日誌

【バスケットボール部】学校総合体育大会埼玉県予選第3位

準々決勝

KUKI GYMRATS 83−54 草加南

準決勝

KUKI GYMRATS 34−53 正智深谷

3位決定戦

KUKI GYMRATS 53−52 昌平

 

まず、今大会もトレーナーとして大会に帯同してくださり、選手の体と心のサポートをしてくださった木村先生をはじめ、はっとり針灸接骨院のスタッフの皆様、KUKI GYMRATSのスタッフの皆さん、保護者やGYMRATS ファンの皆さん、たくさんの応援とサポートありがとうございました。

 

目標であった香川インターハイ出場には届きませんでした。

 

私が準決勝1週間前にぎっくり腰になり、練習の指導や試合中のベンチワークで一緒に戦えなかったことが、選手たちに本当に申し訳ない思いと私自身一緒に戦えなかった後悔でいっぱいです。

 

準決勝の得点を見た方は「??」と思われた方もいると思います。

正智深谷高校のディフェンスも素晴らしかったですが、とにかくシュートが決まりませんでした。

苦しい場面でも選手たちはディフェンスをよく頑張っていましたが、少しのミスの積み重ねでこの結果となりました。

 

インターハイ出場が途絶え、気持ちの切り替えが難しい場面ではありましたが、3位決定戦の昌平戦ではロキがコートで仲間に声をかけ続け、最後はセナがフリースローを1本決めて勝ち切ることができました。

非常に価値のある1勝だと思います。

バイオレーションは勉強になりましたね(笑)

 

今大会は男女合わせてベスト4に残った公立高校は我々だけでしたので、よく頑張ったと思います。

しかし、選手はこの結果に満足していないはずです。

今大会の課題をしっかりと克服し、3年生にとっては全国へのラストチャンスであるウインターカップの出場枠をつかみ取れるように残された時間をしっかりと積み重ねていきたいと思います。

 

来週からは期末考査もあり、選手たちは大変だとは思いますが、文武両道でしっかりと目標実現してくれると確信しています。

 

期末考査が終わると、初めて出場することになった天皇皇后杯埼玉県予選が待っています。

 

この夏に大きく成長し、夏季東部支部選手権もウインターカップも良い報告ができるように頑張りますので、引き続き、応援よろしくお願いします。

 

また、中学校やクラブチームとの夏休み中の合同練習や練習試合もお受けいたしますので、ご連絡ください。

 

学校説明会や部活動体験に参加希望の中学3年生はお早めにお申し込みください。

 

お待ちしております。