バレーボール部の活動の様子・部日誌

2018年2月の記事一覧

笑顔がいい

今回の冬季オリンピックで話題になった、日本のカーリング女子の選手。
笑顔がとてもいい、と 「そっだね~」

競技中の成功したときの笑顔が印象的です。
何でも言い合える仲間、違和感があったら話し合う、
そんな中から出た表情がよかった。

われわれの持って生まれた顔は変わりませんが、顔つきは変えられます
笑顔で溌剌とした姿は、周りの人たちも明るくします

「むっとした表情」や「無表情」で損していませんか。
顔つきは変わります。
できるだけ笑顔で過ごせるよう心がけたいですね。

笑うと楽しい気分になります。
両腕を高く上げると嬉しい気持ちになります。
ためしにやってみてください。

そういえばなぜか、運転免許更新した時の写真の顔、よくありません。
私だけでしょうか!?  次こそ・・・

皆勤ってすごい

この時期になると卒業式の時に発表される皆勤賞が気になります。
高校生活3年間、無欠席・無遅刻・無早退の生徒です。
目立ちませんが、凄いことだと思います。

毎日の健康管理の継続がこうした結果に結びつきます。
昨年度の卒業生は、68人。
今年度は、今のところ63人。
登校日は、あと2日、卒業式予行、卒業式。

久喜高校では、これだけの生徒が皆勤です。
また平日の遅刻する生徒がほとんどいなく、少ないのも良いところです。

毎日の学校生活、授業や部活動に目標を持ち楽しめることが大切。
「継続は力なり」

オールアウト

オール-アウト:全力で、疲れきってへとへとになること。運動して疲労困憊すること。

部活動において、最近ここまでやりきることが少なくなりました。
だからこそ、今必要なのではないでしょうか。
自分で自分の体をどこまで追い込めるか、全力でやりきれるか、勝負!
こんな経験を多く積んだ選手が、からだも心も強くなる。

自分の体力の限界ギリギリのところで何ができるか、どんな判断をするのか。
わかれ道はここにある。
ここで頑張れるのか、あきらめるのか。

あなたはどちらを選ぶのでしょう。  さあ、試してみてください。

彩の国ジュニアアスリートアカデミー

今年度は、久喜高校会場にして
ジュニアアスリートアカデミーリーダー講習会を実施しました。
50人以上の小学生の参加で
6人制のローテーションについて学習しました。

4月から中学生です。それぞれの中学校に進学し、初めてバレーボール部に入部した友達にルールや技術を積極的に教えてほしいと思います。
そのためにも今日やるべきことは、
1、素早い行動
2、あいさつをする・元気よく声を出して
3、積極的にコミュニケーションをとる
リーダーとして必要なことも伝えました。
中学校入学してからの活躍を楽しみにしています。頑張ってください。

午前は、バドミントンコートでの学習


午後は、バレーボールコート9×9m。ネットの高さは2m10cm。6チームに分かれゲーム。


最後まで元気にやりきりました。
久喜高校のバレー部員たちも一生懸命教えてくれ、ゲームを応援して盛り上げてくれました。
小学生と積極的にかかわることにより生徒も多くのことを学んだと思います。
この機会を活かしてほしいですね。みなさん、お疲れさまでした。

予餞会

今日は、予餞会でした。3年生を楽しませることができたでしょうか。
1・2年生は、一生懸命練習・準備をしてきました。
3年生のために・・・

部活動では、多くの思い出ができたと思います。
決して楽しいことばかりではなかったと思いますが、
3年間バレーボール部でやりきった事実は確実に残ります。
甲府遠征、銚子遠征合宿は楽しい思い出として残っています。

一つのことをやりきることも大切な能力です。自信をもって卒業してください。
次の登校日は、卒業式前日の予行ですね。
時間をつくって練習に来てほしいな。待っています、よろしく!



予餞会実行委員会のみなさん、生徒会の生徒や先生方を中心に準備ありがとうございました。
そして無事終了、お疲れさまでした。
これからも一つの行事を、みんなで協力し合って成功させましょう。
これも久喜高校のよいところですから。

「わざわざ」がうれしい

近年、時短(時間短縮)・ついでに・まとめて一気に、要領よく
といった傾向になっています。

そんな中、昨日は、わざわざチョコレートやお菓子を作って持ってきてくれて
とても嬉しく感じました。
試合前に卒業生や家庭研修中の3年生が練習に参加したり、応援に来てくれたことも
感謝しています。

昔は、12月になると年賀状を毎晩何十枚かずつ
こたつの中で書いていた父を思い出します。
今では、ライン・メールになったり、年賀状もプリントされ同じもの。
少し淋しい気がします。

だからこそ今、時間のかかる、時間をかけることが必要なのではないでしょうか。
本をよもう、筆で字を書こう、絵を描こう、散歩してみよう。
花や野菜をそだててみよう。料理をするなど。
時間をとってそんな時を過ごしてみませんか。
きっと新鮮な気持ちになってやるきがでます。

新人戦バレーボール結果報告

埼玉県高等学校女子バレーボール新人大会結果報告
2月2日(金)
1回戦  久喜 0-2 淑徳与野

久喜高校は、1回戦淑徳与野と対戦し、18点、11点で敗退。
今できるメンバーで頑張りました。できればもう少し練習でやったサーブの工夫、
ミスが少なければよかったと思っています。

どうしても全力でやると、挑戦するとミスがでます。
普段の練習から限界のスピード・高さ・気持ちで練習することの必要性を感じます。
普段6~8割ぐらいで練習している人が試合だからといって9割、100%で
頑張ってミスしないわけがありません。
もっと練習から全力でプレーする瞬間を身につけよう。
むきになってプレーしてもミスの少ないプレーヤになろう。
そしてミスした後は、気持ちを切り替えて、次のプレーに集中する習慣を身につけよう。

応援ありがとうございました。
また次の試合に向けて、しっかりとした目標・計画を立て頑張ろう!!

明日のために

皆さんのお陰です
3年生が練習に参加してくれました。
卒業生も来てくれました。
バスケットボール部も体育館を貸してくれました。
みなさん本当にありがとうございます。
明日は、感謝の気持ちをもって精一杯頑張りたいと思います。

このボールを繋ぐぞ~~~気持ちをこめて