日誌

WJBL久喜大会無事終了!

KUKI GYMRATS、毎日興業、羽田ヴィッキーズ、越谷アルファーズの関係者で準備してきたコラボ企画が本日無事終了いたしました。

 

WJBLの試合前に行われたエキシビジョンマッチは昌平高校vs東部選抜で行い、来週行われるウインターカップ埼玉2次予選に向けて、東部支部の仲間たちで昌平を送り出そうというコンセプトで今回のゲームをマッチングしました。

内容の方はいろいろと反省もありましたので、ここでは詳しく述べませんが、とにかく、昌平高校の皆さん、東部支部代表として2年連続WC出場を掴んでくださいね!

東部支部のみんなで応援しています!

試合の雰囲気は春日部女子の雪野先生が作成したこちらの動画をご覧ください。

 試合後に羽田の津村選手と東部選抜で記念撮影!

さて、WJBLの試合に関しては、KUKI GYMRATSは裏方で沢山働かせていただきました。

チケットのもぎり、運営の補助、DJのサポート、コートスイーパー、設営などなど。

他の高校では経験できない貴重な体験を通して、色々なことを学べた1日になったと思います。

そして、日本代表選手への花束を贈呈するプレゼンテーターを毎日興業の方より是非KUKI GYMRATSの選手にやってほしいと依頼があり、本橋選手には梅田市長、渡嘉敷選手にはカク、林選手にはリョク、宮澤選手にはアキが花束を贈呈させていただきました。

また、試合後にはこのゲームのMVPを獲得した渡嘉敷選手にはハル、MIPを獲得した津村選手にはマサがプレゼントの贈呈をさせていただきました。

今回のプレゼンテーターの5人は先日の中間考査と毎週行われる英単語テストの結果で選出しました。

努力し、頑張っていればいいことが必ずあると私は信じています。

JXさんから頂いた㊙グッズは期末考査と今後の英単語テストの結果で決めたいと思いますので、選手の皆さんは今後も文武両道で頑張りましょう!

そして、この様な沢山のチャンスを下さった毎日興業の方々のお心遣い、本当に感謝申し上げます。ありがとうございました。

 試合の方は羽田の勢いをJXが止められずにいましたが、丹羽選手のアクシデントから流れが変わり、後半はJXにペイントを支配され、そこからJXの怒涛の攻撃を止められず74-99という結果で敗退しました。しかし、東部支部出身の津村選手をみんなで応援できたことは非常に喜ばしい環境でした。

次に津村選手に続くのは誰でしょうか?楽しみにしたいと思います。

そして、来年もこのような大会を開催できるように頑張りたいと思います。

WJBLの試合後はBリーグ使用に会場を転換する必要がありましたので、こちらもKUKI GYMRATSはお手伝いさせていただきました。

また、越谷アルファーズvs香川ファイブアローズでは、コートスイーパーをヒロ・ユズ・ソラ・エンの4名で行いました。

3×3U18東日本エリア大会でKUKI GYMRATSが使用するユニフォームには何と越谷アルファーズと毎日興業のロゴが入っております。

そのお礼の気持ちを込めて、今回は3×3に出場するヒロ・ユズ・ソラがお手伝いしました。

様々な方に応援していただいて今のKUKI GYMRATSがあることを選手たちは実感できたと思います。

私自身、改めて「人の繋がりの大切さ」を実感した1日でした。

今後も人とのつながりを大切にし、繋がりから新たなものを生み出し、KUKI GYMRATSの選手には、他の高校では経験できないような様々な環境を作っていきたいと思います。