卓球部

2学期前半の練習試合

中間考査も終わり、また部活動が始まりましたね。9月の東部支部大会の結果を踏まえて、今度は1月の新人戦に向けて練習をスタートさせました。遅くなってしまいましたが、中間考査までに行った練習試合についてお伝えします。

 

●淑徳与野高校と練習試合

 東部支部大会が終わった後に、南部地区の淑徳与野高校さんにお邪魔して練習試合をやらせていただきました。淑徳与野さんの卓球場はとても広く、快適な環境で試合を行うことができました。大会後すぐの練習試合でしたので、改善点は残っていますが、試合中の部員を率先して応援したり、セット間にアドバイスをしあったりと、夏に取り組んできたチームワークの点では大きく進歩できました。

   

冬に向けては、ツッツキの精度を高めていくことを目標にしようと言いました。それを意識してレシーブなどが普段よりも少し安定していたように思えました。がむしゃらに攻めるのではなく、コースや相手の様子などをよく見て打ち分けることを意識しましょう!

淑徳与野高校の顧問の先生、生徒の皆さん、会場の準備や練習試合をありがとうございました。

 

●不動岡高校と練習試合

中間テスト前の最後の練習日となった今日は、同じ東部地区の不動岡高校さんにお邪魔して練習試合をしました。9月の大会で、不動岡高校さんは団体戦の部で準優勝しており、全県単位の12校リーグに出場する強豪校です。

夏以来の練習試合となりましたが、夏休みに行った時よりもリラックスしてプレーできていたように思えました。しかし、東部支部大会で見えた各々の弱点はまだ多くあり、惜しいところで競り負けてしまう場面も少なくありませんでした。スマッシュを決めて1点取っても、簡単なミスをしても何度も繰り返しているようでは勝つことはできません。普段の練習から変えていきたいですね。

  

今回は、団体戦形式での対戦も行いましたが、それには3-2で久喜が勝ちました。新人戦の団体戦では、これを励みにして、9月の大会よりも上位を目指したいですね。

不動岡高校の顧問の先生、生徒の皆さん、会場の準備や練習試合をありがとうございました。