卓球部

卓球部の活動の様子

【卓球部】中学生のみなさんへ 部活動紹介その2

こんにちは、卓球部です!
中学3年生のみなさん、夏休みは有意義に過ごせましたか。志望校に向けて引き続き頑張ってくださいね。さて今回は、卓球部紹介第二弾ということで、高校から卓球を始めた選手に久喜高校卓球部はどんな部活なのか、お話を聞きいてみました。

志望校を考える1つのきっかけになってくれればと思います。

Q1.卓球部を選んだきっかけは何ですか。
私は、中学3年生の春、テレビで世界卓球を見て、自分も卓球をやってみたいと思いました。

Q2.卓球部で楽しいと思うところは?

新しい技術や知識が身についたとき、卓球の楽しさややりがいを感じます。また、練習試合や部内戦で勝ったときです。高校から始めたこともあり、最初の頃は勝つことができず悔しい思いをたくさんしました。しかし、あきらめずに努力すればしっかり結果がついてくると思います。最近では、勝てる試合も増え、頑張ってきてよかったと思います。「継続は力なり」ですね。

Q3.部活動を通じて学んでいることは?

基礎基本の大切さです。難しいことをやろうとしても基礎基本がしっかりできていないと難しいことはできません。なので、日々基礎基本を怠らないようにしています。、

Q4.中学生へ

高校から始めたいと思っている人も、経験者も大歓迎です。ぜひ、久喜高校卓球部に来てください。


本校では、9月21日(土)に学校説明会があります。また、この日に卓球部では部活動見学を予定しております。経験者・初心者問わず久喜高校卓球部に少しでも興味を持って下さった中学生の方々、まずは体育館2F(卓球場)に足を運んでみてください。久喜高校卓球部の雰囲気が分かりますよ。お待ちしております。

8月後半の卓球部の活動

今日で卓球部の夏休みの活動も最後となります。昨日から部内戦を行っていますので、ピリピリとした緊張が朝から感じられます。明後日からは月も変わって9月となりますので、新学期の準備はバッチリですよね!

お盆休みを挟んで、8月後半の卓球部の活動をお伝えいたします。

 

●不動岡高校・春日部東高校と練習試合

お盆休みを終えて不動岡高校さんを会場に、春日部東高校と久喜の3校で練習試合を行いました。朝の練習を見ていると少し元気がないように見えましたが、試合に入ると練習で頑張ってきたことを出せていました。

サーブからの展開、3球目攻撃の練習を中心に練習してきた成果が感じられました。ただ、相手のサーブの回転を見極める力はこれからですので、レシーブが安定しなかったのが惜しかったですね。

相手のコートにまずはボールを入れることが大切です。どんな小さなチャンスであっても無駄にしてはいけません。試合で気づいたことをメモに残している生徒も増えてきました。コツコツと続ける努力が明日につながっていきます。

不動岡高校、春日部東高校の皆さん、顧問の先生ありがとうございました。

 

●蕨高校と練習試合

先日、蕨高校さんにお越しいただき、練習試合を行いました、 夏休み最後の練習試合となりました。

この日は、前回の練習試合を踏まえて、レシーブに気をつけてプレーできていたと思います。サーブも思い切って出すことができ、夏休みに練習した内容の結果となったのではないでしょうか。

手が空いたら応援をしたり、セット間でもお互いに話し合ったりすることができ、チーム全体で盛り上がって卓球をすることができたように感じました。

この結果を踏まえて、東部地区大会に臨めるように2学期も練習に励んでいきましょう!!

蕨高校の皆さん、顧問の先生ありがとうございました。

8月前半の卓球部の活動

長かった夏休みもあとわずかになりました。9月2日からは2学期ですね。

お盆休みまでの卓球部の活動をお伝えいたします。

 

●川口北高校・大宮光陵高校と練習試合

8月に入りましてすぐに川口北高校を会場として、川口北高校と大宮光陵高校と練習試合を行いました。どちらも県大会常連の学校です。この日も蒸し暑い日でしたが、最後までバテることなく試合を終えることができました。

相手校さんの3球目攻撃の正確さ、サーブからの展開は安定していて、点差をつけられてしまうことも多かったものの、サービスエースからの展開で競り合う場面もありました。何となくで終わらせず、なぜ勝てなかったのか、何が必要なのかを考えて次に活かしましょう。

川口北高校、大宮光陵高校の皆さん、顧問の先生ありがとうございました。

 

●学年別卓球大会

8月上旬に春日部市総合体育館で、学年別卓球大会が行われました。埼玉県全域の高校が出場しますので、簡単には勝ち上がることのできないレベルの高い大会です。1回戦から強豪校と当たってしまう生徒もいましたが、そうした中でも、自分のできるベストを尽くし、初戦を突破できた生徒が多かったのは収穫でした。

今大会では、2年生の鈴木さんが4回戦まで勝ち上がることができました

 

●館林女子高校と桐生女子高校と練習試合

学年別大会の次の日には、館林女子高校さんを会場に桐生女子高校さんと久喜の3校で練習試合を行いました。連日の試合となり、この日もかなり暑い日でしたが、先日の内容を踏まえた卓球をできたと思います。

対戦した両校とも群馬県の学校で大会が近いということでしたので、シングルスの試合に加えて、ダブルスの試合も多く行いました。参加生徒が多かったので、3セット先取の試合でしたが、自分の持っている長所をうまく活かした展開に持ち込むことができました。お盆休みを迎えるにあたって、夏休み前半の成果を確認することができた内容であったと思います。

館林女子高校、桐生女子高校の皆さん、顧問の先生ありがとうございました。

 

●小山市オープン卓球大会

お盆休みに入る前日に、久喜は栃木県の小山市で行われたオープン大会に参加してきました。この大会はダブルス1本、シングルス2本で競われる団体戦で行われます。オープン大会ですので、社会人の方もいますので、高校生とは違った戦術と対戦することができました。

最初の試合は緊張も見られましたが、セットをこなすにつれて思い切って攻める卓球を出していくことができていたと思います。

競った場面でも思い切ったサーブや攻撃をすることができたり、チームとして盛り上がって卓球をすることができたりと、4月の段階と比べて確かに成長しているなと実感することができたのではないでしょうか。

まだまだ、改善していかなくてはならない部分は多く残っていますが、卓球部全体で頑張り抜くことができれば、きっとさらに成長できるはずです。

7月の卓球部

1学期の期末考査が終わり、夏休み前半までの卓球部の活動をお伝えします。

 ●越谷ワンピース卓球大会

期末考査が終わってすぐの7月上旬に、越谷市総合体育館でワンピース卓球大会というオープン大会に参加してきました。オープン大会ですので、高校生だけではなく、大人や男性とも試合を行います。普段はあまり試合を行うことのない選手とも対戦できますので、良い経験となったのではないでしょうか。

広い会場で空調もあり、良い会場でした。

新しいサーブや日々の練習で頑張って強化した技術を、みんな十分に発揮していました。今回はあまり勝率を気にせずに楽しむようにと試合に臨みました。

大会終了後は、片付けまでしっかりと行いました。4~7試合くらい行った中で何を学んだでしょうか。うまくいったことも、そうでなかったこともメモに残すなどして振り返れるようにしておきましょうね。

 大会運営関係者の皆さん、ありがとうございました。

 

●越谷南高校と練習試合

夏休みに入りました。7月の下旬になってから猛暑が続いていて、卓球場はひどい暑さでした。越谷南高校さんも久喜も水分補給をしっかりと取って試合を行いました。

シングルスを中心に行いました。これまでの練習では、3球目攻撃を意識して取り組んできましたので、とにかく思いっきり攻めていくことを心掛けてもらいました。

この練習試合が初めての試合であった生徒もいましたが、自分の持っている最大限の力を出して試合をすることができました。越谷南高校の生徒の皆さん、顧問の先生ありがとうございました。

 

●春日部女子高校と練習試合

 夏休みは練習試合が続くことが多かったですが、生徒はそれに少し疲れながらも、集中して試合に向かっていました。春日部女子高校さんとの試合でも、前回の練習試合の成果を踏まえて、サーブやコースなどをよく考えて取り組んでいる印象を持ちました。

試合結果だけではなく、自分が練習してきた内容、その成果が発揮できたのかどうかを振り返るようにしましょう。練習試合はあくまでの練習の延長ですので、負けても次があります。しかし、本番のトーナメントでは負けた瞬間に終わってしまいます。試合本番で勝てるような卓球を目指しましょう。

春日部女子高校の皆さん、顧問の先生ありがとうございました。

 

6月の卓球部

久喜高校のホームページが新しくなりましたね。

久しぶりの更新となってしまいましたが、夏休みに入るまでの卓球部の活動をお伝えいたします。

●中高交流卓球大会

6月の上旬に春日部市総合体育館において、中高交流卓球大会が行われました。この大会は中学校のルールで行われ、6人で団体戦を組みます。久喜高校は予選リーグを突破して決勝トーナメントに進出しました。結果はベスト8でした。3年生の先輩もこの大会に参加してくれました。忙しいところありがとう!!

 

 

●杉戸高校と練習試合

6月下旬に杉戸高校さんと練習試合を行いました。場所は久喜高校で行いました。3年生が引退して新体制になってから初めての練習試合となしました。この日は参加人数も多く蒸し暑い日でしたので、2セット先取で行いましたが、そのおかげで、一人一人がたくさんの試合を経験することができました。

2年生は中学校の後輩や知り合いとも試合をすることになりました。高校での練習の成果は出せましたでしょうかね。

手の空いている生徒は審判を率先して行ってくれたおかげで、スムーズな試合となりました。

杉戸高校の皆さん、顧問の先生ありがとうございました。

 

中学生のみなさんへ 卓球部紹介その1

こんにちは、卓球部です!
中学3年生のみなさん、いよいよ夏休みになりますね。志望校はどうしようかとか、勉強頑張ろうとか、自分の進路に向けて大事な夏になると思います。今回は、卓球部に所属している選手に久喜高校卓球部はどんな部活なのかお話を聞きましたので、それを紹介したいと思います。志望校を考える一つのきっかけになれば幸いです。

今回は2年生の部長からお話を伺いました。

Q1.卓球部の活動について教えてください。
私たちは、基本的に月曜日から土曜日に活動しています。週末は練習試合をしたり、一般の大会に出たりします。東部地区だけでなく、他地区の高校や、県外の高校とも練習試合を行うので、さまざまな戦型の選手と試合ができます。一般の大会ではいろいろな年齢の方々と試合をするので、高校生にはいない戦型の方と試合をしたり、アドバイスを頂けたりとても勉強になります。
朝練は希望者がいたら自主練習という形でやっています。

Q2.久喜高校卓球部の良いところは?
1つ目の良いところは雰囲気だと思います。1,2年生仲が良く、優しく個性豊かな部員たちです。休憩中や部室では笑いが絶えずにぎやかです。
2つ目は成長できる環境だと思います。卓球経験者の顧問の先生方と、切磋琢磨し合える仲間たちのおかげで、私も日々成長していると感じています。選手一人一人が目標を持って真面目に練習に取り組んでいるのは本当に良い環境です。

Q3.部活動を通じて学んでいることは?
声かけをすることの大切さです。私は部長を務めていますが、私が困っていると、仲間が「手伝うよ」と声をかけてくれたり、普段から「何か手伝うことある?」と積極的に声をかけてくれます。その一言にとても助けられていて、私も普段から周りに気を配り、声かけしています。

Q4.中学生へ
久喜高校で一緒に卓球をしましょう!楽しすぎて、あっという間の3年間になりますよ!


本校では、7月27日(土)に学校説明会があります。また、この日に卓球部では部活動見学を予定しております。もし高校生と打ちたいと思う方は、着替え、シューズ、ラケット、タオル、水分をご持参ください。経験者・初心者問わず久喜高校卓球部に少しでも興味を持って下さった中学生の方々、まずは体育館2F(卓球場)に足を運んでみてください。お待ちしてお
ります!

国体予選結果

 こんにちは、卓球部です!更新するのが遅くなってしまいましたが、試合結果の報告です。
6月24日(月)国体予選に参加しました。結果としては、2年生の鈴木さんが4回戦まで進出することができました!!
緊張している様子も多々見受けられましたが、選手全員が自分の良さをだそうと一生懸命頑張っていました。




自分の試合が終わってしまった後も、上手な選手のプレーを見ながら、仲間とコミュニケーションを取っていたりと、卓球に対して真剣に向き合っている様子もあり、改めて、久喜高校卓球部の良さを感じることができました。だからこそみんなでいい思いができるよう頑張らせたいと思います!

久喜高校は、昨日で期末考査が終わり、練習を再開しました。今年はまだそんなに暑くないですが、熱中症に気をつけながら、卓球を楽しんでいきたいと思います。

栗橋北彩、春日部東と練習試合 

こんにちは、卓球部です!

6月14日(土)に、栗橋北彩高校と春日部東高校と3校で合同練習試合を行いました。新チームになって初めての練習試合で、自分から積極的に攻撃を仕掛けることを目標にしていましたが、どの選手も常に攻める姿勢を持ち試合をすることができていたと思います。日々の練習や練習試合で各々が目標を持ち、それを達成することの繰り返しが勝利への近道だと思います。これから夏の大会に向けて、国体予選や学年別大会をはじめ、練習試合もたくさんこなす予定です。夏の大会でいい思いができるように頑張ってほしいと思います。

栗橋北彩高校、春日部東高校の選手と顧問の先生、練習試合ありがとうございました。

       

学総体東部地区大会を終えて

今日で平成も終わり、明日から令和がスタートしますね。今日の練習でとある部員が「令和元年度」って「ガンネンド」という響きが、硬い粘土みたいで嫌だというコメントをしていましたが、まだ令和という年号に慣れませんね(汗)

先日の水曜日から金曜日にかけて、卓球部は春日部市総合体育館で行われた学校総合体育大会東部地区予選会に参加してきました。

結果は、髙草木・鈴木ペアがベスト16に入り、県大会出場となりました。昨年度の冬から休むこともなく練習を続けてきたので、成果が出て何よりでした。

3年生はこの大会が最後の公式戦で、どの選手も善戦したのですがランク入りを果たすことはできませんでした。
特に団体戦では、新人戦ベスト8のシードを守り切ることができず、県大会出場とはいきませんでした。団体戦の試合結果は以下の通りです。
 2回戦(1回戦シード) 久喜 0ー3 越谷北高校
 敗者復活1回戦      久喜 2ー3 草加東高校

 
シード校として緊張とプレッシャーを感じてしまい、思うように動けず、攻撃的なプレーができなかった印象を受けました。実力を発揮させてあげることができず、緊張を十分にほぐすことができなかったことが非常に悔やまれます。もう一度練習を考え直して、9月に行われる東部支部大会に向かいます。

5月の連休中に県大会ダブルスの部がありますので、そこでは実力通りのプレーができるようして試合に臨みます

卓球部の保護者の皆さまには、連日のユニフォームの洗濯、朝早くからのお弁当の準備などご協力ありがとうございます。生徒さんたちが練習しやすい環境の整備を今後も努めて参ります。今後とも卓球部の応援をよろしくお願いいたします。

羽生実業高校と練習試合

もう3月も終わり、明日から4月ですね。久喜高校のも満開です。新入生は期待と不安でいっぱいのことでしょう。新2、3年生は春休みの宿題は順調でしょうかね

久喜高校は先日、羽生実業高等学校さんと練習試合を行いました。人数はそれほど多くなかったこともあり、一人がたくさんの試合を経験することができました。



この日は男子生徒も来てくれたので、力強いドライブのボールを受けることができました。フォア同士のラリーでは競り負けてしまうので、コース取りが重要になります。


先手を取ることを注意してきた甲斐もあって、積極的なプレーになってきた気がします。まだまだミスもありますが、厳しいコースを突くなど戦術も上がっていますね。


サービスは一球目攻撃と言われるくらい重要です! このところサーブ練習を何度もやっていますが、一番手っ取り早く伸びるのがサーブです。練習あるのみ!

春休みの練習試合もこれでひと段落ですね。まだツッツキやラケットの角度の甘さなどの改善点はありますが、ひとまずは自分の長所を意識した戦型ができてきました
無理なボールに手を出さず、自分が得意とする範囲でプレー出来れば勝率も上がります。
とにかく凡ミスを減らして、相手のコートに一本でも多くのボールを返せばチャンスは生まれます 強いスマッシュばかりが卓球ではありません。コースを突いて、ミスなく安定したプレーの方が相手にプレッシャーを与えられます
学総体までの期間でどれだけ伸びるかは分かりませんが、悔いの残らないようにやれることは全てやってください。

羽生実業高校の顧問の先生、生徒の皆さん、久喜高校にお越しいただき練習試合をありがとうございました。