日誌

【バスケットボール部】Athlete Zoo Vol.11

昨日は「Athlete Zoo」Vol.11が開催されました。今回から私(早川)はバディとして関わらせて頂く事になり、新たな出会いが沢山ありました。また、KUKI  GYMRATSからは1年生3名が自主的に参加しました。

今回のテーマは「女性が活躍できるスポーツ現場と未来像」についてで、メインスピーカーはこれまで日本の女子サッカーに大きく貢献され、今秋開幕の【WE リーグ】の理事職に就任された小林美由紀さんでした。

女子サッカーという文化が日本にない頃に「無いなら作れば良い!」という考えのもと、 仲間と一緒に同好会や関東女子サッカー連盟を設立させ、アメリカ留学で海外とのスポーツ文化の違いを味わい、その素晴らしさを多くの学生に知ってもらいたいという想いからツアーを作り上げたお話などを伺い、ゼロから様々なものを作り上げるパワーや熱量にとても刺激をいただきました。

また、WE リーグの理念やビジョンなどもお聞きし、女子サッカーだけのことではなく、日本全体のスポーツ文化の発展を考えており、バスケットボール界も一緒に頑張っていこうと強く思いました。

今回の参加者は指導者だけでなく、高校生や大学生も参加しており、グループワークでは世代を超えてディスカッションできる場はとても魅力的でした。


KUKI GYMRATSから参加した2名の選手が最後に全体の前で質問までさせて頂きました。このような大人が多いウェビナーに参加すること自体、勇気が必要で1歩引いてしまう学生が多い中で、質問までできたことはこの選手たちにとっては貴重な経験になったことは間違いありません。
そんな、選手の成長を見れたことはとても幸せな時間でもありました。

参加した選手たちには今回の学びや考えたことを家族やチームメイトに共有し、学びを深めてほしいと思います。

【自分がやりたいことをやり、誰もが輝ける社会を創る】

バスケットボールの指導の中で、スポーツの価値を高め、新たなスポーツ文化を築いていきたいと思います。