バレーボール部の活動の様子・部日誌

2020年8月の記事一覧

夏休み あと1日

短かった夏休みもあと1日の練習とあと1日のオフを残すのみとなりました。

 

8月11日に行われたイーストカップは優勝しました。県大会前で新チームの練習はほとんど0でした。やったことのないポジションで頑張った選手もいて、新しい発見のある大会でした。準備してくださった先生方、チームの方、ありがとうございました。

 

8月14日に深谷ビッグタートルで行われた県大会では、1回戦淑徳与野と対戦し、ストレート負けを喫しました。3年生引退となりました。4か月のブランクがありましたが、色々悩んで出場することを決めた3年生の、頑張る姿を目の当たりにして、これからは下級生が頑張って行きます!県大会前日の練習には保護者の方が見学に来てくださいました。県大会は無観客で、入場人数も決められていましたので、留守番の選手もいました。そのため、前日の練習後に、下級生からの「呼びかけ」とプレゼントに笑いと涙が入りまじりました。「離れていても心は1つ」留守番の選手の応援も、きっと3年生に伝わったと思います。

 

夏休み、多くの中学3年生が練習に参加してくださいました。ありがとうございます。8月29日には説明会と部活動見学会があります。どうぞよろしくおねがいします。

後ろに映る応援がとても素晴らしく、多くの先生方に褒めていただきました。音を出すことが禁止されていたので、工夫をこらしています。

 

バレーボール部 県大会出場

8月2日(日)夏季大会が行われました。休校を含め、4か月活動できず練習再開が6月22日。しかも、1日おきの1時間程度からスタートしたので、体力面では相当な心配がありました。また、怪我なども気にかけていましたが、無事に大会を終えることができて安心しています。

1回戦、2回戦とも課題としていたサーブとサーブレシーブがある程度安定したことが、勝利へのカギだったと振り返っています。県大会は8月14、15日です。「県大会まで頑張る」と3年生は言ってくれました。課外授業などをこなしながらの練習は楽ではないと思いますが、あまり交流のできなかった1年生の指導を含め、本当に残り少なくなった練習を大事に活動して、完全燃焼して欲しいと思います。

【キャプテン町田のスパイク】

【2年田中のスパイク】

【笑顔で】