卓球部

2019年9月の記事一覧

久喜市民卓球大会に参加してきました。

先日の9月16日(月)に、毎日興業アリーナ久喜で「久喜市民卓球大会」が開催されました。久喜高校の一般の女子の部に参加してきました。昨年に引き続き、2度目の参加となりました。

今年は試合開始前に、卓球Tリーグの地元チーム「TT彩たま」の坂本竜介監督による講習会がありました。間近でプロの技術や指導を聞くことができ、とても勉強になりました。今後の練習内容や試合への臨み方などに使える話ばかりでしたね。

この大会は予選リーグを戦い、上位の2名が決勝トーナメント、その他は順位トーナメントへ進みます。多くの試合を経験することができるので、有意義な大会となりました。

この夏の間に鍛えたサービスを有効に使い、前回よりも多くの生徒が決勝トーナメントに進出することができました。

この大会は一般参加の大会ですので、社会人の方とも試合をすることができました。非常に短いコースを狙ったサービスや、常にスマッシュを狙う戦型など勉強になりましたね。

大会の結果としては、2年生の髙草木さんが、決勝トーナメントで3位に入賞し、1年生の下田さんが順位トーナメントで1位になることができました。どちらの生徒も自分のプレーの良さを十分に発揮することができましたね。格上の選手と敗戦することが続きましたが、丁寧な卓球を心がけて試合をしていました。

最後の片付けまでしっかりと行えました。

この大会の成果を弾みにして、今度の東部支部大会でも上位進出を狙っていきましょう。 

大会関係者の皆さま、ありがとうございました。

卓球部レクリエーション

夏休みの終わりに、卓球の練習からは少し離れて、卓球部でレクリエーションを行いました。

午前中は利き腕とは逆の手でラケットを持ち、試合をしました。さらに、ラケットの種類もシェイクからペンに替えもしたので、カオスな状況になっていました。

ボールをラケットに当てるだけでも大変でしたが、生徒たちは普段とは違った感覚を楽しんでプレーしていました。

午後は、材料を持ち寄ってホットケーキと、たこ焼きを作りました。ご家庭でもお手伝いをしていると聞いていましたので、味はバッチリですかね?

  

顧問もいただきました。生徒からは「日頃の感謝です」と、たこ焼きにワサビを入れられてしまいました。感動のあまり涙がでてしまいました…

頑張った練習の合間に、こうした楽しいことがあると集中して練習を続けることができますよね。また、やりましょう!!

【卓球部】中学生のみなさんへ 部活動紹介その2

こんにちは、卓球部です!
中学3年生のみなさん、夏休みは有意義に過ごせましたか。志望校に向けて引き続き頑張ってくださいね。さて今回は、卓球部紹介第二弾ということで、高校から卓球を始めた選手に久喜高校卓球部はどんな部活なのか、お話を聞きいてみました。

志望校を考える1つのきっかけになってくれればと思います。

Q1.卓球部を選んだきっかけは何ですか。
私は、中学3年生の春、テレビで世界卓球を見て、自分も卓球をやってみたいと思いました。

Q2.卓球部で楽しいと思うところは?

新しい技術や知識が身についたとき、卓球の楽しさややりがいを感じます。また、練習試合や部内戦で勝ったときです。高校から始めたこともあり、最初の頃は勝つことができず悔しい思いをたくさんしました。しかし、あきらめずに努力すればしっかり結果がついてくると思います。最近では、勝てる試合も増え、頑張ってきてよかったと思います。「継続は力なり」ですね。

Q3.部活動を通じて学んでいることは?

基礎基本の大切さです。難しいことをやろうとしても基礎基本がしっかりできていないと難しいことはできません。なので、日々基礎基本を怠らないようにしています。、

Q4.中学生へ

高校から始めたいと思っている人も、経験者も大歓迎です。ぜひ、久喜高校卓球部に来てください。


本校では、9月21日(土)に学校説明会があります。また、この日に卓球部では部活動見学を予定しております。経験者・初心者問わず久喜高校卓球部に少しでも興味を持って下さった中学生の方々、まずは体育館2F(卓球場)に足を運んでみてください。久喜高校卓球部の雰囲気が分かりますよ。お待ちしております。