画に参加するチームを募集しているという情報を偶然見つけ、迷わず応募しました。しかし、「沢山のチームが申し込むだろうから、チャンスは少ないだろうな。でも、これが実現したら3年生は喜ぶだろうな」などと一人で考え、誰にもこの話を一切せずに結果を待っていました。

そんな中見事に当選のメールが届き、うれしさのあまりすぐに3年生に連絡してしまいました。しかし、私の行動はココでは終わりません。こんな貴重な経験は3年生だけでなく、1・2年生や保護者にも聞かせてあげたいという思いがこみ上げ、すぐに担当者に無理は承知でお願いしました。検討していただいた結果、視聴者という形で参加させていただけることになりました。本当に感謝ですね。また、何事も、最初から「無理だ」と思わず、自分の思いを行動にしてみる価値はあると思います。

 

そして、本日、トークセッションが実施されました。

髙田選手から沢山の言葉を頂き、チーム全員がさらに前進することができました。コロナがあったから失ったものもありますが、今回の様な貴重な経験を得ることもできました。詳しい内容はKUKI GYMRATSだけの秘密とさせていただきます。

今回学んだ事を活かし、今後もチーム一丸となって目標に向かって頑張っていきたいと思います。

 

また、今回選んでいただいた理由は

全国で一番早く申し込みがあった事

公立高校とは思えない活動をしており、様々な情報を発信している事

目標が勝つことだけに重きを置かず、魅力的であった事

ということでした。

我々の活動が認められたという大きな自信を得た瞬間でもありました。

これからもKUKI GYMRATSをさらに魅力的なチームにできるようGYMRATS FAMILYで盛り上げていきましょう!

髙田選手、そして桐野様、貴重な経験を本当にありがとうございました。

0

【バスケットボール部】新入生に向けて

久し振りの更新になりますが、今回は新入生に向けての内容になります。

本来であれば、4月の部活動紹介で新入生の皆さんにバスケットボール部の様子を知っていただけるはずでしたが、今回はHPでお伝えしたいと思います。

 

バスケットボール部は現在3年生21名、2年生13名で活動しております。

チームは「PLAY SMILE 、PLAY HARD ~一生懸命を笑顔で楽しむ~ 」というスローガンのもと、今年は「Play、Team Work、応援、人間性の全てにおいて日本一」という目標を掲げ活動しております。

現在は、学校が休業中という事もあり、チームでの活動はできておりませんが、このような状況に置かれていても「成長すること」を目指し、各自が目標実現に向け、感染に注意しながらランニングやトレーニング、ハンドリング等を行っております。また、定期的にSNS等を利用して、ミーティングを行い、お互いが刺激し合う良い仲間が集まっている集団です。

そして、このような状況でも、我々ができる事には何があるか?を常に考え、生徒から「社会で必要とする方々へマスクを作ろう」と行動を起こせるメンバーも沢山います。

バスケットボール部では、スキルコーチとして、元日本代表の小磯典子氏や静岡GYMRATS代表の岡田卓也氏、YouTubeでも有名な「もりもり部屋」の石杜駿氏の指導も定期的に行っております。また、フィジカル面、メンタル面、栄養面でもそれぞれの専門の指導者から学ぶことができます。そして、地元の服部接骨院様には、木村院長をはじめとした沢山のスタッフの方に身体のケアや試合の帯同も行ってもらっております。まだまだ沢山の方のサポートもありますが、なぜ公立高校でここまでの環境が整えられるのか、それは「人の繋がり」です。

もちろん最初は私の繋がりからスタートはしますが、選手たちの一生懸命な姿を観て、みなさんが「このチームを応援したい」と思ってくださり、ここまでの環境になりました。

私としては、1度っきり高校生活ですので、他の高校では絶対に経験できない体験を沢山与えられる環境を作ってあげたいという気持ちがあります。また、バスケットボールに関わる仕事がこんなにもあるということも選手たちには知ってもらいたいという気持ちもあります。

バスケットボールが好きな皆さん、ぜひ一緒にKUKI GYMRATSで充実した3年間を過ごしませんか?

私にはついていけないのでは、、、

中学時代にあまりレベルが高くなかったし、、、

という考えを持っている新入生もいると思います。

私たちが求める入部の条件は、

バスケットボールが好きであること

一生懸命取り組めること

この2つです。

 

物事はすべて考え方次第です。

確かに、過去にやってきたことが今の自分を作っています。

しかし、過去が未来を作るわけではありません。

過去に地区大会レベルだったからと言って、未来も地区大会レベルになるわけではありません。

我々は未来のなりたい姿に向かって、今取り組んでいます。

自信のない新入生は是非一度相談に来てください。

また、マネージャーも募集しております。

一緒に「PLAY SMILE、PLAY HARD」できるメンバーをお待ちしております。

 

最後にチームの公式Instagramを始めました。

KUKI GYMRATSに興味のある方は是非フォローしてください!

0

今後の活動について(変更)

県の方針が今週初めに発表され、8日から学校再開が予定されておりますが、正直変更になってしまう可能性も高いと思います。バスケットボール部の活動は県の方針通り6日から始める予定ですので、下記の点を留意して行っていきます。

1.各自自宅にて検温を行い、記録を残しておく

2.移動中はマスク着用の徹底

3.電車では手すりやつり革を触らない

4.体育館に入る前に必ずうがい手洗いを行う

5.体育館の全ての窓を開け、常に換気を行う

 

春休み中の練習予定

6日(月) 9:00~10:30

7日(火)14:00~15:30

 

予定しておりました6日からの部活動は県の方針により、延期となりました。

学校再開と合わせて行っていきます。

 

早川の思い4月に予定していた桐生商業高校、桜花学園高校、拓殖大学、立教大学すべての遠征がキャンセルとなりました。また、6月に予定されていた関東大会も中止。KUKI GYMRATS FAMILYみんなのショックはとても大きなものでした。

しかし、我々の目標は、「Play・Team Work・応援・人間性の全てにおいて日本一」というとても高いものを掲げ取り組んできました。

だからこそ、この知らせを聞いた選手たちは、下を向くのではなく、今できること、今やるべきことに目を向けてくれました。

また、この期間、家族との時間を大切に過ごすことができたことで、沢山の気づきや成長も見られたようです。

保護者の方からも一緒の時間が沢山ある中で、自分の娘がこんなに立派な考えを持つようになり、頼りになる大人へ成長していたことに気づかされたという話も聞かせていただきました。

選手も日常への感謝、環境への感謝、そして保護者への感謝を感じているようです。

物事は全て考え方次第だと思います。

これからもKUKI GYMRATSはダブルゴールにおける成長を目指し、活動していきたいと思います。

 

私自身、家族との時間をたくさん持つことができ、本当に沢山の気づきがありました。

働き方改革、部活動の在り方の見直しなど今がチャンスかもしれません。

しかし、大事なことは子供たちが夢を全力で追いかける環境を準備し、応援することだと思います。

ただ、今までのやり方を少し工夫して変化させる必要はありそうです。

実際、KUKI GYMRATSでは、zoomを使ったチーム・グループミーティングやGoogle classroomを利用した課題のやり取り等、新しい取り組みを始めました。

オンラインミーティングやオンライン授業は世界では当たり前になっていますので、まずは久喜高校のリーダーを育てられるようにバスケットボール部で始めることにします。

 

最後に、コロナウイルスとの戦いの中で、私たちに対してコロナウイルスは様々な問いかけしているように思えます。

1日でも早く収束し、これ以上の被害者を出さないことが何よりも大切だと思います。

ダルビッシュ有選手は「君は大丈夫かもしれない。でも君にとって大切な人、誰かにとって大切な人は大丈夫じゃないかもしれない」というツイートで、みんなに大切なことを伝えてくれています。

世界中の全ての人たちで協力し、乗り切りましょう!

 

 

0

今だからできること

今回のコロナウイルス関係で休校が続く中、みなさんはどんな毎日を過ごしていますか?

 

先日の登校日に1・2年生と短時間の個人面談を行い、どんな生活を送っているのか聞いたところ、ほとんどの生徒が、家族との時間を大切にし、今まであまりやってこれていなかった家事を行っているとのことでした。

そして、料理もほぼ毎回自分で作っている生徒もいました。

さすが、女子!ですね!

 

料理の補助はしているという生徒もいましたので、失敗してもいいから1人で作ってみようと背中を押しておきましたので、保護者の皆さん!すべて任せてみましょう!!

 

トレーニングに関しては、各自がやれることをやっているようでしたが、その中で気になったことが、「体力を落とさないように、、、」という言葉でした。

 

体力を落とさないようにこの時期を過ごすのか、体力をつけるためにこの時期を過ごすのかでは、この期間に大きな差が生まれるはずです。

 

大切なことは「目標設定」

 

KUKI GYMRATSが目指す目標は「日本一

 

それを達成するために今どう過ごすかが大切です。

 

国からも外での運動は認められていますので、目標達成のために必要な事を積み重ねましょう!

 

チームによっては、監督から練習メニューができるようですが、KUKI GYMRATSは今回のコロナでの練習ができないというピンチを選手が自立するチャンスだととらえ、あえてやるべきことの指示を出しませんでした。

 

選手の皆さんには、自分の夢はまずは自分の力で掴み取ってもらいたいと思います。

練習が再開し、皆さんの成長した姿が見れる日を楽しみにしています。

 

0

祝!卒業!

昨日、卒業証書授与式を無事終え、3年生を送り出すことができました。

 

今回の卒業式は、

 保護者や在校生、来賓の方が参列できない

 時間短縮のため、歌や表彰の省略

ないものを考えれば、不満ばかりになってしまいますが、3年生のために卒業式を実施することができ、本当に良かったと思います。

 

KUKI GYMRATSからも11名の選手が巣立っていきました。

そら・いち・るな・りゅう・ねお・よう・みち・かい・ゆら・りの・ばん

この3年間、11人それぞれに物語がありました。

 

楽しかったこと、辛かったこと、感動したことなどいろいろな思い出があるはずです。

 

また、沢山の方との出会いもありました。

 

そのすべてがKUKI GYMRATSです。

 

思い通りの結果は出せなかったけど、みんながこのKUKI GYMRATSをさらに成長させてくれました。

 

そして、沢山の感動を与えてくれました。

 

KUKI GYMRATSを選んでくれてありがとう!

 

卒業おめでとう!

 

 

0