弓道部の活動の様子

2018年5月の記事一覧

遠的選手権大会 6位入賞♪

こんにちは。弓道部です。

5月12日(土)、上尾の埼玉県立武道館において埼玉県高等学校遠的選手権大会が行われ、本校から6名の選手が出場しました。

「遠的」とは、通常の弓道競技(直径36㎝の的を28mの距離からねらう「近的」)とは異なり、60m離れた所から100㎝の大きさの的をねらう競技です。 的は大きくなりますが、遠く離れる分、矢が飛ぶ放物線を計算して引かなければなりませんし、少しの狂いが矢どころにも大きく影響します。さらに、この大会は、点数制で、中心に近いところから10点・9点・7点・5点・3点、はずれれば0点となっています。

結果は、女子の部で3年生が6位に入賞しました!!
この難しい競技で67点、16射12中という素晴らしい成績でした。
また、あと2点という惜しいところで入賞を逃した選手もいました。

そして、大きな成果がありました。
遠的競技では、大きくまっすぐ引いて弓の力を素直に矢に伝えなければ、矢は遠く飛びません。 入賞した選手もしなかった選手も、本校の選手たちはみんなしっかり引けており、師範の先生のご指導のもと、普段の練習で作り上げようとしている射が正しいものであることが再確認できました。

これで遠的競技はしばらくお休み。中間考査をはさんで今度は近的競技でのインターハイ県予選(団体戦)に向けての練習が始まります。遠的の成果を糧に、またがんばってほしいと思っています。


インターハイ埼玉県1次予選(個人戦)の報告

こんにちは。弓道部です。

4月28日(土)に、大宮公園弓道場にてインターハイの埼玉県第1次予選(個人戦)が行われました。
インターハイには団体戦と個人戦があるのですが、第1次予選8射4中以上で、6月に行われる個人戦の第2次予選へと進む資格を得ることができます。
本校弓道部からは22名が参加し、5名が第2次予選に進出しました。
5名というのは、東部地区20校の中では強豪校の草加西、伊奈学園に次ぐ多さです。
よくがんばってくれました。
まだ2次・3次・決勝と道のりは長いですが、まずは第一歩です。

8射4中というのは、通常の練習の中では難しい的中ではありません。しかし、大会の場で平常心を保ち、「いつもの射」をするのはとても難しいことです。 
何校かに練習試合をお願いしているので、そういった「いつもと違う場」で自分の射を見つめ、「いつもの射」がどんな時でもできるよう、練習を重ねてほしいと思っています。