バレーボール部の活動の様子・部日誌

スタートはみんな同じ

今、バレーボールが上手いと言われている人も
やり始めた時は、みんな一緒!何もできません。

そこからどんな努力をしたのか、諦めなかったのかが今に繋がっている。
「できないこと」が「できた」時の喜びを知っている。
そして自分から積極的に取り組んだ時期があったはずだ。
または、負けて悔しくて「頑張った」時期もあったと思う。
どちらにしても自分の「やる気のスイッチをもっている

まだまだこれからの人は、この上手くなる瞬間がくるまで
がんばり続けよう!チャンスは、必ずやってくる。

競技を究めると自然と無駄のない美しい動になる。
この動きは、見る人を感動させる動きの美しさとなる。