卓球部

東部地区三校合同練習試合

梅雨の季節に入り、じめじめと蒸し暑い日々が続いています。卓球のラバーは湿気と乾燥を嫌いますので、卓球部にとっても嫌な時期です。
先週の6月17日(土)は、誠和福祉高校、幸手桜高校の二校を久喜高校にお呼びして、東部地区の三校で練習試合を行いました(試合風景を撮り忘れてしまったので、今回は文字だけです…すいません)。

久喜高校は、誠和福祉高校と団体戦も行いました。結果は3-1で久喜高校が勝つことができました。誠和福祉高校のダブルスは県大会に出場している強豪なので、ダブルスの試合でしっかり勝利することができたのは大きな収穫です。
その後の個人戦でも、生徒が積極的に試合を申し込んでいました。同じ東部地区ということでライバルでもあり、卓球を競技する仲間でもあるので、この練習試合を通して交流を深めてほしいと思います。
また、この試合がデビュー戦の1年生もいましたが、試合に出場した1年生はみんな初勝利を飾ることができました!!日々の練習の成果が出ましたね。おめでとう!!

今回の練習試合は、3年生から2年生に代替わりして初めての試合でしたが、先輩たちが率先して準備し、後輩に的確な指示を出してスムーズに終えることができました。日ごろの部活でも、後輩の技術指導をしてくれて、いつも助かってます。
今回の試合を通じて、みんな自信がついたんじゃないかな。この経験をうまく活かしていきましょう。


練習試合をしてくださった誠和福祉高校、幸手桜高校の卓球部の顧問の先生、部員の皆さま、ありがとうございました。また今後ともよろしくお願いいたします。