陸上競技部の活動の様子

陸上競技部

筑波大学で練習会

遠征第三弾です。12月28日(金)~12月30日(日)にわたって、筑波大学で合同練習会が行われていました。筑波大学の学生や監督に陸上を教えていただきました。
練習会には山形の高校も参加し、普段とは違う雰囲気での練習会となりました。

  
  
  
昨年までは千葉で行われている合宿に参加していましたが、今年は予定が合わず筑波大学にお世話になりました。
冬休みに入り遠征が続きましたが、冬休みの遠征はこれにて終了です。

東部地区合同練習会

遠征第二弾です。12月24日(日)に、しらこばと運動公園にて東部地区合同練習会が行われました。
毎年冬季になると東部地区の高校で集まり、年に2回ほど練習会を行います。
各種目ブロックに分かれて各校の先生方に練習を見ていただきます。

様々な種目がある陸上競技のため、学校の顧問によって専門種目が変わります。
久喜高校でいえば顧問の専門は投擲と長距離になります。先生によって得意な種目が変わります。
もちろん全ての種目を見るわけですが、専門家には及ばないことも多いです。
たくさんの高校の先生方が集まることによって、全ての種目を普段以上にしっかりと観れる、学べる、そんな練習会でもあります。

  
生徒にとっては外部で友人をつくったり、しっかりと専門を学べる機会です。皆一生懸命行っていました。出来れば違う学校にも友達をたくさん作ってもらいたいです。

平成国際大学クリニック

学校のネットワーク工事の為、報告が遅くなってしまいました。
12月23日より冬季休業が始まり、様々なところへ遠征に行ってまいりました。

まずは第一弾。

12/23には平成国際大学を会場にして行われた陸上競技クリニックに参加しました。

久喜高校にも頻繁に来てくれる西村三郎先生が中心となり、全国から一流の研究者たちをお招きしました。豪華なメンバーが勢ぞろいしました!

 

講師陣は以下の通り

西村三郎先生(平成国際大学)※短距離担当

木野村嘉則先生(愛知東邦大学)※跳躍担当

松下翔一先生(秋田大学)※跳躍担当

松崎玲先生(国士舘大学)※投擲担当

濱田風花選手(秋田大学)※跳躍担当

参加校は久喜高校、草加西高校、幸手桜高校、久喜北陽高校の4校です。

午前はInBodyで体組成の計測、トレーニング論の講演会

 

     

かなりレベルの高い内容を、高校生向けに噛み砕いて分かりやすく教えてくれました。

午後はコントロールテストと実技講習です。
 
   

今回企画からあらゆるマネジメントまで担当してくれた西村先生をはじめとして、遠くからお越しいただいた講師陣のみなさんには感謝してもしきれません。

間違いなく埼玉で最も高レベルなクリニックとなりました。

本当にありがとうございました。


壮行会

本日終業式の前に陸上競技部・放送部の壮行会をしていただきました。

陸上競技部としては、2019年2月17日に兵庫県神戸市六甲アイランドにて行われる
「第30回U20選抜競歩大会 5km女子の部」の出場資格を得ることが出来ました。
全国大会に該当する大会にあたるため、学校をあげ壮行会が行われました。

  

2年連続での出場になります。生徒共々頑張ってまいります。

大会情報

大会名:第102回日本陸上競技選手権大会 男子・女子 20km 競歩
    兼 ドーハ 2019 世界陸上競技選手権大会 男子・女子 20 ㎞競歩日本代表選手選考競技会
    第30回U20選抜競歩大会 
期 日:2019年2月17日(日) 9:00開始
場 所:兵庫県神戸市六甲アイランド甲南大学周辺コース(日本陸連公認コース) 

平成国際大学の西村先生が来てくれました!

本校陸上競技部は「陸上ファンにとっての待ち合わせ場所」を目指しています。
外部から臨時特別コーチに来てもらう機会を今年は多めに設定しました。たくさんの人と関わることが、競技パフォーマンスの向上だけでなく、人間力の形成に大きくかかわってくると思っています。「オレの言うことが正しいからオレの言うことだけ信じろ」という教育ではとても達成できません。

今回来てもらったのは近所の平成国際大学陸上競技部で短距離コーチを務めている西村三郎先生。彼自身は大学時代100mの選手として10秒72で走るトップスプリンターでした。
(顧問の益子のチームメイトでもあります)
現在は研究者としてスポーツ科学の発展に貢献しています。

11月には久喜高校陸上競技部が平成国際大学にお邪魔してInBodyで体組成を計測し、
短距離の指導を受けました。
西村先生のピースサインはこちら↓


西村先生の研究の一環で短距離陣をなんと週一ペースで指導してもらえることになりました。丁寧なドリル指導で生徒の動きがよくなってきたところでビデオ撮影です。


撮影しながら短距離の動きについて語る西村先生。益子も一緒に勉強しています。

走フォームを細かく分析して解説する西村先生

BOXを使った接地の短いジャンプトレーニング
心強い味方もできて、久喜陸パワーアップの予感です!

東部地区駅伝大会

12月16日(日) 平成国際大学を会場にして「東部地区駅伝」が行われました。
今回は羽生第一と合同チームで出場をしました。
午後にはロードレース大会も行われ、本校の部員も参加しました。
また、駅伝に出場しない部員達には大会の補助も行ってもらいましたが、他校の応援や交通整理をしっかり行ってくれていました。

駅伝の結果は合同チームとしての参加のため、入賞はできませんでしたが、実力的には8位でゴールすることができました。
ロードレース参加者もしっかり走りきることができました。

  
  

合同練習会

12月15日(土)に春日部緑中学校と合同練習を行いました。
同時に「東部地区駅伝大会」に向けて羽生第一高校とも合同練習です。

現在2年生は修学旅行中のため、1年生が中学生に教えることになります。
不安もありましたが、予想以上にしっかり行ってくれました。
少しずつお姉さんへと成長しているようです。

  

加須こいのぼりマラソン

12月2日(日)に行われました「加須こいのぼりマラソン」を見学してきました。
生徒自ら、個人で参加すると申し出てきたため応援に行ってきました。

沢山の一般参加者のほかに、沢山の開智未来高校、不動岡高校の生徒を見かけました。
話を聞けば長距離走の一環として学校で参加しているようで、不動岡高校は18年目だそうです。

そのほかには近隣の学校が部活単位で参加していたようです。中学生、高校生、大学生。
また、親子マラソンなどは地域ぐるみで参加しており、とても楽しそうな雰囲気でした。

久喜の生徒が参加したのは「高校生女子の5km」でした。試合で5kmを走ったこともなく、沢山の集団に囲まれてのレースでしたが、最後まで頑張って完走してくれました。

会場内では加須名産のうどんや埼玉の名産品などたくさんの出店も並び活気がありました。
たくさんの人が楽しそうに走っており、こちらも活力をもらえました。

  

創立百周年記念事業@陸上教室開催

11月24日(土) 14:00から久喜ジュニア陸上クラブさんにご協力いただいて
久喜高校創立100周年記念事業 ジュニア教室を開催しました。

高校生が小学生に陸上を教えるという企画でしたが、
久喜の高校生も小学生に陸上を教えるのは初めてのこと。
もしかしたら誰かに陸上を教えることが初めての子もいたかもしれません。

前半は準備体操からしっぽオニ、後半は各専門種目に分かれて活動をしました。
終始、元気に走り回る小学生たちに押されっぱなしの高校生、教員たちでした・・・。
小学生のパワフルさに圧倒されたものの、楽しい時間を過ごせました。

  
  
  

協力してくださった久喜ジュニア陸上クラブの方々や、参加してくださった皆さまに感謝を込めて。
ぜひまたご縁がありますように。このたびはありがとうございました。



NPO法人スポーツコミュニティ久喜東
http://npokukihigashi.sakura.ne.jp/

久喜ジュニア陸上クラブ ブログ
https://ameblo.jp/kukijr/

合同練習

本日、県民の日に杉戸中学校、騎西中学校と合同練習を行いました。
練習会場は本校を使用しました。
どちらの中学校も陸上競技部の人数が多く、圧倒されてしまいました。
  
  

お忙しい中、本校まで来ていただき、ありがとうございました。
本校の部員たちにとって、よい経験をさせてもらえました。