図書館NEWS

【図書館】オンラインでボードゲーム会を実施しました。

9/24、27の放課後に図書委員会ボードゲーム班とオンラインでイベントを実施しました。

分散登校で奇数と偶数が交互に登校している状況なので、

登校しない日の放課後にGoogle Meet(ビデオ会議ツール)を使い、『ito』というゲームを遊びました。

『ito』は、自分に与えられた数字を、お題に沿った言葉で伝え、小さい順に出していくゲームです。

本来は対面で実施するゲームですが、以下のような流れでオンラインでの実施をしました。

※ルールを一部省略しています。

 

①自己紹介と図書委員によるゲーム説明

②参加者1人1人に数字のカードを提示

 (対面実施の場合はカードを配布しますが、オンラインのため代替策です。)

 他の人の数字は見ないように、目をつむってもらいました。

③テーマカードを見せて、参加者にお題を選んでもらう

 「食べものの人気」や「言われて嬉しい言葉」などが選ばれていました。

④思いついた人から数字を言葉で表現、どの言葉が小さい数字なのかを相談

⑤小さい順にカードを出していく

 カードに名前の付箋をつけているので、出す人が決まったら司書がカードを画面に映します。

⑥小さい順にカードが出せたら成功

 バレー部の皆さんに多く参加していただき、そのチームワークのおかげもあるのか高い成功率でした。

⑦最後に関連本の紹介

 ゲームのデザインとイラストを担当されている326(ナカムラミツル)さんの本や

 謎解きの本、TRPG(テーブルトークロールプレイングゲーム)の本を紹介しました。

 

「数字を物事に例えるのは難しかったが楽しかった」、

「価値観の違いにびっくり」、「またやってみたい」などの感想をいただきました。

参加してくださった皆さん、ありがとうございました。