日誌

WJBL久喜大会

10年以上の間、埼玉県ではWJBLの試合が行われていませんでした。

しかし、県協会の努力により、3年前から年に1~2回開催されるようになりました。

そして、今回、なんとKUKI GYMRATSのホームコートとも言える毎日興業アリーナ久喜でWJBLの公式戦が行われることとなりました。

しかも、何と先日のアジア選手権でMVPを獲得した本橋選手を要する羽田ヴィッキーズと女王JXサンフラワーズという好カードです!!

また、羽田ヴィッキーズには葛飾中学校・昌平高校卒業の津村選手、JXには春日部東中学校卒業の渡嘉敷選手もいます。

今回の開催を決定するまでに、毎日興業の方々や羽田ヴィッキーズの方々と沢山お話をさせていただき、ミーティングを重ねてきました。

そして、ついに10月26日(土)に実現することとなりました。

地元の体育館でこのような試合を観戦できることは大変幸せです!

KUKI GYMRATSの選手たちや東部支部の選手たちにいい環境を与えるためにも今回もたくさん動きました!!

 

WJBLの試合前に行われるエキシビジョンマッチは、昌平高校vs東部選抜チームとしました。

最初は東部選抜同士の試合にしようと考えておりましたが、昌平高校が11月3日にウインターカップの2次予選を控えていることと津村選手の凱旋試合ということもあるので、昌平高校を単独チームとしました。

また、東部選抜チームには、すでに引退している久喜高校と草加南高校の3年生も参加します!

両チームの3年生も本当は2次予選のコートに立ち、ウインターカップの1枠をかけて戦いたかったはずです。

しかし、それがかなわない今は、東部代表として残っている昌平高校を全力で応援したいという気持ちで3年生に参加を打診しました。

もちろん草加南高校と久喜高校はバスケでも学力?でもライバル校です。正直、中学3年生は両校見学して迷っている子が毎年います。しかし、お互いが足を引っ張るのではなく、見学に来た中学生にお互いのチームの良さを伝えています!

これが東部支部のアットホームで良いところだと思います。

中には嘘情報などを流し、足を引っ張る他校の先生もいるようで残念ですが。

 

話を戻しますが、このエキシビジョンマッチの観戦もチケットが必要ですので、観戦希望者は県協会から申し込むか早川までご連絡ください。

是非たくさんの方に観戦していただき、エキシビジョンマッチも羽田vsJXの試合も盛り上げていただきたいと思います。

 

KUKI GYMRATSの強化はもちろんのこと、WJBLやBリーグに関すること、3×3に関すること、国体に関すること、などなど沢山の仕事をこの数年間行っておりますが、全ては日本のバスケットボールを盛り上げるためだと思っております。

少し前までは、「テレビをつけたらいつでもバスケが観れる日本にする」という夢を持っていましたが、実現しつつあるので、次の夢を検討しております!

しかし、私がそのような仕事をすることで、KUKI GYMRATSの選手たちはプロチームやプロ選手、沢山のコーチと関わることができたり、様々な経験ができているので、他の高校には無い環境を作れております。

私立高校や他の公立高校とは、違った取り組みで選手育成を行い、今後も選手たちの目標実現に向け頑張っていきたいと思います。

KUKI GYMRATSの取り組みに興味がある中学生は是非学校にお越しください。

ご連絡お待ちしております。