弓道部の活動の様子

2018年10月の記事一覧

新人戦 結果報告

こんにちは。弓道部です。

10月6日(土)に、上尾の県立武道館において高校弓道新人戦が行われました。

本校は、A・Bの2チームが出場し、Aチームは1次予選は通過したものの決勝トーナメントには残れず、Bチームは個人として1名が2次に残りましたが、入賞はできませんでした。

この大会で見つけた課題はたくさんあったと思います。
一番は、とても難しいことですが「試合での集中力と緊張感のコントロール」でしょうか。

緊張し過ぎると力んでしまう。
リラックスし過ぎると体の芯が崩れてしまう。
緊張し続けては身体が硬くなり小さい射、弱い離れになってしまう。
リラックスしたままだと1射1射に神経が行き届かず雑な射になってしまう。

メリハリをつけるために、射場に入るまでの時間をどう過ごすべきか。
どう気持ちと身体を作っていくか。
どの競技にも共通する難しい課題です。

でも、「気を引き締めるべき時」を常に意識して行動することは、普段の練習でもできることです。
ONとOFFの切替。
練習中はずっとON(弓道はONでないと危険な競技です)。
そしてONにはレベルがあって、立ちに入るときはそのレベルを引き上げて臨む。
時には、自分で最高レベルを想定しての練習をしてみる。

しっかりした技術は、師範の先生に教えていただけます。
でも先生がいつも指導してくださるのは、技術だけではないはずです。
最終的に試合で射場に立って引くのは自分。
その自分の心を鍛えてくれるのは、他人ではありません。
自分の心を鍛えることができるのは、自分だけだと思います。

「心・技・体」。これからもがんばっていきましょう!!