書道部の活動の様子

夏休み中の書道部

夏休みが終わり、2学期が始まりましたね。久喜高校は明日からの文化祭に向けて準備しています。

書道部も夏休み期間を使って、作品制作に取り組みました。

夏休み前半は書道室が改修工事で使えなかったので、ほかの教室を使用していました。例年通りに、部屋中には完成した作品がつるされ、大きな作品はに下敷きを使って書きました。

  

夏休み後半は書道室で作品の装丁作業に入りました。アイロンといわれる大きな機械を使って作品のしわを取り、掛け軸に張り付けます。掛け軸に合うように余計な部分はカッターで切るのですが、これが難しいのです。先生に真っ直ぐに切るやり方を教わり、友達と協力して取り組みました。

  

大きな作品から小さな作品まで、さまざまな作品が完成しました。

1年生は初めて経験する作業も多かったですが、先輩に確認しながら、一生懸命に取り掛かりました。

  

文化祭には、部員たちが書いた素晴らしい作品を展示していますので、ぜひお越しください。