ソフトテニス部の活動の様子

ソフトテニス部

春季東部地区リーグ戦女子一部

結果は準優勝
優勝 昌平高校、3位春日部東、4位草加、5位春日部女子でした。
新人戦敗者復活でやっとこ県大会のチームが、ここまで戦えるようになりました。
連戦の疲れや熱中症でやられる選手もでて、満身創痍のチームですが、接戦で
もしぶとく練習の成果を発揮できるまで成長しています。
昌平高校とは、まだ埋められない実力差がありますが、他はどこも同じ。
エース不在の久喜が、4ペア総力戦で挑んで得た結果でした。みんな高校入って
本格的に取り組んでいる生徒たちです。よくがんばった。
明日は、高校県南選手権個人戦です。シードとばさないと、シードもらえません。
地区予選に向けて、スタートダッシュしていきましょう。

YONEX杯参加してきました

静岡から秋田まで関東中心に熱心な高校が、熊谷ドームとさくら運動公園を会場に
集まって来ました。今年も35校が32面のテニスコートで5日間テニス漬けの日々を送り、
技を競います。例年雨に降られドームのありがたさを実感しておりましたが、今年は
天候に恵まれ暖かい日が続きました。
結果より経験を積むことを目的に、たくさんの試合をすることが出来ました。
お世話になった学校さま、列挙します。有難う御座いました。
八戸工大一、秋田西、盛岡誠桜、花巻南、酒田東、村上桜ヶ丘、長岡商業
田川、上田染谷丘、多賀、大田原女子、宇都宮中央女子、吾妻中央、高崎女子
日体桜華、松戸六実、西武台千葉、柏中央、相模女子、みなと総合、向上、
甲斐清和、水戸桜の牧、富士河口湖、静岡商業、三島南(埼玉を除く)


昨年、ミラクルで準優勝してしまい、ちゃっかり表紙に掲載されてます。
ちなみに来年は、載りません。

横断幕新調!

先日卒業された先輩たちから部へ記念品をいただきました。
11年間、毎日掲げられた古い横断幕は、ボロボロの状態でしたが、
ピカピカの鮮やかな色に再現されています。
ここで毎日、部員たちを見守ってくれていたと思うと愛着がわきますね。
力戦奮闘
気分一新、新しい横断幕を掲げ、これからもがんばっていきましょう。
卒業生のみなさん、ありがとうございました。

ファミスポ杯参加

2月2日(土)足利市総合運動公園でおこなわれたファミスポ杯に参加してきました。
予選リーグ
桐生女子に3-0勝利
足利女子に3-0勝利 一位通過
決勝トーナメント 伊勢崎清明に1-2で敗退
ファイナルセットまで追い詰めましたが、逃げ切られ逆転負け。
どこも雪の影響で練習不足ありありでしたが、この時期の大会は、経験不足を補うのにうってつけでした。
練習モードから試合モードへのスイッチの切り替えが課題ですが、ミスで動揺し、自滅することのないよう進歩してきました。予選リーグでは、「がまん」を合い言葉に相手が崩れるのを待ち、ひたすら耐え、勝てるようになりました。
花は可憐だけど、河原にも自生するたくましさを発揮し実を結ぶナデシコたち。
発芽の時期まで、あと少しの辛抱です。

技術講習会参加

現役全日本選手、ヨネックスの森田・黒木さんを講師に招き、文教大学の部員さんにお手伝いいただき、1月8日久喜総合運動公園にて技術講習会に参加しました。
一段と厳しい寒さにアップやフットワークを多く取り入れ、実際に動きながら講習に取り組み、充実した一日になったのではないでしょうか。
豪華な指導陣の解説に目を見張る模範演技、参加者全員次元の違いに圧倒され、見よう見まねでショットするもうまくいかない場面も。
マンネリになりがちな冬の練習もたくさんの宿題と課題をいただき、刺激になりました。
荷物にならないおみやげをたくさん頂き、明日から始まる新学期、元気出してスタートしていきましょう。

ソフトテニス部も始動しました

あけましておめでとうございます
千勝神社に初詣ランニングし初打ち、お昼は保護者の皆様がお雑煮をつくってくださり、
おいしく頂きました。1年の抱負を全員が語り、新たな目標に向かって全員が決意を確認する場でもあります。
インターハイ出場したOGの方も加わり、午後には熱心に技術指導を受けている部員もいました。
今年もよろしく応援のほどお願いいたします。

県高校インドア大会参加

12月26日(火)平成29年度埼玉県高等学校インドア大会 兼 第43回関東高校選抜埼玉予選会が
所沢市民体育館で行われました。
この大会は、県新人戦でベスト16校に出場資格が与えられ、全国選抜へつながる大会でもあります。
かつて関東インドアも行われたこともある所沢市民体育館は、コートが4面余裕でとれ、観客席も
広々と素晴らしい施設でした。
さて結果は、1回戦坂戸西高校にあたり0-3であえなく敗退でした。その後対戦校は順調に勝
ち上がり決勝リーグへ駒を進めます。リーグ4校のうち唯一県立校として健闘してくれました。
初めてインドアでの試合を経験するものがほとんどで、本来の力を発揮できずに終わってしまいま
したが、良い経験ができました。来季に向けてこの経験を生かしていきましょう。

インドア練習開始


体育館を使わせていただく期間が限られるため、貴重な時間を有効に使います。
不要になったバレー支柱を切断し塗装し直し手作りのポールです。
年末のインドア大会に向け、少しでも体育館のサーフェスに慣れが必要です。
屋内の練習は、音が響きバウンドが高く、自分がうまくなった錯覚に陥ります。
ここで急に伸びる選手がいます。
やはり気持ちよくテニスするのが上達の近道ですか。



新人戦県大会終了

11月10日金個人戦 狭山智光山運動公園
11月14日火団体戦 熊谷さくら運動公園
地区予選から約一ヶ月経過しどのくらい成長したでしょうか。
待ちに待った県大会です。予選も厳しいものでしたが、初出場の部員ばかりのデビュー戦に近い状態です。
個人戦、堅さで動きがぎこちなかったですが、3チーム全てファイナルで初戦突破。
2試合目は、シードと対戦し実力の差を実感しました。
そして、日を改め団体戦。
初戦三番勝負のすえ、小川高校に競り勝ちベスト16になりました。
これで5年ぶりのインドア大会出場権を獲得し目標達成です。
8決めでは、またも昌平高校と対戦し惜しくも0-2で敗退しました。
夏よりレベルアップした試合が展開できたと思います。
まだ伸びしろ十分のチームです。今後の成長を期待しましょう。





新人戦東部地区予選

9月26(火)29(金)大宮第2公園テニスコートにて新人戦地区予選が行われました。
個人戦は7ペアエントリーし3ペアが予選通過、団体もベスト7に入り辛くも県大会出場です。
枠外どころか県大シードもとれないピンチでしたが、なんとか予選通過し県へ出場することが出来ました。とくに団体1回戦1-1で迎えた3番勝負、ゲームカウント0-3の0-2まで追い詰められ、あと2ポイントで敗退からのミラクル挽回劇でした。
全員初めての県大会ですが、11月の県大会にむけ、さらに成長を期待したいと思います。
応援よろしくお願いいたします。