日誌

百周年ブログ

「七宝まり」の物語 32

日光より御持参いただきました 梅雨明けが記録的に早く訪れました。
 明日からは、1学期末考査が始まります。部活動で響き渡る元気で明るい声も、少しお休みして黙々と(?)勉強する期間となっています。

 さて、左の写真は、本日わざわざ栃木県日光市から学校に御持参いただいた「七宝まり」の一部です。全部で27個のまりをお預かりしました。どれもふんわりとやわらかで優しい手触りに、ほっとした気持ちになりました。
 ありがとうございました。

 7月4日(水)現在
 「七宝まり」の数は、1,991個となりました!
 
0

週刊KUKIペディアvol.33


   7月に入りました。
 2018年も半分が終わったということですね。
 週刊KUKIペディアもvol.33となり、ますますトリビア
 な内容となってきました。「生徒会憲章」なんですね。
 思わず、生徒手帳を探し出して、見てしまいました。
 前文を読んで、思わず感心しました。皆さんも確認し
 てみてください。
 
 週刊KUKIペディア vol.33.pdf
 
0

「七宝まり」の物語 31

大切に… 梅雨の晴れ間が恋しいどころか、夏日が続いています。
 暑さに負けず、生徒たちは、プールの授業で歓声をあげています。また、来週に控えた期末考査の勉強のため、廊下に設置してあるホワイトボードの前で先生に難問(?)を教えていただいたりと、時間が流れています。
 
 写真の七宝まりは、薄葉紙に大切に包まれて送られてきました。制作者の「七宝まり」への思いを感じられ、大変優しい気持ちになりました。ありがとうございました!
古布で
 

【まり紹介コーナー】
 このところ、古布(こふ)の御寄附によって仕上がったまりが増えてきました。大きな柄が様々な表情を作り、見る方向によって違う作品のように楽しむことができます。また、型紙の半月形と葉っぱ型を共布で作るのも、とても素敵な仕上がりになることを発見しました!


  6月28日(木)現在
 「七宝まり」の数は、1,959個となりました!

 
0

週刊KUKIペディアvol.32


    最初は木曜日のアップだったのに、いつの間にか
 金曜日が通常となってしまいました、週刊KUKIペディア
 です。相変わらず、「門」シリーズが続きます。今週は
 「撫子門」です。在校生でも、どこの門という人がいる
 のではないでしょうか。クイズは文化祭の出し物です。
 以前、サッカー部も「キックターゲット」をやってまし
 たが、サッカー部ができたのが2000年度ですので、どち
 らかといえば新しい出し物ですね。もう何年もやってい
 ませんが。さて、今週も週刊KUKIペディアお楽しみくだ
 さい。

 週刊KUKIペディア vol.32.pdf
0

「七宝まり」の物語 30

繋ぎ作業 学校は、保護者面談期間です。この時期を利用して、ワークショップを開催し、合わせて生徒による「七宝まり」を繋ぐ作業が進んでいます。
 (作業を行っているのは、百周年係です。)
 面談にお越しいただいた保護者の方が立ち寄ってくださったり、同窓生の方が「七宝まり」を持参しながら御参加いただいたり、ゆったりとした時間が流れました。予定されているワークショップは、22日(金)が最後です。興味がある方はお立ち寄りください。
 また、本日はJ:COMの取材がありました。6月21日(木)埼玉県央「デイリーニュース」17時~17時20分放送されます。
視聴方法は、
Google  play   appstore⇒ 「ど・ろーかる」⇒TV⇒埼玉県央
素敵な籠に七つの宝
 本日、さいたま市にお住いの卒業生から素敵な籠に入った「七宝まり」が届きました。メッセージには、「七つの宝の思いを七つの七宝に込めました」とありました。
 今一度、久喜高生が大切にしたい宝物を胸に準備を進めたいと思いました。



赤が鮮やかなまり 左の「七宝まり」は、2名の昭和42年度卒業生(第19回卒)の方が持参してくださいました。ワークショップにも御参加いただき、在校生や保護者の方と「七宝まり」づくりを楽しんでいただきました。
 赤で揃えた作品も、かわいらしいですね!
 
 ありがとうございました!



   6月20日(水)現在
   「七宝まり」の数は、1,905個となりました!
0