ソフトテニス部の活動の様子

ソフトテニス部

【ソフトテニス部】関東大会県予選ベスト8

GW中に行われた県大会の結果、みごと団体戦ベスト8を成し遂げました。

この大会、最低ベスト32に入らなければ、6月のインターハイ予選にも出場できません。

新人戦では、県大会出場もできなかったチームですが、目標は一試合でも多く大会出場を果たすことです。

ノーシードパックから8本シードを倒し、怒涛の快進撃です。

粗削りでミスも多く、見た目も弱弱しいチームですが、あれよあれよと激戦を制し、気づいたら関東大会出場決定戦まで駆け上っていました。

第2シードには、全く歯が立ちませんでしたが、最後までよく健闘しました。

ランキングポイントでシードが厳密に決定されるこの時代、めったに起こりえない漫画のような世界です。

無観客で注目されることなく、大それたことをやってのけました。

大会役員から「ここに来れなかった、多くの生徒たちに見せてやりたかった。実績がなくても、ここまでやれるんだ、すばらしい試合でした」とお褒めの言葉をいただきました。

記録には残りませんが、記憶に残る不思議なチームです。

詳しい大会結果は下

R03_kantou_ken_girl_dantai_kekka.pdf

ソフトテニス部 yonex杯参加

3月25~28日くまがやドームにて今年もヨネックス杯に参加してまいりました。

コロナの影響で参加校が激減し、2会場だった予定がドームのみになり、大会形式も取りやめ、練習試合や講習会になりました。練習不足ありありの学校にとって、かえってありがたい措置です。

ドーム16面砂入り人工芝をフルに使わせていただき、たっぷり練習させていただきました。

広い会場に少ない参加校で密にならず、雨風の心配なし。定額使い放題!

お世話になったヨネックス社員、選手、各学校様ありがとうございました。

講習会の様子です

【ソフトテニス部】練習試合&市民大会

岩槻商業高校8面のコートを借り、東西南北中堅校が集まり、練習試合を行いました。

新人戦地区予選がまだ行われていない東部では、大会最後の調整です。

なかなか勝たせてもらえない苦しいゲームが多く、良い勉強になりました。

一つでも多く県大会に進めるといいんですが。本番は、頑張りましょう。

月曜日には、久喜市民大会が行われました。

昨年優勝しているだけにプレッシャーもありますが、年によってレベルの差が大きい大会です。

鷲宮高校の部員の多さに圧倒され、苦戦の連続です。

3年生が1ペア出場していただき、3位入賞。現役も頑張り3位入賞を果たしました。

優勝は、一般クラブの姉妹ペアでした。ジュニア、中学まで無敵だったらしいです。

落ち着いた試合運びで百戦錬磨の貫禄でした。高校生も見習うところがたくさんあり、良い勉強になりました。

ソフトテニス部3年生最後の試合

8月6日熊谷さくら運動公園にて学校総合体育大会夏季大会が、行われました。

大会がすべて無くなった3年生に対して最後のチャンスを与えてあげたいとの思いから

コロナに対する厳重な配慮の元、実施されました。

予選なしの直県大会のため、レベルは2回戦より急激に上がります。

2ペア参戦し結果は、ベスト64とベスト32でした。最終戦はどちらもファイナルセット

までねばりました。高校生活最後の試合との思いから、力が入ってしまいました。しかし、

悔いなく戦え終えたと思います。3年生の皆さん、お疲れ様でした。

これからは、自分の進路実現に向け、精一杯努力してくれるでしょう。期待しています。

新入部員追加

梅雨が続き、天候不順ですが活動再開しています。

今年は、新入部員5名が加わり15名で活動しております。

3年生が出場できる大会が、8月6日に開催予定です。

しばらく大会中止が続き、目標を失っていましたが、モチベーションアップしてきました。

考査前の自主練期間に入りますが、勉強との両立めざして頑張りましょう。

1年生もだいぶ慣れてきました。今のうちに3年生のプレーを見習い、目に焼き付けておきましょう。