バレーボール部の活動の様子・部日誌

2015年2月の記事一覧

同じやるなら、笑顔で元気よく!

毎日の生活の中で
「やりたいこと」と「やらなければならないこと」がある。

大人になると特に後半が多い。
どうせやるなら気持ちよく、笑顔で元気よくやろう。
やる気なさそうにしていると、周りの人たちに迷惑をかける。
疲れている人は、気分転換も必要です。

学年末考査1週間前になりました。がんばれ!!!

そして高校受験生のみなさん、もう少しです。
慌てず、焦らず、今までやってきたことを出し切れるように
こころ平常心でいきましよう。

暫定1位です

今、体育の授業で学校の周りを走っています。
今日も記録会で外周2周の記録をとりました。

バレー部1年生のHさんが、5分20秒で暫定1位になりました。おめでとう!
Kさんも5分27秒と記録をあげています。
1・2年生バレー部員、トレーニングの成果が少しづつ出てきているようです。

校外で交通整理・応援をしながら、一般の方々にあいさつをすると
みんなあいさつを返してくれます。
そして今日は、嬉しいことがありました。


「授業でご迷惑をおかけします。」と声掛けをしたら
「いいんです、大丈夫ですよ、頑張ってください」などいろいろな言葉をいただくなか、
生徒さんが一生懸命走っている姿から、元気をもらっていますよ」と2時間で
3人の人から言われました。

交通安全に注意しながら、残りのクラスも頑張らせようと思いました。
「人間は  努力する姿が  美しい」

あなたは競争好きですか?

もし もう一人自分と似ている人がいたら!?

体格、体力、考え方、性格もほぼ同じ。
何かを競争してもなかなか差がつかない。

どこかで相手以上の努力工夫をしなければいけない。
相手以上に頑張れば勝てる可能性は高くなるし、
サボれば負ける。

自分を伸ばすためにも競争相手は必要です。
こんな相手がほしいですね。
接戦で緊張感のある中、どれだけの力が発揮できるか楽しみです。
「どきどき・わくわく」をもっと経験しよう!

しかし
本当の競争とは、他人とするものではなく
             自分自身とするものである




やる気にさせる!!!

指導者、上級生になったら
生徒、後輩・同級生を 「やる気にさせる方法」をみつけたい。

われわれの行動や言葉によって、生徒のやる気は変化する。
毎日の練習の中で、本気でがんばる時間を増やしたい。
ほめられて頑張る生徒、悔しくて頑張る生徒、どちらにしても成長する。

どうしたら生徒のやる気を引き出せるかが、これからも重要だ。
上級生になったら自分のことだけでなく、下級生の面倒をみよう。
もっと関わりをもった行動をとろう。
そこから自然と信頼関係はうまれます。

嬉しいのはどんなとき?

嬉しいのは

人に勝ったときより
   人の役に立てたとき

他人に勝ってうれしいのは、自分だけ。
他人の役に立ったとき うれしいのは他人と自分。

今から、誰かのために 何かやってみませんか!
きっといいことがある。そんな予感。