卓球部

卓球部の活動の様子

10月下旬の練習試合

10月に入ってから雨の日が多く、寒い日が続きますね。心なしか、風邪気味の生徒も多いような気がします。寒さに体が慣れるまでは体調を崩しやすいので、体調管理に気をつけていきましょうね。

 

卓球部は10月下旬に、先週の祝日に越谷東高校さんと、先週の土曜日に草加高校さんと練習試合を行いました。どちらの高校さんもベスト16入りしている部員を抱える学校です。

中間考査が明けて間もない時期でしたが、久喜の生徒たちは基本技術を丁寧に行い、善戦していたと思います。

  

最近の練習のかいあって、ブロックが少しできるようになってきました。相手に攻められたら、無理に攻め返すのではなく、ブロックで隙を待つようなプレーをすることもあり、少しだけですが余裕が感じられました。

 

  

強いサーブを持っている選手は、それだけで有利となります。草加高校さんとの試合では、レシーブを丁寧に返そうという意識がうかがえました。練習からレシーブをしっかりと返すことを心がけていけば、ゆっくりではあるかもしれませんが、レシーブ技術も向上していくはずです。

越谷東高校と草加高校の顧問の先生、生徒の皆さん、遠いところ久喜高校までお越しくださり練習試合をありがとうございました。

蓮田市立蓮田中学校と練習試合

台風が過ぎ去った後から、急に秋が深まった気がしますね。この時期には体調を崩す生徒も増えてきますので、夜は温かい格好で寝てくださいね。

先日、蓮田中学校をお招きして練習試合を行いました。テスト明けすぐの練習試合でしたので、久喜の生徒は本調子ではなかったと思いますが、試合開始の準備や9月の練習で気をつけてきたことを意識して試合を進めていたのではないかと思います。

  

中学生と高校生がこうして交流する機会はあまり多くありませんので、久喜としても中学生のプレーを見て、今後の練習の参考になりました。蓮田中学校の生徒さんも最初は緊張していたようでしたが、最後の方は久喜の生徒からアドバイスをもらい、笑顔も見られました。

蓮田中学校さんはこれから団体戦の県大会を控えているようですので、今回の練習試合少しでも上位進出の力となれば幸いです。

 

蓮田中学校の顧問の先生、生徒の皆さん、雨の中久喜高校までお越しくださり練習試合をありがとうございました。

2学期前半の練習試合

中間考査も終わり、また部活動が始まりましたね。9月の東部支部大会の結果を踏まえて、今度は1月の新人戦に向けて練習をスタートさせました。遅くなってしまいましたが、中間考査までに行った練習試合についてお伝えします。

 

●淑徳与野高校と練習試合

 東部支部大会が終わった後に、南部地区の淑徳与野高校さんにお邪魔して練習試合をやらせていただきました。淑徳与野さんの卓球場はとても広く、快適な環境で試合を行うことができました。大会後すぐの練習試合でしたので、改善点は残っていますが、試合中の部員を率先して応援したり、セット間にアドバイスをしあったりと、夏に取り組んできたチームワークの点では大きく進歩できました。

   

冬に向けては、ツッツキの精度を高めていくことを目標にしようと言いました。それを意識してレシーブなどが普段よりも少し安定していたように思えました。がむしゃらに攻めるのではなく、コースや相手の様子などをよく見て打ち分けることを意識しましょう!

淑徳与野高校の顧問の先生、生徒の皆さん、会場の準備や練習試合をありがとうございました。

 

●不動岡高校と練習試合

中間テスト前の最後の練習日となった今日は、同じ東部地区の不動岡高校さんにお邪魔して練習試合をしました。9月の大会で、不動岡高校さんは団体戦の部で準優勝しており、全県単位の12校リーグに出場する強豪校です。

夏以来の練習試合となりましたが、夏休みに行った時よりもリラックスしてプレーできていたように思えました。しかし、東部支部大会で見えた各々の弱点はまだ多くあり、惜しいところで競り負けてしまう場面も少なくありませんでした。スマッシュを決めて1点取っても、簡単なミスをしても何度も繰り返しているようでは勝つことはできません。普段の練習から変えていきたいですね。

  

今回は、団体戦形式での対戦も行いましたが、それには3-2で久喜が勝ちました。新人戦の団体戦では、これを励みにして、9月の大会よりも上位を目指したいですね。

不動岡高校の顧問の先生、生徒の皆さん、会場の準備や練習試合をありがとうございました。

【卓球部】東部地区大会結果報告

こんにちは!卓球部です!

 

先月行われた東部地区大会の結果をご報告します。

シングルスの部 2年生 鈴木 第15位!!

学校対抗の部  ベスト8!!

 

シングルスの部では、部長の鈴木さんが第15位まで勝ち上がることができました。おめでとう!

その他の選手も奮闘しましたが、うまく結果に結びつくことができませんでした。しかし、ほとんどの選手が夏休みに練習してきたことを試合でも出すことができたかなと思いました。

学校対抗の部では、越谷北高校に敗れベスト8という結果に終わりました。4月の学総体でも敗れており、リベンジならずでした。

今年度のチームは、「地区大会で学校対抗ベスト4!!」を目標に頑張ると選手たちが目標設定をしました。残念ながら、今回の大会では目標達成ならずでしたが、確実に久喜高校卓球部は、卓球の技術、人間力の向上をしていると感じています。1月の新人戦では、必ずチーム目標を達成し、選手・スタッフ一同がいい思いをできるように頑張ります!!

卓球部の保護者の皆様、連日のユニフォームの洗濯、お弁当の準備などご協力ありがとうございました。

今後とも卓球部の応援をよろしくお願いいたします。

久喜市民卓球大会に参加してきました。

先日の9月16日(月)に、毎日興業アリーナ久喜で「久喜市民卓球大会」が開催されました。久喜高校の一般の女子の部に参加してきました。昨年に引き続き、2度目の参加となりました。

今年は試合開始前に、卓球Tリーグの地元チーム「TT彩たま」の坂本竜介監督による講習会がありました。間近でプロの技術や指導を聞くことができ、とても勉強になりました。今後の練習内容や試合への臨み方などに使える話ばかりでしたね。

この大会は予選リーグを戦い、上位の2名が決勝トーナメント、その他は順位トーナメントへ進みます。多くの試合を経験することができるので、有意義な大会となりました。

この夏の間に鍛えたサービスを有効に使い、前回よりも多くの生徒が決勝トーナメントに進出することができました。

この大会は一般参加の大会ですので、社会人の方とも試合をすることができました。非常に短いコースを狙ったサービスや、常にスマッシュを狙う戦型など勉強になりましたね。

大会の結果としては、2年生の髙草木さんが、決勝トーナメントで3位に入賞し、1年生の下田さんが順位トーナメントで1位になることができました。どちらの生徒も自分のプレーの良さを十分に発揮することができましたね。格上の選手と敗戦することが続きましたが、丁寧な卓球を心がけて試合をしていました。

最後の片付けまでしっかりと行えました。

この大会の成果を弾みにして、今度の東部支部大会でも上位進出を狙っていきましょう。 

大会関係者の皆さま、ありがとうございました。

卓球部レクリエーション

夏休みの終わりに、卓球の練習からは少し離れて、卓球部でレクリエーションを行いました。

午前中は利き腕とは逆の手でラケットを持ち、試合をしました。さらに、ラケットの種類もシェイクからペンに替えもしたので、カオスな状況になっていました。

ボールをラケットに当てるだけでも大変でしたが、生徒たちは普段とは違った感覚を楽しんでプレーしていました。

午後は、材料を持ち寄ってホットケーキと、たこ焼きを作りました。ご家庭でもお手伝いをしていると聞いていましたので、味はバッチリですかね?

  

顧問もいただきました。生徒からは「日頃の感謝です」と、たこ焼きにワサビを入れられてしまいました。感動のあまり涙がでてしまいました…

頑張った練習の合間に、こうした楽しいことがあると集中して練習を続けることができますよね。また、やりましょう!!

【卓球部】中学生のみなさんへ 部活動紹介その2

こんにちは、卓球部です!
中学3年生のみなさん、夏休みは有意義に過ごせましたか。志望校に向けて引き続き頑張ってくださいね。さて今回は、卓球部紹介第二弾ということで、高校から卓球を始めた選手に久喜高校卓球部はどんな部活なのか、お話を聞きいてみました。

志望校を考える1つのきっかけになってくれればと思います。

Q1.卓球部を選んだきっかけは何ですか。
私は、中学3年生の春、テレビで世界卓球を見て、自分も卓球をやってみたいと思いました。

Q2.卓球部で楽しいと思うところは?

新しい技術や知識が身についたとき、卓球の楽しさややりがいを感じます。また、練習試合や部内戦で勝ったときです。高校から始めたこともあり、最初の頃は勝つことができず悔しい思いをたくさんしました。しかし、あきらめずに努力すればしっかり結果がついてくると思います。最近では、勝てる試合も増え、頑張ってきてよかったと思います。「継続は力なり」ですね。

Q3.部活動を通じて学んでいることは?

基礎基本の大切さです。難しいことをやろうとしても基礎基本がしっかりできていないと難しいことはできません。なので、日々基礎基本を怠らないようにしています。、

Q4.中学生へ

高校から始めたいと思っている人も、経験者も大歓迎です。ぜひ、久喜高校卓球部に来てください。


本校では、9月21日(土)に学校説明会があります。また、この日に卓球部では部活動見学を予定しております。経験者・初心者問わず久喜高校卓球部に少しでも興味を持って下さった中学生の方々、まずは体育館2F(卓球場)に足を運んでみてください。久喜高校卓球部の雰囲気が分かりますよ。お待ちしております。

8月後半の卓球部の活動

今日で卓球部の夏休みの活動も最後となります。昨日から部内戦を行っていますので、ピリピリとした緊張が朝から感じられます。明後日からは月も変わって9月となりますので、新学期の準備はバッチリですよね!

お盆休みを挟んで、8月後半の卓球部の活動をお伝えいたします。

 

●不動岡高校・春日部東高校と練習試合

お盆休みを終えて不動岡高校さんを会場に、春日部東高校と久喜の3校で練習試合を行いました。朝の練習を見ていると少し元気がないように見えましたが、試合に入ると練習で頑張ってきたことを出せていました。

サーブからの展開、3球目攻撃の練習を中心に練習してきた成果が感じられました。ただ、相手のサーブの回転を見極める力はこれからですので、レシーブが安定しなかったのが惜しかったですね。

相手のコートにまずはボールを入れることが大切です。どんな小さなチャンスであっても無駄にしてはいけません。試合で気づいたことをメモに残している生徒も増えてきました。コツコツと続ける努力が明日につながっていきます。

不動岡高校、春日部東高校の皆さん、顧問の先生ありがとうございました。

 

●蕨高校と練習試合

先日、蕨高校さんにお越しいただき、練習試合を行いました、 夏休み最後の練習試合となりました。

この日は、前回の練習試合を踏まえて、レシーブに気をつけてプレーできていたと思います。サーブも思い切って出すことができ、夏休みに練習した内容の結果となったのではないでしょうか。

手が空いたら応援をしたり、セット間でもお互いに話し合ったりすることができ、チーム全体で盛り上がって卓球をすることができたように感じました。

この結果を踏まえて、東部地区大会に臨めるように2学期も練習に励んでいきましょう!!

蕨高校の皆さん、顧問の先生ありがとうございました。

8月前半の卓球部の活動

長かった夏休みもあとわずかになりました。9月2日からは2学期ですね。

お盆休みまでの卓球部の活動をお伝えいたします。

 

●川口北高校・大宮光陵高校と練習試合

8月に入りましてすぐに川口北高校を会場として、川口北高校と大宮光陵高校と練習試合を行いました。どちらも県大会常連の学校です。この日も蒸し暑い日でしたが、最後までバテることなく試合を終えることができました。

相手校さんの3球目攻撃の正確さ、サーブからの展開は安定していて、点差をつけられてしまうことも多かったものの、サービスエースからの展開で競り合う場面もありました。何となくで終わらせず、なぜ勝てなかったのか、何が必要なのかを考えて次に活かしましょう。

川口北高校、大宮光陵高校の皆さん、顧問の先生ありがとうございました。

 

●学年別卓球大会

8月上旬に春日部市総合体育館で、学年別卓球大会が行われました。埼玉県全域の高校が出場しますので、簡単には勝ち上がることのできないレベルの高い大会です。1回戦から強豪校と当たってしまう生徒もいましたが、そうした中でも、自分のできるベストを尽くし、初戦を突破できた生徒が多かったのは収穫でした。

今大会では、2年生の鈴木さんが4回戦まで勝ち上がることができました

 

●館林女子高校と桐生女子高校と練習試合

学年別大会の次の日には、館林女子高校さんを会場に桐生女子高校さんと久喜の3校で練習試合を行いました。連日の試合となり、この日もかなり暑い日でしたが、先日の内容を踏まえた卓球をできたと思います。

対戦した両校とも群馬県の学校で大会が近いということでしたので、シングルスの試合に加えて、ダブルスの試合も多く行いました。参加生徒が多かったので、3セット先取の試合でしたが、自分の持っている長所をうまく活かした展開に持ち込むことができました。お盆休みを迎えるにあたって、夏休み前半の成果を確認することができた内容であったと思います。

館林女子高校、桐生女子高校の皆さん、顧問の先生ありがとうございました。

 

●小山市オープン卓球大会

お盆休みに入る前日に、久喜は栃木県の小山市で行われたオープン大会に参加してきました。この大会はダブルス1本、シングルス2本で競われる団体戦で行われます。オープン大会ですので、社会人の方もいますので、高校生とは違った戦術と対戦することができました。

最初の試合は緊張も見られましたが、セットをこなすにつれて思い切って攻める卓球を出していくことができていたと思います。

競った場面でも思い切ったサーブや攻撃をすることができたり、チームとして盛り上がって卓球をすることができたりと、4月の段階と比べて確かに成長しているなと実感することができたのではないでしょうか。

まだまだ、改善していかなくてはならない部分は多く残っていますが、卓球部全体で頑張り抜くことができれば、きっとさらに成長できるはずです。

7月の卓球部

1学期の期末考査が終わり、夏休み前半までの卓球部の活動をお伝えします。

 ●越谷ワンピース卓球大会

期末考査が終わってすぐの7月上旬に、越谷市総合体育館でワンピース卓球大会というオープン大会に参加してきました。オープン大会ですので、高校生だけではなく、大人や男性とも試合を行います。普段はあまり試合を行うことのない選手とも対戦できますので、良い経験となったのではないでしょうか。

広い会場で空調もあり、良い会場でした。

新しいサーブや日々の練習で頑張って強化した技術を、みんな十分に発揮していました。今回はあまり勝率を気にせずに楽しむようにと試合に臨みました。

大会終了後は、片付けまでしっかりと行いました。4~7試合くらい行った中で何を学んだでしょうか。うまくいったことも、そうでなかったこともメモに残すなどして振り返れるようにしておきましょうね。

 大会運営関係者の皆さん、ありがとうございました。

 

●越谷南高校と練習試合

夏休みに入りました。7月の下旬になってから猛暑が続いていて、卓球場はひどい暑さでした。越谷南高校さんも久喜も水分補給をしっかりと取って試合を行いました。

シングルスを中心に行いました。これまでの練習では、3球目攻撃を意識して取り組んできましたので、とにかく思いっきり攻めていくことを心掛けてもらいました。

この練習試合が初めての試合であった生徒もいましたが、自分の持っている最大限の力を出して試合をすることができました。越谷南高校の生徒の皆さん、顧問の先生ありがとうございました。

 

●春日部女子高校と練習試合

 夏休みは練習試合が続くことが多かったですが、生徒はそれに少し疲れながらも、集中して試合に向かっていました。春日部女子高校さんとの試合でも、前回の練習試合の成果を踏まえて、サーブやコースなどをよく考えて取り組んでいる印象を持ちました。

試合結果だけではなく、自分が練習してきた内容、その成果が発揮できたのかどうかを振り返るようにしましょう。練習試合はあくまでの練習の延長ですので、負けても次があります。しかし、本番のトーナメントでは負けた瞬間に終わってしまいます。試合本番で勝てるような卓球を目指しましょう。

春日部女子高校の皆さん、顧問の先生ありがとうございました。