ソフトテニス部の活動の様子

ソフトテニス部

ソフトテニス部 yonex杯参加

3月25~28日くまがやドームにて今年もヨネックス杯に参加してまいりました。

コロナの影響で参加校が激減し、2会場だった予定がドームのみになり、大会形式も取りやめ、練習試合や講習会になりました。練習不足ありありの学校にとって、かえってありがたい措置です。

ドーム16面砂入り人工芝をフルに使わせていただき、たっぷり練習させていただきました。

広い会場に少ない参加校で密にならず、雨風の心配なし。定額使い放題!

お世話になったヨネックス社員、選手、各学校様ありがとうございました。

講習会の様子です

【ソフトテニス部】練習試合&市民大会

岩槻商業高校8面のコートを借り、東西南北中堅校が集まり、練習試合を行いました。

新人戦地区予選がまだ行われていない東部では、大会最後の調整です。

なかなか勝たせてもらえない苦しいゲームが多く、良い勉強になりました。

一つでも多く県大会に進めるといいんですが。本番は、頑張りましょう。

月曜日には、久喜市民大会が行われました。

昨年優勝しているだけにプレッシャーもありますが、年によってレベルの差が大きい大会です。

鷲宮高校の部員の多さに圧倒され、苦戦の連続です。

3年生が1ペア出場していただき、3位入賞。現役も頑張り3位入賞を果たしました。

優勝は、一般クラブの姉妹ペアでした。ジュニア、中学まで無敵だったらしいです。

落ち着いた試合運びで百戦錬磨の貫禄でした。高校生も見習うところがたくさんあり、良い勉強になりました。

ソフトテニス部3年生最後の試合

8月6日熊谷さくら運動公園にて学校総合体育大会夏季大会が、行われました。

大会がすべて無くなった3年生に対して最後のチャンスを与えてあげたいとの思いから

コロナに対する厳重な配慮の元、実施されました。

予選なしの直県大会のため、レベルは2回戦より急激に上がります。

2ペア参戦し結果は、ベスト64とベスト32でした。最終戦はどちらもファイナルセット

までねばりました。高校生活最後の試合との思いから、力が入ってしまいました。しかし、

悔いなく戦え終えたと思います。3年生の皆さん、お疲れ様でした。

これからは、自分の進路実現に向け、精一杯努力してくれるでしょう。期待しています。

新入部員追加

梅雨が続き、天候不順ですが活動再開しています。

今年は、新入部員5名が加わり15名で活動しております。

3年生が出場できる大会が、8月6日に開催予定です。

しばらく大会中止が続き、目標を失っていましたが、モチベーションアップしてきました。

考査前の自主練期間に入りますが、勉強との両立めざして頑張りましょう。

1年生もだいぶ慣れてきました。今のうちに3年生のプレーを見習い、目に焼き付けておきましょう。

ソフトテニス部 始動

あけましておめでとうございます。

令和二年、初打ちをおこないました。

千勝神社に初詣ランニング後、お汁粉をいただき、お昼は保護者会で鍋をじゅんびしていただきました。

全員で一年の抱負を語り、決意を新たにスタートする事が出来ました。

今年も応援よろしくお願い致します。

ソフトテニス インドア大会

26日(木)所沢市民体育館でインドア大会が開催されました。

埼玉県新人戦団体ベスト16の学校のみが参加資格を持つため、どのブロックも強豪揃いです。

久喜高校1回戦の相手は前年度団体日本一に輝いた埼玉平成でした。

0-3で敗退しましたが、デュースやゲームポイント先行など簡単には諦めない良い試合ができました。

目標のベスト8には届かなかったものの、強敵相手に戦えた自信と、それぞれの課題を持ち帰れた大会になりました。

春に大きな花を咲かすためにも、長い冬を元気に頑張りましょう。

【ソフトテニス部】新人戦県大会出場

まず個人戦が11日(月)熊谷さくら運動公園で実施され、3ペア出場しました。

地区2位の小室・石原ペアは、順当にベスト16入りし、来年の地区予選免除の権利を獲得してくれました。

何年ぶりかの枠外です。来年は関東出場が期待できます。

そして団体戦が、14日(木)狭山智光山公園でおこなわれました。

ベスト16決めで大宮高校に2-1で辛くも勝利し、インドア大会出場を決めました。

審判要員2名でてしまうと、ご覧のとおり応援がいません。

大応援団を後ろに控える他校との差は歴然でした。にもかかわらず、元気いっぱい最後まで駆け回り、向かっていってくれました。ベスト8をかけて浦和南高校とは、0-2で敗退しましたが、一番いい試合ができました。

目標のベスト16を達成し、この冬の練習にも一層充実しそうです。さらに高見を目指すには、厳しいパワーアップが要求されます。小粒揃いですが、このタイミングで新入部員も加わりました。

さあ、元気に頑張りましょう。

ソフトテニス新人地区予選 個人準優勝

大宮第二公園にて9月24日新人戦東部地区個人戦がおこなわれました。

4ペアエントリーし、うち3ペアが県大会出場を果たしました。

小室・石原ペアは、接戦をものにし、決勝進出です。

決勝でもファイナルゲームの激戦を演じ、昌平高校をマッチポイントまで追い詰めますが、

惜しくも敗退、準優勝でした。でも100ペアを超えるビッグトーナメントで二番は立派です。

この勢いで次の団体戦でも頑張って欲しいものです。期待しています。

応援有難う御座いました。

8月後半のテニス部活動状況

8月15~17日 菅平合宿行ってきました!

2泊3日で菅平遠征、夏季高校生ソフトテニス研修大会に参加してきました。
猛暑の埼玉をあとに菅平につくと、涼しくて快適な運動環境です。
栃木の強豪校 宇都宮文星女子高校等の高校も参加していました。
大会の方も大健闘し、団体戦優勝、個人戦準優勝することができました。

3日間お疲れ様&おめでとう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

8月20日 ソフトテニス東部支部大会個人戦

白岡市民運動公園テニスコートにてⅠ部、久喜総合運動公園でⅡ部個人戦が行われました。
久喜高校は3ペアがⅠ部出場で、1ペアが予選リーグ1位抜けすることができました。
決勝トーナメントでは、快進撃を続け決勝まで勝ち進みましたが、決勝で昌平高校の昨年度の優勝ペアに負けてしまいました。
例年ベスト4を昌平が独占していましたが、その牙城を少しは崩すことができました。
テニスは、だいぶ近づきました。あとはメンタルで負けなければ、面白いことが起こりそうですよ。

 

カップ戦団体初出場

8月5日くまがやドームとさくら運動公園2会場にてサンワカップに参加してきました。
新チーム、初団体戦ということで、どうなることか心配でしたが、何とかリーグ戦一位通過し
トーナメントも一つ勝ち、星野高校Aチームと対戦することができました。
開会式に先立ち、先日行われたインターハイ団体戦で日本一を獲得した埼玉平成高校に
対して祝賀行事が行われ、埼玉初の快挙をみんなで讃えました。
関東大会県予選にて、8決めで対戦した久喜高校としては喜びもひとしおです。
さて、猛暑が続いていますが、これからの夏休み後半戦、たくさんの大会参加が待って
います。張り切っていきましょう。

インハイ予選結果

3年生最後の公式戦になりました。
雨天延期のため13日に実施された全国高校総体(インターハイ)県予選が、熊谷運動公園にて無事終了しました。
結果
1回戦豊岡高校3-0
2回戦浦和南高校2-1
準々決勝昌平高校1-2
目標のベスト8を実現できました。
しかし、これで3年生引退となってしまいます。
昨年から16本の壁を越えられず、苦しい時期が続きましたが
やっとつかんだ結果です。選手応援組も満足していることでしょう。
保護者の方をはじめ、たくさんのご支援有難う御座いました。

関東大会県予選結果

1回戦シード
2回戦 大宮西
3回戦 浦和一女
4回戦 埼玉平成 0-②敗退 結果団体ベスト16
苦戦の連続でしたが、徐々に本来のテニスが出来るようになり、優勝した埼玉平成高校
とはしっかり向かっていくことが出来ました。残念ながら関東大会には出場できませんで
したが、6月のインターハイ予選の出場資格は確保しました。
3年生最後の団体戦です。悔いのないテニスで臨みましょう。

学総体東部地区予選開幕

4月5日春季東部リーグ団体戦 準優勝
4月17日関東大会東部地区予選 個人戦
第3位 遠藤・松原ペア 他6ペアが県大会出場

順調な滑り出しでシーズン始まりました。
2・3年生全員が県大会出場を果たし、合計7ペアもの通過は快挙です。
半数以上が敗者復活を勝ち抜けという厳しい戦いでしたが、よく頑張りました。
成績はいまいちですが、成長は一番。地区上位層は、ジュニア時代から
活躍していた選手ばかりですが、なでしこの挑戦は、これからも続きます。

今年の関東大会は、埼玉開催です。通過ラインも下がりチャンスの年になります。
応援よろしくお願いします。

yonex杯参戦

恒例の研修大会に5日間参加してきました。
くまがやドームを中心に行田総合運動公園、熊谷さくら運動公園を使い、北は青森、南は静岡の強豪校が集います。大会運営を埼玉教員がヨネックススタッフと共におこない、テニス漬けの充実した研修大会になります。
団体形式3ペアで対戦し、久喜高校はAB2チームで参戦です。
さて、結果は表の通り、予選リーグで快進撃を続け、一位抜け出来ました。
打たれ強くなったのが一番の勝因でしょう。よく我慢しました。
決勝トーナメントでは、惜しくも上位進出出来ませんでしたが、多くの収穫があり、自信となりました。
この勢いで4月当初の県南大会、東部リーグでも旋風を巻き起こしていきましょう。

初打ち

本日より練習再開しました。
千勝神社へ初詣ランニング、初打ち練習、保護者によりお汁粉の差し入れ、昼食をごちそうになり、ひとりひとりが今年の抱負を発表しました。
怪我や故障にならないように良い年になるといいですね。
インターハイに出場したOGも参加していただき、貴重なアドバイスをもらいました。


埼玉県高等学校インドア選手権大会

12月25日所沢市民体育館にてインドア大会に参加しました。
県の新人ベスト16校に参加資格が与えられ、体育館で団体形式に試合がおこなわれます。
結果は、残念ながら初戦本庄第1に0-3で敗戦。ベスト8の壁は、なかなか突破出来ません。
しかし、インドア特有の雰囲気と盛り上がりを体験でき、良い経験を積むことが出来ました。
上位2校は、関東選抜に出場しますが、全国をめざし頑張って欲しいものです。

さらに翌26・27日と茨城下館の県西総合公園にて県西研修大会へ遠征しました。
多賀、下妻一、下妻二、下館一、市立船橋、岩槻商業、水戸桜の牧、水戸女子、
その他水海道、石岡地区のたくさんの学校と対戦させていただき経験を積むことが出来ました。
少ない部員ながら団体2チーム参加させていただき、ほとんど連続で試合に入れました。
三日連続で真っ暗な早朝、夕方送迎に保護者のかたに感謝しております。
28日打ち納め後、塩カル撒いて今年の練習全て終了です。

新人戦県大会

11月12日(月)個人戦 狭山智光山、14日(水)団体戦熊谷さくら運動公園にて県大会が行われました。
個人戦には5チームが出場し、ベスト32に2ペア入ることができました。
団体戦、1回戦早稲田本庄高校に勝利し2回戦熊谷女子高に敗退し、ベスト16という結果でした。
16に入ると県高校インドア大会に出場でき、冬のOFFシーズンが短く感じられます。
県立高校はどこも台所事情が厳しく、部員不足に悩まされています。
二極化している傾向のなか、久喜高校はよく頑張りました。
来年は、8年に一度の埼玉関東大会がやってきます。
地元開催で個人、団体供に出場枠が拡大しチャンスが広がります。狙っていきましょう。




近県大会参加

11月3日栃木県にお邪魔し近県高校ソフトテニス選手権大会に参加してきました。
北関東の強豪校が集まり、大変レベルの高い大会です。
各校4ペアのみエントリーでの個人戦ですが、県大会前の高レベル調整にうってつけです。
茂木、壬生に勝ったものの、白鴎足利、那須拓陽、高崎商業、農大二高には負け、上位進出は出来ませんでした。しかし、自分たちの課題が明確になり、県大会に向けて修正すべきものが理解できました。あとは12日の県大会に向け、しっかり対策を立てていきましょう。

新人戦東部地区予選 個人戦結果

9月26日大宮第2公園にて新人戦開幕しました。
エントリー7ペアのうち5ペアが、県大会出場を決めてくれ、最高第三位入賞することが出来ました。雨の心配のなか、なんとか大会を消化することが出来、ほっとしています。
明日も団体戦頑張りますので、応援よろしくお願い致します。

ソフトテニス東部リーグⅠ部団体戦 準優勝

東部支部大会団体女子Ⅰ部リーグ戦が昌平高校会場で実施されました。
1部から5部まで各5校が対戦し、最下位と優勝校が入れ替わります。
年2回実施される東部リーグといえば、60年ちかくの歴史をもつ伝統行事です。
さて、久喜高校は団体戦の強みを生かし、混戦を抜け、準優勝をすることが出来ました。
個人戦上位独占の昌平高校には、かないませんでしたが大きな進歩です。
甲子園決勝とはレベルが違いますが、県立でここまでやれる証明です。
他地区へのニュース伝わり、注目されるといいですね。
生まれたて、子豚9匹の応援の甲斐ありました。
新人戦まであと1ヶ月、さらに伸ばしていきましょう。

ソフトテニス東部支部大会個人戦

8月21日白岡市民運動公園テニスコートにてⅠ部、久喜総合運動公園でⅡ部個人戦が行われました。
久喜高校は6ペアがⅠ部出場でしたが、3ペアが予選リーグ1位抜けすることができました。
決勝トーナメントでは、全て昌平高校に負け、あと少しで賞状に届きません。
最終結果は、昨年同様ベスト4を昌平が独占し、甲子園決勝のごとく、雑草軍団かなわず、でした。しかも優勝は、1年生ペア。
久喜の選手は、果敢に向かっていくも、なにしろまだミスが多いのが惜しまれます。
無理をしないで冷静につなぎ、チャンス到来となればドカンと打ってくるテニスに貫禄負けですね。
テニスは、だいぶ近づきました。あとはメンタルで負けなければ、面白いことが起こりそうですよ。

菅平合宿行ってきました

8月15~17日2泊3日で菅平遠征、夏季高校生ソフトテニス研修大会に参加してきました。
猛暑の埼玉をあとに菅平につくと、涼しくて快適な運動環境です。
最終日、極めつけの気温9℃、寒くて凍えそうでした。8月なのにトレーナーにウインドブレーカー着込んで、完全防備。暖かい日差しを求める始末でした。
大会の方も健闘し、Aチーム優勝、Bチーム準優勝、個人戦ベスト4独占できました。
クラブ内での下克上も激しく、油断するとすぐ番手が入れ替わる状況で緊張感があります。

朝のホテルと朝練習の様子



個人戦表彰式のようす
初めての経験に、賞品が気になるようで・・・・・こらこら。

ソフトテニス部体験入部ご案内

8月18・19日(土・日)午前8:30~12:00
中学生対象、体験入部を実施します。
学校全体で行う体験入学の日が、公式戦のためソフトテニス部は学校にいません。
そこで、中学生の保護者からの要望で、今回初めて別日程で実施してみたいと思います。
実は、連絡いただければいつでも歓迎なんですが、外に遠征している機会が多く、難しかったようです。
事前申し込み不要です。部活できる準備し、テニスコートへ直接お越しください。
やる気のある中学生大歓迎です。ふるってご参加ください。まってます。
問い合わせがあれば、顧問 増田までお願いします。

サンワカップ

台風接近のなか、くまがやドームにてカップ戦に参加してきました。
外は時折の雨の中、ドームの恩恵でたっぷり試合ができました。
団体A、Bチームで参戦し、Aチームは予選リーグ1位通過、Bチームは3位でした。
決勝トーナメント初戦は、昨年優勝の本庄第一を三番勝負まで追い詰めながら、惜しくも敗退。しかし、関東大会へ出場しているペアを倒し、他とも接戦することが出来、おおきな収穫です。まだ勝てるチームではありませんが、確実に手応えはつかんできています。
大物食いして周囲を驚かせる日が近づいてきています。楽しみですね。

国井杯黒磯遠征

新チームで初のカップ戦出場です。
炎天下の那須黒磯コートに、今年もたくさんの高校が集まりました。
二日間、団体戦形式でのリーグ戦でたくさんの試合経験を積むことができます。

初日のリーグ戦ではAチーム3勝2敗、Bチームは全勝で終わることが出来ました。
二日目Aチーム3、4位リーグ3勝1敗、Bチームは決勝トーナメント2位という結果でした。

最終結果、優勝は高崎商業Aチームでした。
あれ?初日の予選リーグでどこかに負けてます。
ひょっとして強いチームと相性がいいのかも。Bチームがよく頑張り結果を出してます。
これからさらに遠征や試合が続きます。経験を積めば絶対強くなります。
がんばろう。

新チーム初の公式戦

猛暑の中、14日県選手権東部地区予選が行われました。
3年生引退後、新チームになって初の公式戦です。部員全員出場でき、新人戦に向けてのシードポイント獲得のチャンスです。
結果は、1ペア県大会出場。
今年も厳しい船出となりましたが、昨年よりはまだ良い結果を残すことが出来ました。
県出場決定戦で惜敗したペアが3つもあります。考査後まもない試合で準備不足はありあり。ここから大きく成長していくパターンが久喜高校です。
この夏も、2度の県外遠征合宿に数多くの練習試合やカップ戦にエントリーします。
レベルの高い環境で、ここでは貴重な体験が可能です。
中学では勝てなかったけど、高校ではとことんやってみたいという中学生、まってます。

3年生引退式&BBQ

3年生引退式の前に全員でバーベキュー大会を行いました。
今年は、豪華なお肉に舌鼓。顔より大きい分厚さに驚きました。
筋肉つけてパワーヒットしていきましょう。

インターハイ県予選

6月9日土曜個人戦さくら運動公園、13日水曜団体戦狭山智光山運動公園にて
全国高校総体(インターハイ)県予選がおこなわれました。
個人戦は3ペア出場し最高3回戦。団体はベスト16という結果でした。
4年前に関東や全国大会に出場したのを最後に、ここ数年なかなか県外大会にでられません。新人戦ではあわや地区敗退のピンチからここまで成長してきたチームです。
真剣でまじめに練習に取り組み、どこよりも成長著しい久喜高校は多くの学校に驚異をあたえてきました。皮肉にも本日対戦した松山女子高校もかつての伝統校です。
3番勝負の接戦を勝利することができましたが、技術やセンスより練習量で鍛えられてきたいいチームです。どこかとそっくりのテニスです。
3年生はこれで引退となります。ご苦労様でした。1,2年生、テニスで恩返ししましょう。

関東大会県予選

5月3日狭山智光山運動公園にて個人戦、4日さくら運動公園にて団体戦が、
行われました。
予選通過4ペア出場しましたが、初戦敗退2ペア、ベスト64に2ペアという結果で
残念ながら関東出場はできませんでした。
同一校が、ベスト4独占し、関東出場校もほとんど私立高でした。
インターハイ予選に出場資格は確保しましたので次も頑張りましょう。
団体戦最終日は、5月9日(水)さくら運動公園になります。


春季東部地区リーグ戦女子一部

結果は準優勝
優勝 昌平高校、3位春日部東、4位草加、5位春日部女子でした。
新人戦敗者復活でやっとこ県大会のチームが、ここまで戦えるようになりました。
連戦の疲れや熱中症でやられる選手もでて、満身創痍のチームですが、接戦で
もしぶとく練習の成果を発揮できるまで成長しています。
昌平高校とは、まだ埋められない実力差がありますが、他はどこも同じ。
エース不在の久喜が、4ペア総力戦で挑んで得た結果でした。みんな高校入って
本格的に取り組んでいる生徒たちです。よくがんばった。
明日は、高校県南選手権個人戦です。シードとばさないと、シードもらえません。
地区予選に向けて、スタートダッシュしていきましょう。

YONEX杯参加してきました

静岡から秋田まで関東中心に熱心な高校が、熊谷ドームとさくら運動公園を会場に
集まって来ました。今年も35校が32面のテニスコートで5日間テニス漬けの日々を送り、
技を競います。例年雨に降られドームのありがたさを実感しておりましたが、今年は
天候に恵まれ暖かい日が続きました。
結果より経験を積むことを目的に、たくさんの試合をすることが出来ました。
お世話になった学校さま、列挙します。有難う御座いました。
八戸工大一、秋田西、盛岡誠桜、花巻南、酒田東、村上桜ヶ丘、長岡商業
田川、上田染谷丘、多賀、大田原女子、宇都宮中央女子、吾妻中央、高崎女子
日体桜華、松戸六実、西武台千葉、柏中央、相模女子、みなと総合、向上、
甲斐清和、水戸桜の牧、富士河口湖、静岡商業、三島南(埼玉を除く)


昨年、ミラクルで準優勝してしまい、ちゃっかり表紙に掲載されてます。
ちなみに来年は、載りません。

横断幕新調!

先日卒業された先輩たちから部へ記念品をいただきました。
11年間、毎日掲げられた古い横断幕は、ボロボロの状態でしたが、
ピカピカの鮮やかな色に再現されています。
ここで毎日、部員たちを見守ってくれていたと思うと愛着がわきますね。
力戦奮闘
気分一新、新しい横断幕を掲げ、これからもがんばっていきましょう。
卒業生のみなさん、ありがとうございました。

ファミスポ杯参加

2月2日(土)足利市総合運動公園でおこなわれたファミスポ杯に参加してきました。
予選リーグ
桐生女子に3-0勝利
足利女子に3-0勝利 一位通過
決勝トーナメント 伊勢崎清明に1-2で敗退
ファイナルセットまで追い詰めましたが、逃げ切られ逆転負け。
どこも雪の影響で練習不足ありありでしたが、この時期の大会は、経験不足を補うのにうってつけでした。
練習モードから試合モードへのスイッチの切り替えが課題ですが、ミスで動揺し、自滅することのないよう進歩してきました。予選リーグでは、「がまん」を合い言葉に相手が崩れるのを待ち、ひたすら耐え、勝てるようになりました。
花は可憐だけど、河原にも自生するたくましさを発揮し実を結ぶナデシコたち。
発芽の時期まで、あと少しの辛抱です。

技術講習会参加

現役全日本選手、ヨネックスの森田・黒木さんを講師に招き、文教大学の部員さんにお手伝いいただき、1月8日久喜総合運動公園にて技術講習会に参加しました。
一段と厳しい寒さにアップやフットワークを多く取り入れ、実際に動きながら講習に取り組み、充実した一日になったのではないでしょうか。
豪華な指導陣の解説に目を見張る模範演技、参加者全員次元の違いに圧倒され、見よう見まねでショットするもうまくいかない場面も。
マンネリになりがちな冬の練習もたくさんの宿題と課題をいただき、刺激になりました。
荷物にならないおみやげをたくさん頂き、明日から始まる新学期、元気出してスタートしていきましょう。

ソフトテニス部も始動しました

あけましておめでとうございます
千勝神社に初詣ランニングし初打ち、お昼は保護者の皆様がお雑煮をつくってくださり、
おいしく頂きました。1年の抱負を全員が語り、新たな目標に向かって全員が決意を確認する場でもあります。
インターハイ出場したOGの方も加わり、午後には熱心に技術指導を受けている部員もいました。
今年もよろしく応援のほどお願いいたします。

県高校インドア大会参加

12月26日(火)平成29年度埼玉県高等学校インドア大会 兼 第43回関東高校選抜埼玉予選会が
所沢市民体育館で行われました。
この大会は、県新人戦でベスト16校に出場資格が与えられ、全国選抜へつながる大会でもあります。
かつて関東インドアも行われたこともある所沢市民体育館は、コートが4面余裕でとれ、観客席も
広々と素晴らしい施設でした。
さて結果は、1回戦坂戸西高校にあたり0-3であえなく敗退でした。その後対戦校は順調に勝
ち上がり決勝リーグへ駒を進めます。リーグ4校のうち唯一県立校として健闘してくれました。
初めてインドアでの試合を経験するものがほとんどで、本来の力を発揮できずに終わってしまいま
したが、良い経験ができました。来季に向けてこの経験を生かしていきましょう。

インドア練習開始


体育館を使わせていただく期間が限られるため、貴重な時間を有効に使います。
不要になったバレー支柱を切断し塗装し直し手作りのポールです。
年末のインドア大会に向け、少しでも体育館のサーフェスに慣れが必要です。
屋内の練習は、音が響きバウンドが高く、自分がうまくなった錯覚に陥ります。
ここで急に伸びる選手がいます。
やはり気持ちよくテニスするのが上達の近道ですか。



新人戦県大会終了

11月10日金個人戦 狭山智光山運動公園
11月14日火団体戦 熊谷さくら運動公園
地区予選から約一ヶ月経過しどのくらい成長したでしょうか。
待ちに待った県大会です。予選も厳しいものでしたが、初出場の部員ばかりのデビュー戦に近い状態です。
個人戦、堅さで動きがぎこちなかったですが、3チーム全てファイナルで初戦突破。
2試合目は、シードと対戦し実力の差を実感しました。
そして、日を改め団体戦。
初戦三番勝負のすえ、小川高校に競り勝ちベスト16になりました。
これで5年ぶりのインドア大会出場権を獲得し目標達成です。
8決めでは、またも昌平高校と対戦し惜しくも0-2で敗退しました。
夏よりレベルアップした試合が展開できたと思います。
まだ伸びしろ十分のチームです。今後の成長を期待しましょう。





新人戦東部地区予選

9月26(火)29(金)大宮第2公園テニスコートにて新人戦地区予選が行われました。
個人戦は7ペアエントリーし3ペアが予選通過、団体もベスト7に入り辛くも県大会出場です。
枠外どころか県大シードもとれないピンチでしたが、なんとか予選通過し県へ出場することが出来ました。とくに団体1回戦1-1で迎えた3番勝負、ゲームカウント0-3の0-2まで追い詰められ、あと2ポイントで敗退からのミラクル挽回劇でした。
全員初めての県大会ですが、11月の県大会にむけ、さらに成長を期待したいと思います。
応援よろしくお願いいたします。

東部地区リーグ団体3位

8月24日東部地区団体戦1部リーグ戦が昌平高校にて行われました。
22日個人戦があり、昌平高校が上位独占しており、新チームになって初の公式戦です。
結果は、2勝2敗の第3位入賞することが出来ました。
優勝は昌平高校、準優勝春日部東でした。
猛暑復活で各校体力消耗するなかでよく頑張りました。新人戦にむけこの調子で上達していって欲しいと思います。

またも熊谷ドーム

外は雨続きですが、またもドームにて大会参加してきました。
一日中雨降る中、天候の心配なくテニスが出来る贅沢を味わいました。
東京のスポーツショップ主催のナロ杯ですが、今年もたくさんの学校が集まり研修大会です。
リーグ戦なので負けてもたくさん試合が出来、実戦経験を積むことができました。
対戦していただいた学校のリストです。お世話になりました。
埼玉平成高、西武台千葉、清瀬、甲斐清和、千代田女学園、日大鶴ヶ丘

黒磯遠征合宿行ってきました


サンワカップ、国井杯と遠征が続きました。猛暑から一転して涼しい日に恵まれ、熱中症の心配もありませんでした。期間中団体ABチームで参加し練習試合を含めたくさんの学校と対戦することができ、勉強することが出来ました。まだ、実力差を感じる場面もあり基礎基本を学ばなければと実感しました。
サンワカップでの対戦校
新座柳瀬、深谷商業、浦和麗明、南陵、本庄第一、本庄、大妻嵐山、大宮南、鶴ヶ島清風
国井杯での対戦校
黒磯南、平商業、文星女子、宇都宮中央女子、黒磯、多賀、市立船橋、那須拓陽、大田原女子、利府高校


サンワカップ開会式 くまがやドーム


国井杯開会式 くろいそ運動場

3年引退式&BBQ

3年生引退式に続きバーベキューが行われました。
毎年恒例になりましたが、3年生の労をねぎらい、感謝の意味を込めて盛り上がりました。
後輩たちに夢を託し、それぞれの進路実現に向け、培った根性をまた発揮してください。
本当にご苦労さまでした。


インハイ予選終了

6月10日個人戦、12日団体戦全国高校総体県予選が行われました。
3年生最後の公式戦でしたが、残念ながら今年も全国出場はかないませんでした。
5月の関東予選を勝ち抜いたペアや学校が出場できるこの大会は、高校生が目標にするインターハイにつながります。冬型の気圧配置のような戦力分布に、私立が上位独占する結果でした。
団体では3番勝負ファイナルまで健闘しましたが、惜しくも敗退でした。3年生たちの無念を後輩たちに託し、また新たな挑戦をしていきましょう。

県南大会

昨日に引き続き今日は、大宮第2公園と天沼テニスコートにて個人戦を戦いました。
ベスト16に4ペア勝ち残るも最高8本という結果でした。
250ペアを超えるマンモストーナメント。入賞には持久力も集中力も要求されます。
冬の走り込みの成果は出せたんでしょうか?
大きなシードが次々破れ、混戦を抜け出し優勝したのは上尾高校でした。
後衛が剛速球で押し込み、前衛がたたきつけるオーソドックスなテニスに、どこも歯が立ちません。
武器はひとつ、しかし、強気で打ち込む強打を徹底してこられると、どこもかないませんでした。
ぶれずにやり通す、すばらしいテニスに執念を感じます。
みんな刺激をもらったかな?

東部地区1部リーグ 準優勝

どこより早く公式戦開幕です。
3年生にとって地区大会最期の団体戦になります。
会場は、昌平高校砂入り人工芝3面を使っておこなわれました。
東部地区トップ5校による1部リーグ、昌平、不動岡、久喜、春日部東、越谷北によるリーグ戦です。最下位は、自動的に2部に落ちる過酷な大会です。
結果は、準優勝。
優勝した昌平高校にはまたも1-2の接戦でしたが、惜敗。
大将同士のファイナルマッチが、勝敗を分ける結果になりましたが、あともう少しの手応えを感じることが出来たんでは無いでしょうか。2年前のベスト8から着実に成績を伸ばし、ベスト4、3位、2位とステップアップしてきました。5月の県大会に向け、さらに結果を出していきましょう。

yonex杯準優勝

5日間にわたる遠征終了しました。
静岡以北東北まで38校が集まり、高校女子ヨネックス杯が25~29日までおこなわれました。
最初の2日間4ブロックに分かれた予選リーグ初戦を落とすも残り7戦全勝し一位通過。
3日目最上位リーグで強豪校に苦戦し、多くを学ぶことが出来ました。
そして4日目の決勝トーナメント戦では、うまく気持ちを切り替え、強敵を次々撃破し、気がつくと決勝進出です。
優勝の花巻南高(岩手)とは明らかに実力の差を感じましたが、最期まであきらめず粘っこいテニスを見せてくれました。
シーズン幕開けに最高のスタートを切れたんじゃないでしょうか。

初日の開会式の模様  ものすごい人数です

表彰式  カップ、メダル、商品、賞状を頂きました

来年のプログラム表紙に載る予定です

ソフトテニス部始動

明けましておめでとうございます。
今年も応援よろしくお願いいたします。
恒例の千勝神社初詣、初打ち、保護者によるお雑煮食事会、無事始動いたしました。
OGも参加し賑やかに元気に一年のスタートを切ることが出来、大変うれしく思います。
忙しい一年がまた始まりますが、がんばります。

新人地区予選個人優勝

9月30日大宮第二公園で行われた新人戦東部地区予選個人戦においてベスト4に3ペアが
勝ち残り優勝することができました。
東部地区から24ペアが、県大会に出場できる予選です。
久喜高校は、8ペア全員エントリーし、5ペアが予選突破しました。2年生全員、予選通過です。
優勝 吉川、平井ペア
第3位 大澤、馬場ペア 小野寺、島﨑ペア
高澤・井口ペア以来3年ぶりの優勝に歓喜しました。決勝の相手第2シード不動岡に、ファイナルセットでもつれる接戦をものにしました。
第1シードを破った大澤馬場ペア、第3シード優勝候補のスーパー1年生を倒した小野寺、島﨑ペアの援護射撃も見事でした。
明るく元気だけが武器ですが、毎日こつこつ休まず練習してきた成果が発揮できました。
たくさんの保護者の皆様の応援も加わり、本当に支えられた大会でした。感謝しております。
H28新人

インターハイ予選終了

6月11日(土)個人戦狭山智光山公園
吉川・福島2ー④川越総合
小野寺・池澤④-1市立川越
小野寺・池澤④-3秩農工科
小野寺・池澤1-④上尾
6月12日(日)団体戦熊谷さくら運動公園
久喜③-0武蔵越生
久喜0-②岩槻商業
県大会ベスト16

関東大会東部地区予選終了

久喜総合運動公園にて22・23日の二日間にわたる大会終了しました。
結果は、4ペアが県大会出場の切符を手に入れることが出来ました。
参加129ペアのうち、県出場枠はは28ペアです。ベスト8が最高成績でしたが、県大会での巻き返しを祈ります。
次回県大会予定
5月4日(水)関東大会県予選個人戦 熊谷さくら運動公園
5月5日(木)関東大会県予選団体戦 狭山智光山運動公園

たった二人の3年生も無事県出場を果たし、ホッとしました。近県の強豪校と互角に渡り合っている経験を生かし、波に乗って行って欲しいですね。応援よろしくお願いします。

東部1部リーグ戦 準優勝

4月3日本校会場にて春季東部リーグがおこなわれました。
昨年新人戦団体ベスト8という苦しいスタートでしたが、しっかり成長し第2位入賞することが出来ました。優勝した昌平高校にも三番勝負にまでもつれこみ、あわやと思わせましたがあと一歩のところで逃げられました。3年生にとって東部地区の公式団体戦は、これが最期になります。この勢いで県南大会や関東予選もよい結果がでるといいですね。
新入部員も募集中です。迷ってるあなた、熱い青春をおくりましょう。
経験者ならすぐ試合にでられます。待ってます。

4日間の大会終了

天気に恵まれ、なんとか全日程終了することが出来ました。
Aチーム予選リーグ富士河口湖(山梨)酒田東(山形)日立北(茨城)朝霞(埼玉)松戸六実(千葉)と対戦し2勝3敗4位
Bチーム予選リーグ富士見(静岡)東京家政付属(東京)多賀(茨城)西武台千葉秋田和洋女子大田原女子と対戦し2勝4敗
決勝順位リーグでは深谷商業五所河原商業(青森)みなと総合相模女子(神奈川)秋田和洋東京家政と対戦し2勝4敗
Bチーム下位リーグ7戦全勝でちゃっかり優勝しました。
まだまだ力不足ですが、強豪校にもまれ、いい経験ができました。明日からまた熊谷にて参加校による練習試合がおこなわれます。五日間連続、親の送迎や電車遠征、大変ですが、最終日頑張ります。

ヨネックス杯参加

今年も全国からたくさんの学校が、埼玉に集まっていただきました。


昨年は部員不足で接待テニスでしたが、今年は結果残せるようがんばります。

新人戦県大会終了

雨のため個人戦団体戦ともに延期の連続で大変でしたが、無事終えることができました。
1回戦川越西高校に②-1で勝利し、2回戦武蔵越生高に1-②で敗戦。
2年生が2名しかいないのでほぼ初めての県大会でしたが、発展途上ということで来春に期待したいと思います。

新人東部地区予選結果 県大会へ5ペア

残念ながら上位入賞できませんでしたが、県大会へは個人5ペアが出場権獲得、団体ベスト8で何とか県出場を果たしました。ほとんどのペアが、初めての県大会になります。発展途上です。実績もシード権もありませんが、挑戦者の思いきりを見せてくれることでしょう。

東部支部大会結果

Ⅰ部第3位 吉川・池澤ペア
Ⅱ部優勝 大澤・馬場ペア 準優勝 島﨑・平山ペア 第3位 小國・細谷ペア


テニスで賞状いただくのは、初めての部員も多く、うれしい場面です。
特にエントリー62ペアを勝ち抜き、上位独占のⅡ部参加3ペアは大健闘です。
いつの間にか強くなっていたんですね。
勝つ喜びを知っちゃったら、今度は癖にしましょう。

夏休み前半戦経過

多忙にて2ヶ月ぶりの更新になります。
さて、いよいよ夏休みの後半に突入します。ここで前半の総括と経過を報告いたします。
まずは練習試合でお世話になった学校です。
西武台千葉、市立柏、文星女子、成田、秋草学園、市立川越 他
カップ戦に参加し対戦した学校です。
国井杯(那須拓陽、多賀、古河第一、黒磯、文星女子、不動岡、大田原女子、黒磯南、栃木女子、宇都宮中央女子、宇都宮柏揚、他)
サンワカップ(所沢、武蔵越生、川越総合、上尾、松山女子、本庄、川越女子)
結果は残せていませんが、対戦数だけは充実しています。とことん実戦経験を積ませ、新人戦にむけて実力をつけてもらえればと期待しています。
明日から日光遠征、ナロ杯、練習試合、東部支部大会、東部リーグと続きます。
下手な鉄砲も数打ちゃ当たる?竹槍しか持ってませんが、きっと・・・・。

インターハイ予選ベスト8

今年は全く勝てなかったチームが、最後の試合でやっと結果を出してくれました。
一回戦川越女子に3番勝負ファイナルで勝利し、二回戦本庄高校にまたも3番勝負ファイナルで勝ち、ベスト8進出です。第1シード上尾には、第二対戦またもファイナルと粘るも0-②で一蹴されてしまいました。
3年生最後の試合だった団体戦、ノーシードからよくがんばり久喜の意地を見せてくれました。昨年の豪快なテニスから比べ、不器用なドタバタテニスでしたが、真面目に練習してきた結果が実りました。インターハイは行けませんでしたが、団体ベスト8は上出来です。
3年生本当にお疲れ様でした。
また、たくさんの応援有難う御座いました。

関東大会県予選結果

残念ながら今年の関東大会出場は、実現できませんでした。
ノーシードで臨んだ個人戦、団体戦ともに1回戦は勝ち上がれたものの、惜しくも敗退です。県大会出場も危ぶまれたチームですが、全員県出場を果たし、成長が見られました。しかし、経験と実績の無さは、県では厳しい試練となります。
毎年当たり前のように関東大会に連続出場を果たしてきた久喜高校ですが、今年は残念な結果に終わりました。6月のインターハイ予選に向けて再出発、いよいよ最後の挑戦になります。有終の美を飾れるよう3年生の執念に期待したいところです。
たくさんの応援、観戦有難う御座いました。

関東大会東部地区予選個人戦

7ペアエントリーし、4ペアが県大会出場を決めました。
昨年同大会現部員で抜けたのはたった一人。非常に厳しい状況でしたが、連続ファイナルや逆転劇、マッチポイントを幾度もしのいでやっとこさの予選通過でした。
新入生以外は、全員そろって県出場です。賞状には届かなかったものの全員県出場を決めてくれてホットしています。全く勝てなかったペアも最後には力を発揮してくれました。
なでしこ雑草集団ですが、県でのミラクル期待してください。

ヨネックス杯5日連続遠征終了

学校を離れ今年もヨネックス杯に参戦してまいりました。
2年連続3位入賞し、いただいたプログラム表紙には久喜高校の写真が載っていました。
全国から研修大会で腕を磨こうと熱心な学校が集まりました。
お世話になった学校は、大田原女子、富士河口湖、深谷商業、柏中央、旭川実業、甲府清和、高崎女子、酒田東、多賀、秋田西、盛岡誠桜、志木、三島南、本庄第一、富士宮西、松戸六実、東京家政大付属、朝霞、春日部東、富士見、八戸工大一、五所川原商業、横須賀大津、小松原女子、秋田和洋、静岡商業、日立北、宇都宮中央女子、吾妻、横浜商業
、等です。総合優勝は、今年も富士見(静岡)でした。久喜高校は・・・・来年の表紙には載りません。この経験をバネにシーズン戦い抜こうと思います。本当にいい勉強をさせていただきました。

2015年始動

初打ち、初詣を無事すませ、2015年がスタートしました。
いつもの千勝神社へランニングし、それぞれ今年の目標を祈願しました。
お昼は、保護者全員で作っていただいたお雑煮をごちそうになりました。
今年もいい年でありますように!

OGの皆様へ

この連休で茨城、群馬への遠征を最後に、今年の試合試合はすべて終了いたしました。
打ち納めは、12月29日(月)。打ち初め1月4日(日)になります。両日とも午前中の予定ですのでお時間ありましたら是非本校テニスコートにお越し下さい。

長崎国民体育大会結果

台風19号の影響で1日順延されて開催されたソフトテニス少年女子の部ですが、2回戦敗退という結果でした。初戦は石川県と接戦をものにして逆転勝ち。久喜高校井口さんの元気あふれるプレーで3番勝負をゲームカウント1-2からひっくり返し、埼玉の勝利に貢献してくれました。
 最終成績3位になった兵庫県との試合は、2番手ファイナルゲーム、3番井口またも4-2で勝利したものの惜しくもチームは敗退。勝てるチャンスは多かっただけに残念でした。
 埼玉代表として全勝し、高校生活最後の競技を終えることができました。最後の最後まで朝昼晩と練習を続け、よくここまでがんばってくれました。勝ったのに試合後の号泣は、感無量の複雑な心境であったと想像できます。本当にご苦労さまでした。また多くの皆様の応援ありがとうございました。
 


新人戦東部地区予選個人戦

虎の子4ペアのみで臨んだ新人戦ですが、3ペアが県大会への切符を手に入れました。エントリー数が100ペアをきり、レベルダウンの東部地区ですが、厳しい予選になりました。前回に続き3位入賞を果たした大川・池澤組ですが、ファイナルゲームの連続で危ない場面も。
よく頑張りました。3日には団体戦が行われます。チームの力を信じよう。

東部支部大会3位

新チーム初の入賞です。宮代運動公園でおこなわれた東部支部大会個人戦の部において大川・池沢ペアが、3位になりました。
ささやかですが、芽が出始めました。

研修大会連戦

ナロ杯に参加、小松原女子高校に2日連続で参戦しています。8面のコートでも消化できないほどの多くの学校が参加し、研修に励んでいます。勝てばより強い学校とお手合わせしてもらえるのですが・・・なかなか勝たせてくれません。
「勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負け無し」
ナデシコの種、未だ発芽せず。

日光遠征

本日は、日光所野テニスコートに来ています。福島、栃木、埼玉から9校が集まり練習試合しました。標高が高いだけあって埼玉と別世界です。ひんやりした空気に快適な運動環境です。試合内容は、未熟さが目立ち動きは悪いし、まだまだです。文星女子の皆さん、10面のコートを貸し切り大会運営ご苦労様でした。行き帰りの渋滞に世間はお盆だということに気づきました。

那須合宿に来ています

少しでも涼をを求め、那須野ヶ原運動公園にて国井杯に参加しています。
ところがこちらも埼玉同様暑いこと、日影に入ればやや涼しい程度です。
新チーム初の合宿&研修大会参加。結果は厳しいものとなりました。
のびしろが大きいということで今後に期待しましょう。20年ぶりに再会した岩手の先生と積もる話も出来ました。生徒が対戦出来なかったのは残念です。

前年度優勝久喜高校、優勝杯返還の一コマです。あまりに部員が少ないのでAチームどこか遠征しているんじゃないのと疑われました。(泣)

国体最終選考会

今年の各大会優勝者、推薦チームが集められ国体選手最終選考会が行われました。ここに立つだけでも名誉なことですが、埼玉県の最高峰6ペアによる熾烈な選考会です。今年は4年に一度の関東ブロック予選フリーで本大会に出場できるラッキーな年でもあります。妻沼運動公園は、今日も猛暑で日影が少なく体調管理が大変です。朝の集合諸注意



















久喜高校高澤・井口ペアは、3戦全勝で文句なく選考されました。しかも3対戦このメンバーとやり合って失ゲーム合計1という最高のできばえでした。


































アンダー20のステップ3(関東ブロック)出場のおまけまでいただきました。
高校3年生で埼玉県2名のみの参加です。
今年の国体は、10月13日~長崎県佐世保市にて開催されます。今話題になっている街ですが、そのころはもう落ち着いているでしょう。
ほとんど休みなしで練習に明け暮れてきた彼女たちですが、しばしの休みが与えられます。現役後輩たちは、明日から遠征合宿です。目が肥えてしまった顧問は、ギャップに苦しみそうです。たった8名ですが、ささやかなスタートを切りたいと思います。

全国大会(インターハイ)終了しました

7月27日千葉県白子にてインターハイがおこなわれ、初戦1対4で三重高校に敗れました。
県選手権優勝のはずみをつけて臨んだ大舞台でしたが、全国のレベルは高かった。初日勝ち残った埼玉勢は1ペアのみ。高澤・井口ペアにとって初の全国大会はやや力みが見られ、1ゲーム先取したものの、相手の安定したテニスにミスが多くでてしまい逆転負け。全国優勝の実績のある三重高は、落ち着いた試合運びで、攻められても全く動じずさすが経験豊富な伝統校でした。今大会終わってみれば、三重高校が個人・団体ともに日本一をとる快挙で圧勝でした。
全部員が始発で駆け付け、OG、保護者の皆様の熱い声援、本当に有難う御座いました。
高澤
井口集合

埼玉県高等学校県選手権大会 初優勝

酷暑の熊谷において本日、高澤・井口ペアが個人初優勝を果たしました。本年度国体選手を選考するうえで重要な位置づけをもつこの大会は、3年生が出場できる最後の大会でもあります。新人、関東、インハイと着実に実績を伸ばしてきたこのチームは、最後の県内大会でようやく頂点に立つことが出来ました。決勝戦こちらのマッチポイントで体調不良に陥り、一時タイム休憩をとるハプニングがありましたが、しっかり立ち直って初の栄冠を手に入れました。明後日からいよいよインターハイが始まります。全国の舞台でも自信をもって臨んでもらいたいです。
結果はこちらへ→http://www.saitama-hs-softtennis.com/26kokutai-2-girl.pdf

インハイ県予選3位入賞

雨の降りしきる中、土砂降りで中断もあり、大変な大会でした。そんな中、高澤・井口ペアが4試合もファイナルゲームをやり、みごと3位に輝きました。準決勝もファイナル5-5で、あと2ポイントで決勝進出と、追い込みながら惜敗。第5シードの意地と貫禄で驚異の粘りを見せてくれました。おそらく、どこのチームより長くコートに立ち、誰よりも多く走らされたであろうによく耐え抜きました。冬の走り込みが活きましたね。人工芝にもう少し慣れておけばと悔やまれますが、3年最後の試合でやっと賞状にとどきました。本当におめでとう。岩商、春女、久喜と3校にわたって全国の舞台を経験させてもらえる顧問としても感謝、感激です。
 終了後、多くの先生から「決勝戦より準決勝の方が見応えあった。雨の中、生徒を残して見学させた甲斐があった。才能見せつけるだけの決勝戦は、期待はずれ」などのお言葉を頂きました。熱心に指導にあたっておられる先生方の貴重な激励もうれしかったです。最後の大会で花咲かせるチームがあっていい、みんなのやる気につながるんだから。後輩たちに伝わったでしょうか?

関東大会応援ありがとうございました

猛暑の中、おこなわれた関東大会無事終了いたしました。
結果は、白石・目黒ペアが初戦敗退、高澤・井口ペア3回戦敗退でした。どちらも初戦は、よく練習試合でお世話になっている顔なじみでやりにくさもありましたが、よく健闘しました。高澤・井口ペアが負けた相手は、その後次々に勝ち上がり、なんと優勝してしまいました。
どこの県も1週間後に控えたインターハイ県予選に照準をあわせている様子で、予選終わっている東京の強さが目立ちました。日曜日に、団体戦がおこなわれますが、うちはすぐに帰って練習に励みます。
全部員による必死の声援、たくさんの保護者の皆様、応援有難う御座いました。H26関東大会

関東大会個人戦2ペア出場決定

関東大会県予選個人戦において今年は2組、関東大会出場が決まりました。
ベスト8に高澤・井口ペア、ベスト16に白石・目黒ペアです。
どちらも決定戦ではファイナルゲームの激戦を制しての試合でした。遠い狭山の地にOGも駆け付けての応援に感謝しております。高澤・井口ペアは優勝した埼玉平成にファイナルセットまで粘りましたが、ベスト4目前で惜敗です。次回、優勝も射程距離においてます。
関東大会は、栃木県宇都宮市に於いて5月30~6月1日におこなわれます。高澤井口ペア
白石目黒ペア
詳しい大会結果は、高体連専門部のHPへ→http://www.saitama-hs-softtennis.com/26kantouyosen-girlsingle.pdf

関東東部地区予選個人戦

白石、目黒ペアが準優勝。枠外ペアを含め計5ペアが、県大会に進みます。関東大会県予選個人戦は、5月4日(日)狭山智光山運動公園にて行われます。ほとんどの3年生が、最後の県出場を決めてくれました。初心者だった部員も3度目の県出場です。大会ごとに実績をのばしてくれる部員たちに感謝します。

県南大会準優勝、東部リーグ1部優勝

4月4日大宮第二&天沼テニスコートにて県南大会が行われました。東部地区と南部地区の高校フリー参加280チームの大トーナメントでした。結果は、決勝まで8試合を戦い準優勝、ベスト8、ベスト32に2組でした。雨、強風、晴れ、おまけに雷まできて中断と何でもありの天候でしたが、終わってみれば強いところはやっぱ強い。会場で解散したのが、7時半を過ぎており、明日もあさっても試合が続きます、がんばれ!なでしこ。
4月5日春日部女子高校にて東部地区1部リーグ戦です。東部のトップ5校による団体戦、負けられません。疲れもたまってますが、なんとか5戦全勝し優勝カップを持ち帰ることが出来ました。顧問の異動により前回2位の学校が2部に降格、残酷です。結果的に元教え子たちを追い落とす形になってしまったそうです。メンタルの影響も馬鹿になりません。どっかの雑草集団なら、大丈夫でしょう・・・。太陽も見ず、あっち向いたりこっち向いたりして育ってますから。

H26ヨネックス杯第3位入賞


優勝 富士見(静岡)
準優勝 千代田女学園(東京)
第3位 久喜高校(埼玉)
第4位 三島南(静岡)
27日から4日間、予選リーグ決勝リーグ3位決定戦と戦い抜き、3位入賞できました。対戦した相手校は、秋田西、戸塚、帯広緑陽、宇中女、吾妻、志木、秋田和洋、本庄一、千代田女学園、西武台千葉、三島南、大田原女子、富士見の皆さんです。全35校の研修大会ですが、大変良い勉強をさせていただきました。BチームCチームも多くの試合を通じてレベルアップを図れたと思います。埼玉の台風の目になって、大暴れする日が楽しみです。

謹賀新年

明けましておめでとうございます
本日より始動いたしました。恒例の千勝神社へ初詣、打ち初め、食事会を済ませ、今年一年の抱負を言葉にして全員で誓いました。
お忙しい中、たくさんの保護者の方に来校していただき、おいしい雑煮をごちそうになり、本当に感謝しております。
久喜高校は3日から駐車場に入りきれない来校者、各部活動が始動し、活気が戻っております。

テニス部OGの皆様


今年の打ち収めは、12月29日(日)午前中、打ち初め・初詣は、1月3日(金)午前中の予定です。ふるってご参加ください。遠征、大会参加で学校外にいることもありますので来校される場合は、ご一報ください。

埼玉県一般県選手権大会第3位


平成25年度一般県選手権大会において高澤・井口ペアが、第3位入賞を果たしました。
準決勝で深谷商業に敗退しましたが、3回戦で第2シードをとばし、4回戦で新人戦準優勝の埼玉平成を破る快進撃でした。県一般インドア大会への出場権も取得し、2月に備えます。

平成25年度新人戦東部地区予選 結果

個人・団体 優勝
10月7日(月)久喜総合運動公園にて全日程終了しました。
団体決勝は、不動岡高校に③-0の圧勝。
個人決勝は、昌平高校に④-1で勝ち、高澤・井口組初優勝。
しかも、ベスト4に3ペアも久喜高校が入り、5チームが県出場を果たすことができました。
応援ありがとうございます。

個人優勝 高澤・井口組
個人第三位 小堀・田中組&白石・目黒組