卓球部

2020年2月の記事一覧

2月の卓球部(予選会・Tリーグ)

2月の卓球部の活動をお伝えします。

2月14日は3年生の登校日で、予選会を行いました。卓球部も3年生の先輩方にダンスを披露しました。ダンスの得意な生徒ばかりではありませんが、一生懸命に踊りましたので、感謝の気持ちは先輩方に届いたのではないでしょうか。

 

 

また、今月は卓球のプロリーグである「T・リーグ」が久喜市の毎日興業アリーナ(久喜市総合体育館)でも行われ、「T.T.彩たま」の試合が行われました。

久喜高校卓球部は、ボランティアとして試合の運営に参加してきました。会場の誘導や試合間のボール拾いなどを行いました。プロの試合を間近で見ることができ、生徒たちは喜んでいました。

オープン試合でも最後の片付けを手伝ったこともあり、試合が終了した後も観客席もゴミや忘れ物チェックまで行えていました。ボランティアに参加した生徒の皆さん、お疲れ様でした。

令和元年度埼玉県新人戦卓球大会を終えて

2月上旬に行われた新人戦の埼玉県大会(いわゆる県大会)の結果をお伝えします。

今回の県大会は、シングルス、ダブルス、団体戦の3種目全てで出場することができたので、3日間の大会となりました。シングルスは髙草木も鈴木も初戦で負けてしまいましたが、ダブルスでは初戦を突破して2回戦まで進むことができました。しかし、2回戦では正智深谷高校のペアに負けて、前回のようにベスト16入りは果たせませんでした。

  

そして、団体戦は、初戦を川越南高校と対戦し、3-0で勝利して2回戦に進むことができました。昨年度も初戦を勝ち抜くことができたので、安定した実力が少しはついてきたかと思います。その後、2回戦では深谷第一高校と対戦しました。3番目のダブルスはフルセットにもつれる接戦だったのですが、ラリー戦にも強い攻撃的なプレーには及ばずに0-3で敗戦し、結果は2回戦進出となりました。

   

予選会を勝ち上がってきている県大会は、どの学校の本当にレベルが高く、そうそう簡単には勝つことができないことを改めて実感しました。東部支部大会までは上回転系のサービスを中心に展開してきましたが、県大会では強い下回転がかかったサーブを多く見かけました。また、ツッツキもどれほど丁寧に返したとしても台から出るようなボールは全て打たれてしまいました。

県大会は地区大会では学ぶことができない多くのことを勉強することができました。今回の経験は2年生だけではなく、試合には出れなかった1年生にも大きな励みになるのではないかと感じています。

県大会でも戦えるように、目標を持って今後の練習に臨みましょう!

令和元年度新人戦東部地区大会を終えて

2月も半分が過ぎまして、あと10日ほどとなりました。今年はオリンピックが開催される年ですから、2月は29日までありますが、あっという間に3月になってしまいそうです。

先月の1月末に、ウィング・ハット春日部で新人戦東武支部大会が行われました。この大会は1,2年生が主役の大会です。9月の東部支部大会からこの新人戦に向けて準備を重ねてきました。3日間で、個人戦、団体戦、ダブルスの3種目が行われました。結果については以下の通りです。

【個人戦】

髙草木 ベスト16(県大会出場) 鈴木 ベスト16(県大会出場)

白砂 ベスト32

【団体戦】

久喜高校 第3位(県大会出場)

【ダブルス】

鈴木・髙草木 ベスト8(県大会出場)

3種目で県大会出場を達成することができました。1年生から県大会に出場してる2年生もいますが、個人戦で県大会に出るのは初めてですので、この夏から冬にかけて練習を頑張り、成長できたと思います。また、残念ながら入賞には届かなかった選手もほとんどが初戦を突破して、1点を争う試合をできていたと思います。夏からサーブを強化してきましたが、それが十分に発揮できていたと感じました。

   

また、団体戦では3回戦でシード校の越谷南高校を破り第3位に入賞することができました。団体戦で入賞することを目標にしてきました。9月の東部支部大会ではベスト8止まりでしたので、その悔しさをバネにここまで来ることができて嬉しさもひとしおでした。

この結果が、来年度の4月に行われる学総体に続いていきます。今大会の団体戦準決勝では不動岡高校に1-3で敗れてしまいましたが、5番手が勝利していたのでもう少しだったかもしれません。まだできることはたくさんありますので、この結果のさらに上を目指して頑張っていきましょう。

最後になりますが、保護者の皆様にはいつも卓球部の活動にご理解いただき、毎日の練習や休日の練習試合のサポートをしていただきまして、本当にありがとうございます。卓球の大会は連日になることが多く、今大会でも3日間連続の日程となり、早朝からのお弁当の準備やユニフォームのご準備などご迷惑をおかけしております。こうした結果を残すことができたのも、保護者の皆様のサポートあってこそだと思います。まだまだ、部活動の運営として至らない点もございますが、今後とも卓球部の応援よろしくお願いいたします。

1月の卓球部

久しぶりの更新となってしまいました。予餞会も終えて、そろそろ学年末考査が近づいてきました。今年度最後のテストとなりますので、しっかりと準備をして臨みましょうね!

1月の卓球部の行事や予定をダイジェストでお伝えいたします。

●卓球部打ち始め

卓球部は1月4日から部活動を始めました。この日は引退した3年生も来てくれて、一緒に卓球をしたりゲームをしたりして盛り上がりました。午後は、恒例(?)のタコ焼きパーティをしました。昨年度よりも着実に、タコ焼きをひっくり返すのが上手くなってました!!新人戦に向けてよいスタートが切れたでしょうか。今年も頑張っていきましょう。

  

●淑徳与野高校と練習試合

令和2年最初の練習試合は、南部の淑徳与野高校と行いました。この日は午後からとなりました。淑徳与野高校は設備が良くて練習環境が整っているので、暖かい体育館で試合できました。この日は新人戦が近いこともあって、シングルスだけではなく、ダブルスも行いましたが、足がよく動いていて積極的に攻撃を仕掛けることができていました。一方で、ラリー戦になると守るようなプレーが多く、反撃されてしまうこともあったので、改善していきましょう!

  

淑徳与野高校の顧問の先生、生徒の皆さん、練習試合りがとうございました。

●群馬県の県立高校4校と練習試合

新人戦直前となった土曜日は、県外に向かい群馬県の高校と練習試合を行いました。館林女子高校を会場として、館林女子、桐生女子、市立太田高校、板倉高校と久喜の5校で練習試合を行いました。

この日は久しぶりに、かなり寒い気温でしたが、生徒が一生懸命に動いてサービスからの展開を意識してプレーできていたと思います。ロングサーブは夏からずっと練習してきた技術でしたので、それがとても効いていたと感じました。

 

練習試合に参加した高校の顧問の先生、生徒の皆さん、ありがとうございました。

また、館林女子高校の顧問の先生と生徒の皆さんは、会場の準備などありがとうございました。