弓道部の活動の様子

弓道部

【弓道部】全国選抜大会埼玉県予選 結果報告

こんにちは。弓道部です。

11月7日(土)は本校において学校説明会が行われ、弓道部にも多くの方が見学に来てくださいました。ありがとうございました ただ、コロナ対応と翌日が大会という事情があったため、じっくりご覧いただけず申し訳ありませんでした。

そして翌11月8日(日)大宮公園弓道場において全国選抜大会埼玉県予選が行われました。コロナ対策をした上で、今大会はA・Bの2チーム6人が出場できました。 

結果は、Bチームは残念ながら1次予選敗退、Aチームが2次に進出し24射12中という結果でした。 同じ12中のチームが10チームあり、そのうち6チームがベスト16に残れるという状況でしたが、本校チームは1本目を3人全員が外してしまっていたため、あと1本足りずベスト16に残ることができませんでした。

結果は残念でしたが、この大会に向けて2年生は「自分の射」に向き合うことができるようになってきていました。先月の栗橋北彩高校での練習試合後みんなの目の色が変わり、練習の時に気づいたことを自分の弓道ノートに書きとめ、より良い射をめざし「考えて弓を引く」ようになりました。 このような姿勢を持てたことは今後に向けた大きな収穫です。 

大会経験の乏しさはどの学校も同じ。その中で自らに向き合い、師範のご指導を受けながら自分でどうすべきかを考えて引く。的中はついてくるもの。 そのような練習を続けていければ、きっと上達できます! また、今回は栗橋北彩高校の皆さんに大変お世話になりました。 こうした周囲の人々に感謝し謙虚な心を持って弓に向かうことも大切です。 「考えて引くことを続ける」「感謝の心を忘れない」いずれも簡単そうで難しいことですが、みんなで取り組んでいければと思います。

大会が終わったので、いよいよ1年生が的前に入ります。 1年生も2年生もがんばっていきましょう!!

【弓道部】新人戦 結果報告

こんにちは。 弓道部です。

10月3日(土)、大宮公園弓道場において高校弓道新人戦が行われました。 昨年度11月の全国選抜大会県予選以来の県大会です。 コロナ対策のため大幅に運営方法を変更し実施されました。例年ならA・Bの2チーム6名が出場できるのですが、人数制限により1チーム3名のみの出場となりました。

結果は、団体戦は予選通過ならず、個人戦で1名が2次に進みましたが入賞することはできませんでした。緊張のためかいつもの射ができず、悔いの残った大会でした。

でもようやく大会が実施され、これがスタートです。いつも師範がおっしゃっているように「練習は本番のように、本番は練習のように」。大会と同じような緊張した雰囲気を作り出し、集中力を高める練習ができるかどうか。その日その日の練習に課題を持って取り組むことができるかどうか。 それは2年生部員が自分たちでできなければならないことです。 こうしたことの大切さも、大会を経験したから身をもってわかること。出場した選手は、大会で経験したことを出場しなかった他の2年生に伝え、2年生全員で、技術だけでなく精神的にも強い「チーム久喜」をめざしてほしいと思っています。

1年生は、これから巻藁、的前と進めていきます。顧問としていつも思っているのですが「教えることは学ぶこと」。教えるためには自分も基本の確認ができていなければなりません。弓道は基本が命。2年生も指導役として基本を確認し、教えることを通じて1年生とともにみんなで上達していきましょう!

【弓道部】学校説明会 部活動見学♬

こんにちは。弓道部です。

今日は今年度最初の学校説明会でした。コロナ対策のため、午前・午後の2部制でいくつかの会場に分かれての実施となりました。今日の弓道部の活動は9:00からだったので、午前の部に参加してくださった方が約30名見学に来てくださいました 暑い中、ありがとうございました。

弓道部では現在、2年生は、夏休みに1段階強くした弓で10月の新人戦に向けて射の向上に取り組んでいます。

1年生は、徒手練習(何も持たず型を覚える) → ゴムを使った練習(ゴムパッチンと呼んでいます)→ゴム弓、と少しずつ進化し、現在は「素引き」という、弓を素手で引く練習をしています。 


2年生に指導をしてもらったり、時には1年生どうしでお互いに直すべき部分を指摘し合ったりしながらの練習です。この次には「弽(かけorゆがけ:弓を引く時に右手につけるもの)」を使用した素引きや、実際に矢をつがえて矢を放つ「巻藁(まきわら:大きな藁でできた俵のようなもので、近距離から狙います)」といった練習に進んでいきます。一見退屈な練習の繰り返しにも思えますが、弓道は基礎練習が命。最初は言われるがままに真似をするだけだった1年生も、最近は基礎の大切さと難しさに気づいてくれているようです。 

コロナのためマスク装着(もちろん熱中症を配慮しつつの装着です)や消毒を行い、熱中症にも気をつけながらの活動です。いろいろ大変なことはあるけれど、みんなで乗り越えてがんばっていきたいと思います。

久喜高校弓道部は、弓道の技術だけでなく、部活動を通じて人間的にも成長することを目指しています。中学生の皆さん、次回の学校説明会でも活動していますので、見学に来てくださいね(^^)/

【弓道部】新入部員&部内対抗戦

こんにちは。 弓道部です。

ようやく少しずつ部活動も軌道に乗りはじめました。

7月6日は新1年生の入部届の締切日で、弓道部には18名も入部してくれました❣ 「最初は、退屈な基礎をイヤになるほど繰り返す練習だよ〜。ちゃんと続けていけますか~?」という問いにも全員「大丈夫です‼」と元気よく返事をしてくれました。 これから一緒に久喜高校弓道部をつくっていきましょう❗

そして、7月11日(土)には、2・3年生による部内対抗戦を行いました。3年生の引退試合です。

久しぶりに袴姿でチームを組み、一人8射で競いました。3月からずっと引いていなかったため、思うように自分の射ができずモヤモヤしたところもあったかもしれませんが、「やりきった!」という気持ちで最後を締めてくれたと思います。

ここに来るまで、精神的にも技術的にも多くの壁にぶつかってきました。辞めたいと思ったこともあったでしょう。部活動を最後まで続けるということ、それだけで大変なことなのです。3年生にはそのことに自信を持ってほしいと思います。大きな実績がなくとも、部活動を通して得たものはたくさんあったはず。そうして得た力を今後の人生に生かしてほしいと願っています。

まずは、進路決定に向けてがんばれ!! 応援しています!!

【弓道部】練習開始!活動日の変更についてのお知らせ

こんにちは。 弓道部です。

6月22日から部活動を再開することができました!

週3回、1回の練習60分程度という制約はありますが、まずは第一歩です。

先週は、大人数だと動きが取れないと考え、月・水は2年生の練習日、火・木は3年生の練習日、金曜日は2・3年生全員で練習することにしました。 

しかし、金曜日に全員で部活動をやると、やはり、これでこそ「弓道部」だ!(^^)。

みんながそう感じたようなので、今週(6月29日~7月3日)は、火・木・金に全員で活動するように変更しました。木・金は三者面談なので、活動は13:30~14:30です。

1年生のみなさん、教室に貼ってある活動日と変わっていますので、注意してくださいね。

さて、ゴム弓などの自主練習を自宅でやっていたとはいえ、4か月近く弓を引いていなかったので、以前使っていた弓も強く感じる状態です。 ですから、今はじっくり身体を元に戻すことを大切にしています。急に無理をしてケガをするとかえって復帰に時間がかかってしまいます。 基本を再確認するいい機会だととらえて練習しています。

また、時間を有効に使うため&洗濯をしやすいように、現在は体育着・ジャージで活動しています。ですから、袴姿でかっこよく弓を引く姿をみせられないので、見学に来てくれた1年生には物足りないかもしれません。

でも少しずつ入部者が来てくれています

的に向けて弓を引けるようになるには、基礎練習をイヤになるほど繰り返さなければなりませんが、的に中ったときの快感、自分できっちり引けたと感じた時の快感はなにものにも代えられません。一緒に頑張っていきましょう!

【弓道部】1年生のみなさんへ 新入部員募集中♪

1年生の皆さんへ 一緒に弓道をやりませんか?

ようやく学校も動き出そうとしています。

これから皆さんの高校生活が始まります。 一緒に弓道をやりましょう!! 

 《主将からの一言》

一年生の皆さん、ご入学おめでとうございます!弓道部の主将です。

弓道部は、顧問の江口先生・副顧問の本木先生・外部指導者で師範の先生(教士六段)のご指導のもと、基本的に月~土曜日の週6日間活動しています。

部員みんな、弓道未経験から始めており、元運動部の子もいれば、元文化部の子もいます。先生方が優しく指導して下さいます。自分の努力次第では、大会上位も夢ではありません。また、技術以外でも、武道ならではの礼儀作法を学ぶことができ、弓道の資格(段位)も取得することができます!

一年生のみなさん、袴で私たちと一緒に弓を引いてみませんか? 少しでも興味がある方は、体育館脇の弓道場をのぞいてみてください。

かわいい一年生のみなさん、お待ちしております

2019春の練習風景

※当面の間は、感染予防のため、活動日を減らしたり活動時間を短縮することが考えられますが、全員初心者なので、足並みをそろえて、ゆっくり・しっかり指導をしていきたいと考えています。安心して入部してください。(顧問:江口) 

 

【弓道部】桜が満開になりました。

こんにちは。 弓道部です。

新型コロナウィルスの影響で休校が続いています。3月31日までは部活動も禁止されています。

世界の状況を考えると仕方がないと思いますが、部員のいない弓道場で桜が満開になっているのを見ると寂しさを感じます。 今日は久しぶりの登校日でしたが、2~3クラスずつ時間をずらしての登校だったので、部員にも全員は会うことができませんでした。  

自分の学生時代を振り返ってみても、こんなに長い「するべきことがない時間」はありませんでした。 この時間をどう使うか。 これがうまく使えるかどうか。

弓道に関して言えば、この時間に基礎をしっかり固めてはどうでしょうか。足踏みの基本・胴づくりの基本を確認し、鏡を見て射形を確認する。 自分の身体にしっかり向き合い、こう引くとこう動く、こういう感じがする、という自分だけにわかる感覚を研ぎ澄ましてください。 退屈だけれど、この時期に基礎を固めておくことは、練習再開したときにきっと大きく役立ちます。 

もちろん、勉強もしてください。 でもこの時間に、普段読めない本を読む・普段やらない家事を極める・凝った料理作りに挑戦する、のも良いのでは? 「時間を自分で決めてうまく使う」これができたら、この余りある時間もきっと皆さんを成長させる時間にできるのではないかと思います。

感染が沈静化し、部活動を再開できる日を心待ちにしている顧問です。

 

 

 

 

【弓道部】東部地区錬成大会 結果報告

こんにちは。弓道部です。

1月25日(土)、大宮公園弓道場にて東部地区錬成大会が行われました。同じ日に、久喜高校では第5回学校説明会が行われていました。見学していただけず申し訳ありませんでした。

今回の結果、個人で10位に入賞しました。同じ的中の選手が10人以上いる中で、遠近競射(同じ的に向かって1本引き、最も的心(てきしん:的の中心)に近い選手から上位となります)で的中を出しての10位入賞でした。緊張する場面でよく自分らしい射をしてくれたと思います。

全体的には、もう少し上位に食い込めるかなと考えていたので少々残念な結果でしたが、8チーム出場し6チームが二次予選に進むことができたことから考えると、弓道部全体として技術向上できていると思います。

今回見つけた課題の一つは「大会での行動」でした。選手として、大会運営の一員として、久喜高校弓道部の一員として、大会の進行状況に注意をし、先を読んで行動することの大切さ。こうしたことは、社会に出てからも大切なことだと思います。

もう一つの課題は、それぞれの射の修正です。弓道は今がシーズンオフ。3月の下旬からは大会が目白押しです。初段・弐段の審査もあります。このオフの時期に、自分の射とじっくり向き合い修正しましょう。難しい修正に取り組む部員もいますが、いつも師範がおっしゃっている通り「あきらめなければ必ずできる」と信じてがんばっていきましょう!

久喜高校弓道部は、教士六段の師範のもと「美しい射」「正しい射」をめざしてがんばっています。

受験生のみなさん、これから1か月、苦しい時もあると思いますが体調管理に気をつけてがんばってください。

本校に入学なさったら、ぜひ一緒に弓道をやりましょう!! 応援しています!!

【弓道部】1月25日は東部支部錬成大会です

こんにちは。弓道部です。

1月25日に、今年度最後となる第5回学校説明会が行われます。

が!残念なことに、この日は東部支部錬成大会のため、弓道部は不在にしております。

みなさんに見学していただけず、残念です。(T_T)

 

この時期、日曜日は休みにすることが多いのですが、土曜日(午前)は活動していますので、

説明会以外でも見学のご希望やご質問がありましたら、お気軽に顧問(江口)までご連絡ください。

 

良いご報告ができるよう、がんばってきます(部員にがんばってもらいます)!

【弓道部】全国選抜大会埼玉県予選の結果報告

こんにちは。 弓道部です。

11月2日(土)、大宮公園弓道場において全国選抜大会埼玉県予選が開催され、本校からはA・Bの2チームが出場しました。 両チームともに1次予選を通過しましたが、2次予選を勝ち抜くことはできませんでした。

Aチームは、1次予選では的中が伸びませんでしたが、2次予選では良く集中していました。 Bチームは逆に、1次予選では集中して良く引けていたのですが、2次予選ではそれができず満足のいく結果を出せませんでした。 A・Bチームともに、集中できた立は他校チームのことを全く気にすることなく、自分たちチームの射、のことだけを考えていたと思います。

また、個人として1名が次週の決勝に残りましたが、入賞はできませんでした。

「大会の場で集中する」こと、そして、それを「持続」しないと3次・決勝へは進めないことが、よくわかった大会でした。 A・Bどちらも、一度は「チームとして集中した射をする」ことはできたので、これをどう次の大会に生かすかが課題だと思います。

もう一つ、今大会は応援の矢声が素晴らしかったことも収穫でした。「チーム久喜」、皆でがんばる久喜高校弓道部を、顧問として誇りに思えた矢声でした。

 

次の県大会は、来年度4月の関東大会県予選となります。 これからのシーズンオフには(といっても地区大会はあります)各自が射を修正していきます。 悪いクセを直し、より美しい射を目指して地道な練習が続くことになります。 いつも師範がおっしゃっているように「的中はついてくるもの」。 正しい射をすれば自ずと中る、を信じてがんばりましょう。

 

中学生の皆さん、11月2日の学校説明会では練習を見学していただけず、申し訳ありませんでした。 次回の12月7日(土)は活動しておりますので、どうぞ見学にいらしてください。

お待ちしています

【弓道部】11月2日について

こんにちは。 弓道部です。

 

10月27日(日)、獨協大学の弓道場において、獨協大学主催の高校生弓道大会が開催されました。県内外の約50チームが出場する大会で、企画運営をすべて獨協大学弓道部のみなさんが行ってくださる大会です。

惜しいところで決勝トーナメントに残ることはできませんでしたが、大学の雰囲気や県外チームが参加する大会の雰囲気を感じることができました。

獨協大学弓道部のみなさん、本当にありがとうございました。

 

さて、11月2日(土)には本校で第3回学校説明会が行われます。しかし!! 残念ながら、全国選抜大会の埼玉県予選と重なってしまい、弓道部は不在にしております。

弓道部の見学をしようと思っていた中学生のみなさん、申し訳ありません。

12月7日の(土)の第4回学校説明会の日は学校で活動をしていますので、ぜひ見学にいらしてください。

また、ご質問などがありましたら、お気軽に顧問(江口)までお問い合わせください♫

【弓道部】新人戦 結果報告♫ 団体戦ベスト16

こんにちは。 弓道部です。

 

9月29日(日)、大宮公園弓道場で新人戦(県大会)が行われました。

Aチームが1次を通過し、2次予選もがんばって合計12中。ベスト16に残って決勝トーナメントに進めるのは、同じ12中だった9チームのうち6チームだけ。「競射(きょうしゃ)」を戦う状況となりました。 

団体での競射は、メンバーの3人が1本ずつ引いて、的中数が多い学校が残っていく方法です。 本校チームは、1本目では決められませんでしたが、2本目でベスト16に入ることができました。

昨年度、個人戦では全国大会に出場したり国体選手に選ばれたりと活躍できましたが、団体戦は「あと1本」の壁に阻まれて決勝に残ることができませんでした。 でも今回は踏ん張ることができました! 「あと1本」の壁を乗り越えるには、師範がおっしゃっている通り、「試合でもいつもと同じように引く」心が大切。 そして、緊張した場でその心を思い出させてくれるのが、いつも一緒に練習している部員たちの応援です。 今回は素晴らしい矢声(やごえ)が選手を支えてくれました

 

結局、トーナメント1回戦で、秩父農工高校(2位)に負けてしまい入賞はできませんでした。 でもみんなで勝ち取った団体戦ベスト16。 これを経験できたことは部員全員にとって大きな収穫です。

一度この立場を経験すると「次も」と考える。 それが連続すると「もっと上を」と考える。 「もっと上」を目指すには何が必要か、みんなで考える。  自分の射を見つめるだけでなく、弓道部のために自分ができること考える。 弓道部は弓道をやる人の集団です。 みんながお互いに、一緒に弓道をやる仲間を想い切磋琢磨すれば、もっともっと弓道部全体が向上していくと思います。 部活動としても、部員の人間的成長を考える上でも、大きな意味を持った団体戦ベスト16でした。

今回自分の射に納得できなかった部員も、選手として出場できなかった部員も、1年生も、あと1か月後には全国選抜大会の県予選が行われます。 師範のご指導のもと、また気持ち新たにがんばっていきましょう!

これからも弓道部をよろしくお願いいたします。

【弓道部】久喜高祭・弓道体験へのご参加ありがとうございました

こんにちは。 弓道部です。
 
先日の久喜高祭では、2日間で合計189名もの方が弓道体験を行ってくださいました。
酷暑にもかかわらず多くの方に参加していただいたことに感謝いたします。
ありがとうございました。
一度に3人ずつしか体験できないため、長い時間お待たせしてしまい申し訳ありませんでした。

 

台風15号対策による一般公開時間30分短縮に伴い、弓道体験も時間を短縮したのですが、
最後の最後に、「さっきやったけどもう一回やりたい!!」という元気な小学生がお母様と来てくれました。
時間を少しだけ過ぎていたのですが、あなたで終わりにしますねと言うと、「やったー!」と大喜び。 その喜ぶ様子を見て、部員たちもほっこり。
 
多くの方に「楽しい」と笑顔になっていただけたことは、部員たちの大きな励みになりました。 また、いろいろなつながりがあり、多くの方々に支えられての弓道部であることも感じられたのではないかと思います。
今後とも久喜高校弓道部をよろしくお願いいたします

 

【弓道部】久喜高祭・弓道体験のご案内♫

こんにちは。 弓道部です。
 
先日の記事でお知らせした、文化祭の詳細です!
弓道部は例年「弓道体験」を行っています。
今年の実施時間は以下の予定です。
9月7日(土) 13:00~15:00
9月8日(日) 10:00~14:00
(準備と公開終了時間を考慮し、短めの時間となっていますのでご注意ください)

そして、財政困難のため今年から有料にさせていただきますm(__)m

中学生以下…無料
高校生以上…1回50円
 ※小学生の方でも保護者がいらっしゃれば挑戦できます(弓道部員が補助します)。
 ※なお、危険防止のため未就学児は挑戦できませんので、ご了解ください。
 
挑戦していただくのは、
通常の弓道ではなく、「四半的弓道」という短い弓を素手で座って引くものです。
誰でもできるので、ぜひ挑戦してください!!
的中が多いほど豪華(?)賞品がもらえます!!
このホームページの2018年9月10日の記事を見ていただくと様子がわかると思います。

 

弓道部員一同、お待ちしています
《昨年の様子》

 

 

【弓道部】関東個人選抜埼玉県予選 結果報告

こんにちは。 弓道部です。

 

8月22日(木)、上尾の県立武道館で関東個人選抜大会の埼玉県予選が開催されました。

今回は、熱中症対策のため、冷房の入る第二道場を控室として利用できる県立武道館が大会会場になりました。

この弓道場は観客席が非常に少ないため応援生徒を連れて行くことは禁止されており、登録メンバーのみで大会に臨みました。

結果としては、本校から出場した6人は、3人が1次予選を通過したものの、決勝に進むことはできませんでした。

夏休みの間、代替わりして初めての県大会であるこの大会を目標にしてきた2年生にとって、残念だったと思います。

しかし、これで終わりではありません。 それぞれ自分の射に課題を見つけました。 

ある程度「自分の射」ができあがっている2年生にとって、射の修正は容易ではありません。

より良い射をめざして、またもがいて「修行」すれば、「的中はついてくる」もの。

大切なのは、「きっとできる」という気持ちを持ち続け、前向きに挑戦し続けること。 

いつも師範にご指導いただいていることです。

こうしたことは、弓道に限らず、きっとみんなを強くしてくれます。

次の県大会は9月末の新人大会。 次の目標に向かって、またみんなでもがきましょう!

 

なお、弓道部では、9月7日(土)・8日(日)の文化祭で「弓道体験」を行います

通常の弓よりも短い弓を素手で引く「四半的弓道」を体験していただけます。

近日このホームページに詳細を掲載いたしますので、ぜひお越しください!

 

 

【弓道部】部活動体験&県南東部支部大会結果報告

こんにちは。弓道部です。
 
本校では今日、部活動体験が行われました。
弓道部の体験にも、17名もの中学生が参加してくれました
明日が県大会のため1時間程度しか実施できませんでしたが、
みなさん積極的に取り組んでくれました。
実施した内容は、見学・基本動作・弓太郎(弓の形を模した練習道具)です。
何も持たずに弓を引く型を覚える基本動作(射法八節といいます)や弓太郎は、
ついこの前まで1年生が行っていた練習です。
1年生には、お手本になったり動作を教えたりしてもらったのですが、
人に教えるには自分が理解していなくてはいけません。
1年生にとっても、基本を確認するための良い練習になりました。
 
暑い中参加してくださった皆さん、保護者の方々、ありがとうございました。
 
それから、久喜高校のホームページを見て下さっているみなさん、ホームページが新しくなりました!!
しかし!!  そのために先日入力した記事が消えてしまったので、再度ご報告します。 
県南東部支部大会
8月18日、大宮公園で県南東部支部大会が開催されました。
結果としては、2年生1名が技能優秀賞をいただきましたが、その他の入賞はなりませんでした。
 
今回の大会の目標は
★1年生…初めての大会。全員が出場し大会で四矢を引く経験をする。
★2年生…大会という場で「自分の射」「自分がやろうと決めたこと」をやりきる。
 
1年生は目標達成。中には当たりが出た部員もいました。
「大会ってこういうもの」という経験をしたことは、今後の練習にも大きく影響すると思っています。
 
一方で2年生は、全チーム1次予選は突破したものの、多くの部員にとっては悔しい結果でした。
でも前述のとおり、明日22日は関東個人選抜埼玉県予選です。
悔しいということは「自分で決めたこと」をやりきれなかったということ。
明日こそは、「自分の射」「自分が決めたこと」をやりきれる大会にしましょう。
結果はそれについてくるもの。
いつも師範に教えていただいている射を堂々としっかり、気持ちで負けずにがんばりましょう。
 

1年生の練習風景♪

こんにちは。 弓道部です。

夏休みに入り、1年生の練習も本格化してきました。

飽きるほど基礎練習をくりかえし、少しずつ新たな練習に挑戦してきました。
最初は大きく引くことができなかったゴム弓も、しっかり引けるようになってきました。
夏休み初日からは「まきわら」練習に入り、矢をつがえて放つ練習をしています。
これが安定すれば、来週には的前に挑戦できると思います。

明日は学校説明会です。
正門から出入りするとわかりにくいのですが、
体育館脇の弓道場で練習しています。
弓道に興味がある中学生のみなさん、ぜひお立ち寄りください♪
お待ちしています。

《ゴム弓の練習です》


《まきわらの練習です》

三年生大会♪

 
こんにちは。 弓道部です。

6月23日(日)、越ヶ谷高校と越谷市弓道場で、東部地区の三年生大会が行われました。
公式試合ではないのですが、三年生にとっては最後の大会です。

2年生を1名加えて2チーム出場、女子団体で3位、個人で5位に入賞しました♪

前回の記事でも述べましたが、今年度の三年生は5名。
入部したときから誰も欠けることなくこの日を迎えました。
5名というのは、本校弓道部では少ない人数です。
それぞれ個性豊かなメンバーで、少ないからこそ、団結できる時ありぶつかりあう時ありで波瀾万丈な学年でした。
でも、弓道に真剣に取り組み、下級生を一生懸命育ててくれ、下級生に慕われる三年生でした。 インターハイ予選での下級生の矢声がそれを物語っていたと思います。

部活動では、大きな実績を残すことだけが大切なのではありません。
その活動の中で、いかに人間として成長できるかが最も大切だと考えています。
学年が異なる集団の中で、その時その時に自分ができること・やるべきことを見いだし、全体も自分も成長できるように努力し続けること。 自分を成長させてくれる周囲に感謝すること。
こうしたことは、今後の皆さんの人生の大きな力になると信じています。

さあ、今度は進路の実現に向かって、がんばれ!!
応援しています!!

インターハイ予選 結果報告

こんにちは。弓道部です。

6月15日(土)、大宮公園弓道場においてインターハイの埼玉県予選が行われました。
団体戦の1次・2次予選と、4月の大会で1次予選を通過した個人戦の2次予選です。
3年生にとっては最後の公式戦ですが、雨風ともに強く、コンディションが良いとはいえない状況での大会でした。

結果は、団体戦は1次予選不通過、個人戦では5人中1人が2次の2回目へと進みましたが、来週への3次予選への進出はかなわず、結果としては残念なものでした。 
しかし、顧問としては、結果だけではない嬉しいこともたくさんありました。

他の大会の団体戦は3人立(3人で1チーム)ですが、インターハイは5人立です。
今回の久喜チームは、1年生の時からずっと一緒に活動してきた3年生5人でした。
このところ、チームとしてのまとまりがとても良くなり、一体感や、メンバー相互のリスペクトが感じられるチームになっていました。 山あり谷あり、辛いこともたくさんあった5人でしたが、最後に本当に良いチームに育ってくれました。
また、5人とも、師範からいつもご指導いただいている丁寧な射、丁寧な体配を1射1射最後まで!という気迫のこもった射をしていました。
的中が出た時には、2年生の大きな矢声(やごえ:的中が出た時の「よし!!」というかけ声のことです)が聞こえました。 今回、弓道場周辺の混乱を避けるために1年生は来場禁止になっていたので応援部隊は2年生だけでしたが、今までで一番大きな、元気な、そろった矢声でした。今まで自分たちを指導してくれた3年生との絆と3年生への感謝が感じられる矢声でした。
師範も試合会場で見届けて下さり、「的中にとらわれず、武道としての射を見せてくれて、誇りに思う」と、3年生にとっては何よりのお言葉をいただきました。 

あとは、来週、越ケ谷で行われる三年生大会(練習試合)を残すのみとなりました。
3年生には、部活動の集大成としてのびのびと引いてほしいと思っています。





令和元年度の弓道部

こんにちは。弓道部です。

4月に1年生が入部して約1か月がたとうとしています。
今年は16名もの1年生が入部してくれました。

袴姿・弓を引く姿にあこがれて入部する生徒が多いのですが、
実は、的に向かって弓を引けるようになるには長い時間がかかります。

① 「射法八節」といわれる射の基礎を学び、何も持たずに形を覚える練習
② 弓に似た「弓太郎」や「ゴム弓」という道具で弓を引く感覚を覚える練習
③ 矢をつがえず弓を持って引く練習
④ 的ではなく、近距離の「巻藁(まきわら)」に向かって矢を放つ練習

こうした練習を一つ一つ進めてようやく的前(まとまえ:射場に立ち、的に向かって弓を引くこと)に立つことができるようになります。
本校弓道部では、的前に入ることができるのは、早くて夏休み、場合によっては秋になる頃です。

①の段階はとても重要なのですが、来る日も来る日も同じことの繰り返しで、この段階でイヤになってやめてしまう生徒もいると聞きます。
でも今年の1年生は、ここまで1か月、1人も減ることなくがんばっています!

合計で31名の大所帯になった弓道部。
師範のご指導のもと、弓道はもちろん、弓道を通じて人としても成長できるよう、みんなでがんばっていきましょう!!

関東大会県予選・インターハイ個人予選

こんにちは。 弓道部です。

4月21日(日)、大宮公園弓道場において関東大会の埼玉県予選(女子)が行われました。
今回の目標は、ベスト16に残り決勝に進むことでしたが、残念ながら目標達成はできませんでした。 内容的にも、練習の中で行ってきたことが本番に生かせず、悔しい思いをした選手が多かった試合でした。 
しかし、個人で2次に残った選手が2立目に「スーパー大前」(一番前の、専門部長や審査委員長の先生方の目の前の場所を、生徒たちはこう呼びます。選手にとっては一番緊張する立ち位置らしいです。)で皆中するという成果もありました。 

4月27日(土)には、同じ大宮公園弓道場で、インターハイの個人予選が行われました。
この予選で8射4中(女子の場合)以上すれば、6月に行われるインターハイ県予選(個人戦)の2次に進むことができます。 仮に団体戦のメンバーに入れなくても、個人戦でインターハイ出場に挑戦できるのです。
15名が出場し、うち5名が2次予選に進出する資格を得ました♪

5月11日には遠的の大会、6月にはインターハイ県予選、三年生大会が行われます。
中間考査や体育祭など、学校行事も忙しくなりますが、それぞれやるべきことに全力で取り組んでほしいと思っています。
「結果は日々の努力についてくるもの」。
みんなでがんばりましょう!!


東部支部大会 入賞報告♪

こんにちは。弓道部です。

4月13日(土)に、大宮公園弓道場にて東部支部高等学校弓道大会が行われ、
本校からは5チームが出場しました。

その結果、
団体 …3位(24射15中)、5位(24射13中)
個人 …2位(8射7中)、6位(8射6中)、10位(8射5中)
という成績をあげることができました!

団体の3位以外の入賞は、すべて「競射」で決定しました。
同じ的中の選手がいた場合、団体戦なら1本ずつ引いて的中が多いチームが上位となります。
個人戦は1位決定以外は、同じ的中の選手が1つの的に向かって順に引いていき、最も中心に近い選手から上位となります。
今回、入賞がかかる緊張した場合でも「いつもの射」ができたことは、大きな成果であり、成長を感じました。

一方で、いつもの力を発揮できず悔しい思いをした選手もたくさんいました。
悔しいと感じるのは、それだけ一生懸命な証拠です。

悔しかった選手にも、入賞した選手にも反省や課題はたくさんあるはずです。
それらを次への成長につなげてほしいと思っています。



部活動紹介♪

こんにちは。弓道部です。

4月8日の入学式から早10日以上が経ってしまいました。
4月10日には「部活動紹介」が行われ、弓道部も体育館の後ろで実演しました。
実際の小さな的を使うわけにはいきませんので、遠的用の的を使用しました。

この記事を書いている時点では、もう新入部員も入っているのですが、
こんな感じで今年もやりました、という意味でご紹介させていただきます。

桜の弓道場

こんにちは。弓道部です。

桜の弓道場。
風が強かったので、桜吹雪が舞い、、練習中も道場に花びらがはらはらと。
新年度になり、また気持ち新たにがんばろうと思わせてくれる桜です。

もうすぐ入学式ですね。
最初は基礎練習と体力作りばかりでつまらないかもしれませんが、続ければきっと得るものは多いと思います。
弓道場でお待ちしています

3月の大会結果報告

こんにちは。弓道部です。

しばらくHPの更新をお休みしてしまいました。
この間に、いろいろな大会や講習会がありました。

★3月23日(土)
 県南東部支部高校生弓道大会が大宮公園弓道場で行われました。
 団体戦は、惜しくも3位を競う競射で敗退し、入賞はできませんでした。
 しかし、個人戦で5位に入賞し、1人が技能優秀賞をいただきました

 どちらも1年生。入賞できなかった1年生・2年生もこの冬での成長が見えた大会でした。










★3月26日(火)
 上尾の県立武道館で、東京・群馬・栃木・茨城・千葉などから学校を招いての交流大会が開かれ、2チームが出場しました。 決勝トーナメントまで進むことはできませんでしたが、他県のトップ校の射を見て、学ぶところも多かったようです。

★3月29日(金)
 大宮公園弓道場で、東部支部の講習会が開かれました。
 弓道は、競技でありスポーツの側面もありますが、「体配(たいはい)」という所作・動作の美しさが問われる武道です。 美しい体配は、美しい射にもつながります。
 3月31日に初段の、4月7日に弐段の昇段審査が行われます。
 審査では射の技術だけでなく、体配と学科試験も課されます。
 今回の講習会は、体配を重視した内容でした。
 審査の前の良い確認になりました。

★3月30日(土)
 今年度最後の国体強化練習会が県立武道館で行われました。
 今回の練習会では遠的の練習も行われました。通常の近的は28m先・直径36㎝の的を狙いますが、遠的は60m先の直径1mの的をねらいます。 今回のメンバーは遠的初体験。
楽しかっただけでなく、大きく引いてしっかりねらう、良い練習ができました。

★3月31日(日)
 初段の昇段審査が行われ、9名が初段に合格しました♪
 残念ながら1名はうっかりミスをしてしまいましたが、原因がはっきりとわかっているので、次回必ず合格できます。
 来週は弐段の審査。 がんばってほしいと思います。

平成30年度はここまでです。
新年度も心新たにがんばりましょう!




 

雪の弓道場

こんにちは。 弓道部です。

先週の9日、雪が降りました。
雪が降りしきる弓道場は「凛」とした雰囲気で、背筋が伸びる感じがしました。
寒かったのですが、部員たちはファンヒーターで手を温めながら、練習に励んでいました。

東部地区錬成大会の結果報告

こんにちは。弓道部です。

今年度最後の学校説明会をやっていた1月26日(土)、大宮公園弓道場で東部地区錬成大会が行われました。 練習を見学していただけず、申し訳ありませんでした。

結果は…残念ながら入賞なしで終わりました。
2名がインフルエンザに罹患して欠席せざるをえなくなり、本校の5チーム中2チームは2名で団体戦を戦いました(本来1チームは3人です)。
欠席した部員も悔しかったことでしょう。

しかし、入賞はなかったものの、1年生の成長が随所に見られて嬉しい面もありました。
みんな、最近の練習で心掛けていることを試合でもやろう!という気持ちが見えました。 
また、あいさつや試合での行動のしかたに対する意識はずいぶん向上したと思います。
今の時期は射の修正の時期。 
結果も大切かもしれませんが、こうした途上の経過を大切にしたいと考えています。

今回の試合後にも、各自に反省・感想・課題を記してもらいました。
しっかりと自己分析をして、3月末から始まる試合シーズンに向けて、コツコツと自分に厳しく練習に取り組んでほしいと思っています。

明日(1月26日)は東部地区錬成大会です

こんにちは。弓道部です。

11月の全国選抜予選で、今年度の県大会はすべて終了しました。
次の県大会は4月の関東大会予選です。
ですから、今は「シーズンオフ」になります。

この「シーズンオフ」ですが、この時期がとても重要です。
大会が続くときには、なかなか射を大きく修正することはしにくいものです。
しかし、一段上の射を目指すには、的中を度外視して修正をすることも必要です。
今は、そうした修正をしている最中です。

練習試合をお願いして、普段の練習でやっていること、取り組んでいることがどれくらい通用するかを知ることも大切です。
11月に栗橋北彩高校、12月に大宮光陵高校、1月に杉戸農業高校に練習試合をお願いしました。 どちらの高校も、寒い中で朝早くからの準備、そして運営もすべてやって下さいました。 そうしたことに感謝をしながら、自分の射と向き合うだけでなく、自分たちのとるべき行動についても考えてきました。

大会や練習試合の後には、必ずそれぞれが「反省とこれからの課題」を文章にして提出するようにしています。 それを読むと、練習試合を重ねるごとに、自分の射を分析する力・自分の行動を考える力がついてきているのがわかります。
もちろん、師範や顧問も読みますが、こうした反省や課題は自分のためのもの。
反省や課題を見つけた後の部員たちが、いろいろな面で少しずつ成長しているのが、顧問としては嬉しいところです。

さて、そうした中で明日は東部地区の大会が大宮公園弓道場で開かれます。
今まで克服しようとしてきた課題を試合の場で実現できるよう、がんばってほしいと思っています。

そして、明日は今年度最後の学校説明会。
本校への入学を希望する皆さんに練習を見学していただけないのは残念ですが、
もし何かご不明な点がありましたら、お気軽に学校までご連絡ください。
皆さんのご入学・そして弓道部への入部をお待ちしております♪

(弓道部顧問 江口)

創立百周年記念射会

こんにちは。弓道部です。

8月に、久喜市弓道連盟様より校章入りの美しい安土幕を寄贈していただき、このホームページでも紹介させていただきました。
昨日11月18日(日)、その御礼も兼ねて、久喜市弓道連盟様をお招きして創立百周年記念射会を本校弓道場で催しました。
天候が危ぶまれましたが、時折日も差す陽気となりました。

安土幕は、文化祭でお披露目をし、そして昨日が「使い初め」でした。
射会の無事終了を願っての儀式「矢渡し」に始まり、連盟の方々からのお祝いの「祝射」、その後、弓道連盟4チームと本校弓道部3チーム(5人で1チーム)による競技を行いました。
そして最後は、本校の師範による本多流の「居射礼(いじゃれい)」によって射会を終えました。
本校弓道部の結果としては、個人1人が6位に入賞しただけの少々残念なものでしたが、この1日で部員たちは多くのことを学びました。

実は、この日の目標は①元気なあいさつ・返事をすること ②一生懸命やること ③学ぶこと、の3つでした。
片付けも終わり、最後に「学んだことはありました?」と問いかけたところ、みんなが「ハイッ!!」と元気な声で答えてくれました。
連盟の方々の丁寧な射を見て、自分たちが目指す射が見えたのだと思います。
的中だけを求める射ではなく、美しく正しく弓を引き、その結果として的中を出せる射を目指していくことの大切さ。いつも師範の先生に言われていることを部員たちは肌で感じたようです。
とても貴重な刺激を受けた1日でした。

本校での射会主催は初めて、連盟の方々と一緒に引くのも初めてで、いろいろと運営上では不備もありましたが、参加なさったみなさまに助けていただいて無事に終了しました。
お忙しい中参加していただき、本当にありがとうございました。

安土幕は、これからも練習試合や射会などで、大切に使わせていただきます!!

    
                       


全国選抜大会埼玉県予選 結果報告

こんにちは。弓道部です。

全国選抜大会の埼玉県予選が、11月11日(日)と14日(水)に上尾の県立武道館で行われました。 11日は女子の1次・2次予選、14日は3次・決勝でした。

残念ながら、本校はA・Bチームともに1次予選で敗退しました。
個人が1人、決勝に残りましたが、入賞はできませんでした。

結果は残念なものでしたが、収穫もありました。
大会の後に、それぞれが反省と課題をまとめるのですが、自分の射がどうであったかをきちんと振り返り、今後の課題が具体的に述べられていました。
以前は、大会で射場に入ると緊張で頭が真っ白になってしまったり、雰囲気に流されて自分の射を見失うことが多かったのですが、今回は冷静に自分を見つめながら引けたのだと思います。 これは最近の練習の成果といえます。

今の2年生にとっては、今年度の県大会はこれが最終。
引退までに残る県大会は、3年の4月の関東大会予選・6月のインターハイ予選です。
地区大会や練習試合はありますが、射を見直すいい期間です。
これからまた射を修正し、3年に花開くよう、心と身体を鍛えていきましょう!!

なお、今週末の18日には、安土幕をいただいた久喜弓連さんとの「創立百周年記念射会」を催します。 
普段は目にすることがない、一般(成人)の方の射を見て学ぶことも多いと思います。
大会運営の経験も積みながら、貪欲にいろいろなことを吸収しましょう!!

練習試合

こんにちは。弓道部です。

11月3日(土)に、大宮公園弓道場において、浦和一女、桶川、熊谷女子、久喜北陽(女子のみ)、久喜の5校による練習試合を行いました。
今回は本校の主催で運営をしました。、現在のメンバーになって初めての経験です。

練習試合の運営で大切なことは、他校の選手に気持ち良く引いてもらうために心を配らなけらばならないこと。準備、記録、召集、片付け。 自分のことだけでなく、常に周りのことを考えて動かなければなりません。
でも一方で、弓を持って射場に入ったら、弓を引くことに集中しなければなりません。
「切替え」です。

今回は、学校数・チーム数も多く、リーグ戦やトーナメント形式の対戦も行ったので、運営は大変だったと思います。 でも、みんなしっかり自分のやるべきことを把握して一生懸命動いてくれました。 いい練習試合でした。 充実した1日でしたね。
前回の新人戦での課題であった「切替え」もよく意識できていました。
こうした経験が、大会だけでなく、人生において生きる力になっていくのです。

今週末には、創立百周年式典、その翌日には全国選抜大会の県予選が行われます。
伝統ある久喜高校の一員であることに誇りを持って、しっかり「切替え」をしながら、その時その時にやるべきことにしっかり集中しましょう!

練習試合に参加・協力して下さった各校の先生方、部員の皆さんに感謝いたします。
ありがとうございました!!

新人戦 結果報告

こんにちは。弓道部です。

10月6日(土)に、上尾の県立武道館において高校弓道新人戦が行われました。

本校は、A・Bの2チームが出場し、Aチームは1次予選は通過したものの決勝トーナメントには残れず、Bチームは個人として1名が2次に残りましたが、入賞はできませんでした。

この大会で見つけた課題はたくさんあったと思います。
一番は、とても難しいことですが「試合での集中力と緊張感のコントロール」でしょうか。

緊張し過ぎると力んでしまう。
リラックスし過ぎると体の芯が崩れてしまう。
緊張し続けては身体が硬くなり小さい射、弱い離れになってしまう。
リラックスしたままだと1射1射に神経が行き届かず雑な射になってしまう。

メリハリをつけるために、射場に入るまでの時間をどう過ごすべきか。
どう気持ちと身体を作っていくか。
どの競技にも共通する難しい課題です。

でも、「気を引き締めるべき時」を常に意識して行動することは、普段の練習でもできることです。
ONとOFFの切替。
練習中はずっとON(弓道はONでないと危険な競技です)。
そしてONにはレベルがあって、立ちに入るときはそのレベルを引き上げて臨む。
時には、自分で最高レベルを想定しての練習をしてみる。

しっかりした技術は、師範の先生に教えていただけます。
でも先生がいつも指導してくださるのは、技術だけではないはずです。
最終的に試合で射場に立って引くのは自分。
その自分の心を鍛えてくれるのは、他人ではありません。
自分の心を鍛えることができるのは、自分だけだと思います。

「心・技・体」。これからもがんばっていきましょう!!

弓道体験へのご参加ありがとうございました♫

こんにちは。弓道部です。

9月8日・9日と、久喜高祭が行われ、弓道部は「弓道体験」を行いました!!
なんと、2日間で259名もの方が体験してくださいました。

「すっごく楽しかったよ(^O^)~」と言ってくださるお客様もたくさんいらして、
部員たちもニコニコ笑顔に。 これからの活動の大きな励みになりました。
暑い中、体験に参加して下さったみなさま、ありがとうございました。

今年は、久喜市弓道連盟様から寄贈していただいた安土幕
(あづちまく)をみなさまにも見ていただきたかったので、このような方法にしました。
道場から約8m(通常の競技は28mです)の所に的を置きました。
「四半的弓道」なので、通常より短い弓で正座をして引きます。ただいま挑戦中!!
道場の雰囲気も感じていただけたのではと思います。


たくさんの方にお越しいただいたので、お待たせしてしまい申し訳ありませんでした。


弓道部では、来年も弓道体験を行う予定です。
今年挑戦しそびれたみなさま、リベンジしたい!!というみなさま、また来年お待ちしています♫

これからも弓道部をよろしくお願いいたします。

弓道体験を行います♪

こんにちは。弓道部です。

いよいよ文化祭です。
弓道部は例年「弓道体験」を行っています。
実施時間は以下の予定です。
8日(土) 13:00~15:00
9日(日) 10:00~14:00
(準備と公開終了時間を考慮し、短めの時間になっていますのでご注意ください。)

挑戦していただくのは、
通常の弓道ではなく「四半的弓道」という、短い弓を素手で引く弓道です。
誰でもできるので、ぜひ挑戦してください!!
(保護者がいらっしゃれば小学生でもOKです。弓道部員が補助いたします。)

今年は、先日いただいた新しい安土幕のお披露目も兼ねていますので、
ぜひ的の向こうの安土にも目を向けてみてください♪

お待ちしています!!

安土幕を寄贈していただきました♪

こんにちは。弓道部です。

本校は今年、創立百周年を迎えます。
その記念に、久喜市弓道連盟様から新しい安土幕を寄贈していただきました!!

くっきりと校章が入った美しい幕です。

使うのがもったいないくらいです。
本当にありがとうございます。

改めて、学校関係だけでなく多くの方々に支えられている弓道部であることを感じました。
深く感謝し、大切に、大切に、使わせていただきます。

8・9日は本校の文化祭です。
弓道部は「弓道体験」を行いますが、そのときにお披露目をさせていただきます。
みなさま、ぜひ足を運んで美しい安土幕を見てください。
お待ちしています!!

国体関東ブロック大会 結果報告

こんにちは。弓道部です。

8月26日(日)、水戸市堀原運動公園にある茨城県武道館において、国体の関東ブロック予選大会(通称:関ブロ)が行われました。

関東の8都県がそれぞれ、高校生の「少年男子」「少年女子」チームと、一般の「成年男子」「成年女子」チームを編制し、少年チームは上位3位まで、成年チームは上位4位までが10月に福井で行われる国体に出場することができます。

本校の生徒は、埼玉県の「少年女子」チームの一員として、この大会に出場しました。
近的と遠的の両方の順位を得点化して競うのですが、埼玉少年女子チームは近的が4位、遠的が5位で、総合4位。
本当に惜しいところで出場権を得ることはできませんでした。

しかし、この深谷第一高校・久喜高校・坂戸西高校のメンバーは、埼玉県代表に選ばれてからというもの、何回も合同練習や遠征を重ねてチームワークをすこしずつ育んできました。
同じ学校のメンバーでない難しさも関係しているのか、『埼玉』の名を背負う重みがヒシヒシと伝わり、時に痛々しささえ感じられるほどでしたが、コツコツと練習を重ね立派に戦ってくれたと思います。



他の3年生が引退する中で、ひたすら自分の射をかためようと求道者(シャレではありません)のように毎日練習していた本校の選手も、今回の大会で皆中を出したり、10点を出したりするなど、その成果を発揮することができました。

本大会への出場は叶いませんでしたが、練習に対する厳しい姿勢や美しい射を見せ続けてくれたことは、1・2年生にとって大きな大きな財産となって残っていくと思います。
本当におつかれさま、そしてありがとう。

これで、インターハイも国体関ブロも終わり、3年生はすべて引退となりました。
次なる進路実現に全力を注いでください。応援しています!!

そして、1・2年生。
次は君たちです。これからもがんばっていきましょう!!

関東個人選抜大会埼玉県予選 結果報告

こんにちは。 弓道部です。

8月22日(水)、上尾の埼玉県立武道館において関東個人選抜大会の埼玉県予選が行われました。
各校から出場できるのは、基本的には6名の選手だけです。
本校からは6名の選手と、国体少年チームとして1名、計7名が出場しました。

1次予選の通過ラインは4射2中以上。
2次予選でさらに4射して、1次予選と合計して8射5中以上で決勝に進出します。

本校からは2名の生徒が決勝に進出しました。

決勝の競技方法は、インターハイの決勝と同じ「射詰め」という、1本ずつ引いて当たった選手だけが残っていくサバイバル方式です。
残念ながら本校の2名は、1名は1本目で外れ、もう1名も2本目で外れ、入賞はできませんでした。

しかし、1・2年生の選手にとっては初めての県大会出場、しかもいつも大会を行う大宮公園弓道場が改修中のため、初めての武道館での大会でした。地区大会、大宮公園での大会とは雰囲気もかなり違いました。
その中で選手として出場する立場になって初めて見えてきた課題も多かったことでしょう。

『正射必中』
師範のご指導を受け、正しい射を求めてこれからもがんばっていきましょう。

体験入学へのご参加ありがとうございました。

こんにちは。 弓道部です。

8月21日(火)、13名の中学生が弓道部の体験入部に参加してくれました。
7月の進学フェアで本校ブースに来て下さった方や、本校生徒のインターハイでの活躍をインターネットや新聞で見ました~と言って下さる方もいて、とても嬉しかったです。

体験の方は、①「射法八節」という射の基本の形を何も持たずにやってみる ②「弓太郎」という弓の形をしたゴムぱっちんのような練習器具でその形をやってみる、という本当に基本練習だけでした。
木陰とはいえ暑い日だったので、ちょっと体調が悪そうな方もいましたが、みんな熱心に取り組んでくれました。 また、これらはつい最近まで1年生がやっていた練習です。1年生にとっては人に教えることで基本の再確認ができ、良い勉強になりました。

本当は、的に近い所からちょっと引いてみるということもやりたかったのですが、翌日が県大会だったので、練習を優先させていただきました。申し訳ありません。

今回の体験入学をきっかけに、久喜高校に、そして久喜高校弓道部に興味を持っていただけたら嬉しいです。
今後も学校説明会などの際に、ぜひ見学にいらしてください。
お待ちしています♪

県南東部支部大会 女子団体優勝♪

こんにちは。 弓道部です。

8月18日(土)、大宮公園弓道場において、県南・東部支部大会が行われました。
2年生が主力になった初めての大会です。
その結果、Aチームが24射14中で優勝しました!!

14中は久喜Aチームと草加東Aチームの2チームでした。
こういう場合は「1本競射」を行います。
1チームは3人編制、その3人が1本ずつ引いて的中が多いチームが勝ちとなります。
的中が同じならさらに1本ずつ引いて、勝負がつくまで続けます。

今回、1本目は同じ的中、2本目で勝負が決まり、優勝しました♪
1名は技能優秀賞もいただきました。

代替わりして最初の大会は緊張するもの。
それに加えて、初めて大会に出場した1年生への気配りや、大会運営上の役割分担など、今まで上級生に任せていた仕事もしなければならない中で、本当によくがんばりました。
仕事は仕事、でも一旦射場に立ったら自分の射に集中するという切り替えが、きちんとできていたと思います。

また、今回1年生全員が出場できて、これまでの成果が感じられ嬉しく思いました。
大会というものに出場して初めてわかったことも多かったことでしょう。
技術面でも行動面でも、自分の課題が見えてきたと思います。
弓道は自分との戦いですから、受身では上達しません。
自分から動きましょう。これからです。期待しています。

22日(水)には関東個人選抜大会の埼玉県予選が控えています。
今回の結果で満足することなく、部員全員がそれぞれ自分と向き合って精進していきましょう!

中学生の皆さんへ♪
21日(火)の体験入学では、大会前日のため、基本しか体験していただけないと思いますが、ぜひ弓道部の雰囲気を味わいに来て下さい。
お待ちしています。

インターハイ 結果報告♪

こんにちは。弓道部です。

8月2日(木)インターハイの詳細報告です!
弓道の競技方法を簡単にご説明しながら報告します♪
少々長くなりますが、お許し下さい。

インターハイの個人戦は全国の都道府県代表の男女各96名の選手により次のような方法で競われます。

【予選】
4本(四ッ矢といいます)を引いて3中以上で通過して準決勝へ。
本校の選手は速報にあった通り、4射皆かいちゅう:すべて的中した時の言い方です)して見事に準決勝へ。

わかるでしょうか?4本すべて当たっています。

【準決勝】
女子の部で準決勝に進出した選手は53名でした。
予選と同じように4本(四ッ矢といいます)を引いて3中以上で通過して決勝へ。
本校の選手は4射3中で決勝に進出しました。
準決勝からは「座射」といって座った状態から射の動作を始めます。


【決勝】
さすが全国大会です。決勝進出者は31名でした。
ちなみに、埼玉県からは男女各2名の4選手が出場したのですが、なんと4名とも決勝に残りました。これは快挙です!!

ここからは「射詰め(いづめ)」といって、1本ずつ引いて的中した選手だけが残っていくサバイバルゲームのような過酷な競技方法です。
本校の選手は見事に1本目、的中
この時点で残った選手は18名、約半分に減ってしまいました。

本校の選手は残念なことに2本目ではずしてしまい入賞はなりませんでしたが、決勝に残るだけでも大変なことです。まして1本に集中しなければならない「射詰め」のプレッシャーは想像を絶します。その中で、全国ベスト18に残ったわけです。この大舞台で本当に立派でした。
「いつも通りの射」で決勝まで残り、そして「射詰め」でも的中を出すことができました。弓道は自分との戦いです。素晴らしい射、素晴らしい精神力・集中力だったと思います。

実は私自身、監督として決勝まで残ることができたのは初めての経験でした。
「全国大会でもいつも通り。やることは一緒だよ。」と言いながら、平常心でいられなかったのは私かもしれません。まだまだ未熟だなぁと思いながら、このような貴重な経験をさせてくれた選手に感謝しました。

そして、介添えとして選手を支えてくれた3年生、遠い会場まで応援に来て下さった校長先生や師範の先生、ご家族の皆様、学校にいながらインターネットで結果を気にして応援してくださった先生方や弓道部員、久喜高生、多くの皆さんに支えられていることを改めて感じました。深く感謝いたします。ありがとうございました。

これで一つ大きな大会が終わりましたが、弓道部の活動はまだまだ続きます。
この大会を「久喜高校弓道部の経験」として、これからも部員一同がんばっていきたいと思いますので、今後ともよろしくお願いいたします!!

インターハイにやってきました♪

こんにちは。弓道部です。

昨日7月31日に静岡県袋井市にやってきました。



8月2日から開催されるインターハイ、会場は小笠山総合運動公園エコパアリーナという立派な施設です。全国大会などの大きな大会は、このような大きな体育館の中に特設の弓道場を作って行いますので、通常の県大会とは全く雰囲気が違います。


昨日は会場の把握をした後、近くの掛川東高校の弓道場をお借りして練習しました。
そして、今日は本番と同じ試合会場で1回だけできる公式練習の後、同じ施設内に仮設されている練習場で練習しましたが、それがなんと、この広さ!!

24的です。外にはこのような仮設練習場も。


これだけの大会を運営するのに、どれくらいの人が関わって苦労して下さっているのかと思うと、本当に感謝しかありません。
このような人々の想いの中で、しっかり引いて練習することができました。



やるべきことはやりました。
あとは、明日、心から楽しむつもりでのびのびと、「いつもの射」をしてほしいと思っています。


※このエコパアリーナ体育館、ドラマ「花のち晴れ」最終回の、主人公の対決場面のロケ地だったそうです…。そういえば見覚えが…。

国体選手に選抜されました♪

こんにちは。弓道部です。

6月23日(土)、上尾の県立武道館において国体選手選考のための錬成会が行われました。
上位12名程度が翌24日(日)の選考会に残り、少年チーム男女各3名の座を争います。
本校からは、出場資格を有する3年生3名が錬成会に参加し、そのうち2名が選考会に進みました。

近的12射・遠的12射を引き、今までの合計88射での的中数で競いました。
その結果、本校からの2名は2位6位となり、このうち2位の生徒が埼玉県の国体少年女子チームの一員に選ばれました!!
同じく選ばれた深谷第一高校と坂戸西高校の生徒との合同チームです。

この3人のチームで8月下旬に水戸で行われる関東ブロック予選に出場し、上位3位までに入ると10月に行われる『福井しあわせ元気国体』への出場が決定します。

選抜された選手は、24日、近的12射10中、遠的12射11中という素晴らしい成績でした!
先日インターハイ出場を決めた選手とは別人ですが、他の選手の成績を気にすることなくのびのびと引いてくれたことは同じでした。
やはり、弓道は他人ではなく自分と戦う競技であると改めて感じました。
そして、こうした心を磨いて鍛えてくださった師範の先生に心から感謝しました。

インターハイ出場決定のときにも述べましたが、こうした成績は、師範のご指導を素直に吸収し、部員全員で切磋琢磨してきた結果です。
後輩の1・2年生もこれを自信にしてこれからがんばっていきましょう。

選抜された選手は、埼玉県代表チームとして福井国体本戦をめざしがんばってほしいと思っています。(写真は記名前の委嘱状です)



 

三年生大会 結果報告

こんにちは。弓道部です。

6月17日、越ヶ谷高校と、高校に隣接する久伊豆神社の弓道場にて、東部地区全体の三年生大会が行われました。公式戦ではありませんが、3年間の弓道生活の集大成となる大会です。本校からも3年生17名・6チームが出場しました。

そして、前日に引き続き素晴らしい成績を残してくれました。
女子団体   2位(Dチーム)24射14中
         6位(Eチーム)24射13中
         7位(Aチーム)24射12中
女子個人   2位 8射7中
         5位 8射6中(遠近競射による)
         6位 8射6中(遠近競射による)

3年生17名、入部から誰一人欠けることなくここまでやりとげてくれました。
顧問が替わり、部活動の運営方法が変わる中で苦労したこともあったことでしょう。
それでも誰もやめずに最後までやりきってくれました。
このようなメンバーだからこそ、前日のインターハイ出場という栄誉を獲得できたのだと心から思います。

まだ国体関係・インターハイ関係で3名はもうしばらく続けますが、他の14名はこれで引退となります。 ここで気持ちを切り替え、今までのがんばりを進路決定への力に変えてほしいと思っています。
3年生の皆さん、ありがとう。 そして、がんばって!!

県予選で優勝・インターハイ出場決定♪

こんにちは。弓道部です。

6月16日(土)、大宮公園弓道場においてインターハイ埼玉県予選の3次予選と決勝が行われました。
本校からは、先週の2次予選を8射7中で通過した1名が出場しました。
3次予選でも決勝でも、すばらしいのびのびした射をすることができ、なんと個人の部で優勝し、8月2日に静岡県袋井市で行われるインターハイに出場することが決定しました!!
しかも24射22中というすばらしい成績で、男子の優勝者を上回っていました。

自分らしい射をすることに集中していたせいか、優勝が決まりインターハイに出場できることを伝えると、本人も驚いていました。
本当に他の選手の成績をまったく見ていなかったそうです。
今まで師範のご指導のもとで磨いてきた心と射が実を結んだと感じた瞬間でした。

そして、優勝したのは一人ですが、この成績は部員全員で勝ち取ったものです。
32人の部員が切磋琢磨する中で身につけた射です。
この成績は後輩たちにも自信になることでしょう。

インターハイに出場する選手は3年生。
進路のこともあると思いますが、埼玉県代表として、最後まで完全燃焼してほしいと思っています。


インターハイ埼玉県予選(団体1次・2次と個人2次)の結果報告

こんにちは。弓道部です。

6月10日(日)大宮公園弓道場において、インターハイの埼玉県予選が行われました。
昨日は、団体戦の1次・2次と、個人戦の2次予選でした。 
団体戦は、2次の上位10チーム、個人戦は8射5中以上で来週の3次予選・決勝へ進むことができます。


~~【団体戦】~~
他のほとんどの大会は3人で1チームですが、このインターハイだけは5人で1チームです。
本校のチームは1次予選を突破、2次予選と合わせて22中し、ベスト10入りをかけて同じ22中の4校で「競射」を行いました。
「競射」とは、5人が1本ずつ引いて、的中の多いチームが勝ち残っていく競技方法です。
「競射」1回目は4校とも同中。 ドキドキしながらの2回目、残念ながら敗退しました。

惜しくもベスト10に残ることはできませんでしたが、「競射」に残るだけでも大変なことです。
この経験は、出場選手だけのものではなく、久喜高校弓道部の経験として後輩に引き継がれていきます。
弓道部としてそのような経験を重ねていくことが、とても大切だと思うのです。

~~【個人戦】~~
2次予選への出場資格を有していたのは5名。 
そのうち1名が2次予選を突破し、来週の3次予選へと進みます!!
本校の団体戦は終わってしまったけれど、個人戦はまだまだ熱いです!!
来週までしっかり調整してほしいと思っています。


前日は30度を超える暑さ、この日は最高気温20度そこそこで、しかも雨天。
コンディションを整えるのも大変だったと思います。
でも、出場した選手も、応援していた生徒も、みんな「チーム久喜」としてよくがんばってくれました。
まだまだ来週に続きます。
しっかり体調管理をしましょう。



遠的選手権大会 6位入賞♪

こんにちは。弓道部です。

5月12日(土)、上尾の埼玉県立武道館において埼玉県高等学校遠的選手権大会が行われ、本校から6名の選手が出場しました。

「遠的」とは、通常の弓道競技(直径36㎝の的を28mの距離からねらう「近的」)とは異なり、60m離れた所から100㎝の大きさの的をねらう競技です。 的は大きくなりますが、遠く離れる分、矢が飛ぶ放物線を計算して引かなければなりませんし、少しの狂いが矢どころにも大きく影響します。さらに、この大会は、点数制で、中心に近いところから10点・9点・7点・5点・3点、はずれれば0点となっています。

結果は、女子の部で3年生が6位に入賞しました!!
この難しい競技で67点、16射12中という素晴らしい成績でした。
また、あと2点という惜しいところで入賞を逃した選手もいました。

そして、大きな成果がありました。
遠的競技では、大きくまっすぐ引いて弓の力を素直に矢に伝えなければ、矢は遠く飛びません。 入賞した選手もしなかった選手も、本校の選手たちはみんなしっかり引けており、師範の先生のご指導のもと、普段の練習で作り上げようとしている射が正しいものであることが再確認できました。

これで遠的競技はしばらくお休み。中間考査をはさんで今度は近的競技でのインターハイ県予選(団体戦)に向けての練習が始まります。遠的の成果を糧に、またがんばってほしいと思っています。


インターハイ埼玉県1次予選(個人戦)の報告

こんにちは。弓道部です。

4月28日(土)に、大宮公園弓道場にてインターハイの埼玉県第1次予選(個人戦)が行われました。
インターハイには団体戦と個人戦があるのですが、第1次予選8射4中以上で、6月に行われる個人戦の第2次予選へと進む資格を得ることができます。
本校弓道部からは22名が参加し、5名が第2次予選に進出しました。
5名というのは、東部地区20校の中では強豪校の草加西、伊奈学園に次ぐ多さです。
よくがんばってくれました。
まだ2次・3次・決勝と道のりは長いですが、まずは第一歩です。

8射4中というのは、通常の練習の中では難しい的中ではありません。しかし、大会の場で平常心を保ち、「いつもの射」をするのはとても難しいことです。 
何校かに練習試合をお願いしているので、そういった「いつもと違う場」で自分の射を見つめ、「いつもの射」がどんな時でもできるよう、練習を重ねてほしいと思っています。

関東大会埼玉県予選 結果報告

こんにちは。弓道部です。

4月21日(土)、大宮公園弓道場で関東大会の埼玉県予選が行われ、本校弓道部からはA・Bの2チームが出場しました。
Aチーム、Bチームどちらも1次予選を通過して2次予選に進出。
そしてAチームは1次予選より的中を伸ばしましたが、ベスト16進出の競射にあと1本届きませんでした。

残念ながら、目標としていたベスト16には届きませんでした。
きっと、選手の皆さんにも、上位進出に近づけた満足より悔しい思いが強く残ったことでしょう。 
この「悔しさ」がさらなる成長へのバネになると信じています。

28日にはインターハイ個人の部の埼玉県予選が控えています。
一人でも多く1次予選を突破してくれるよう願っています。

東部地区大会 結果報告♪

こんにちは。弓道部です。

4月15日(土)、大宮公園弓道場において、平成30年度の最初の試合である東部支部高等学校弓道大会が行われました。

そしてわが弓道部は、女子団体の部でAチームが4位に入賞女子個人の部優勝!!8位に入賞とすばらしい成績をあげることができました!!
それだけでなく、入賞には結びつきませんでしたが、出場した7チームのうち6チーム(3年生は全員)が1次予選を突破できたもの嬉しいことでした。

これも、師範の綾戸先生のご指導のもと、部員たちが地道に練習に取り組んで来た成果だと思います。 特に今年は、4月に顧問が替わり、いろいろと気苦労もあったことでしょう。それでも、そんな不安や苦労を感じさせることのない元気で美しい射で戦うことができました。

4月に顧問になったばかりですが、2年生も3年生もまだまだ伸びる力を持っていると思います。この結果に満足することなく、今週末の21日の関東大会予選、翌週28日のインターハイの個人予選と続く試合でもがんばってほしいと思っています。

部活動紹介♪


こんにちは。弓道部です。

新年度が始まりました。
4月11日(水)部活動紹介が行われ、弓道部も体育館で実演しました。
実際の的ではなく、遠的(60mで行う競技です)用の大きな的を使用しましたが、
「弓を引く」様子はわかってもらえたと思います。

弓道に興味があるみなさん、弓道場で待っています。
3年間弓道に打ち込み充実した高校生活を送りましょう!!