弓道部の活動の様子

2019年6月の記事一覧

インターハイ予選 結果報告

こんにちは。弓道部です。

6月15日(土)、大宮公園弓道場においてインターハイの埼玉県予選が行われました。
団体戦の1次・2次予選と、4月の大会で1次予選を通過した個人戦の2次予選です。
3年生にとっては最後の公式戦ですが、雨風ともに強く、コンディションが良いとはいえない状況での大会でした。

結果は、団体戦は1次予選不通過、個人戦では5人中1人が2次の2回目へと進みましたが、来週への3次予選への進出はかなわず、結果としては残念なものでした。 
しかし、顧問としては、結果だけではない嬉しいこともたくさんありました。

他の大会の団体戦は3人立(3人で1チーム)ですが、インターハイは5人立です。
今回の久喜チームは、1年生の時からずっと一緒に活動してきた3年生5人でした。
このところ、チームとしてのまとまりがとても良くなり、一体感や、メンバー相互のリスペクトが感じられるチームになっていました。 山あり谷あり、辛いこともたくさんあった5人でしたが、最後に本当に良いチームに育ってくれました。
また、5人とも、師範からいつもご指導いただいている丁寧な射、丁寧な体配を1射1射最後まで!という気迫のこもった射をしていました。
的中が出た時には、2年生の大きな矢声(やごえ:的中が出た時の「よし!!」というかけ声のことです)が聞こえました。 今回、弓道場周辺の混乱を避けるために1年生は来場禁止になっていたので応援部隊は2年生だけでしたが、今までで一番大きな、元気な、そろった矢声でした。今まで自分たちを指導してくれた3年生との絆と3年生への感謝が感じられる矢声でした。
師範も試合会場で見届けて下さり、「的中にとらわれず、武道としての射を見せてくれて、誇りに思う」と、3年生にとっては何よりのお言葉をいただきました。 

あとは、来週、越ケ谷で行われる三年生大会(練習試合)を残すのみとなりました。
3年生には、部活動の集大成としてのびのびと引いてほしいと思っています。