弓道部の活動の様子

2020年8月の記事一覧

【弓道部】学校説明会 部活動見学♬

こんにちは。弓道部です。

今日は今年度最初の学校説明会でした。コロナ対策のため、午前・午後の2部制でいくつかの会場に分かれての実施となりました。今日の弓道部の活動は9:00からだったので、午前の部に参加してくださった方が約30名見学に来てくださいました 暑い中、ありがとうございました。

弓道部では現在、2年生は、夏休みに1段階強くした弓で10月の新人戦に向けて射の向上に取り組んでいます。

1年生は、徒手練習(何も持たず型を覚える) → ゴムを使った練習(ゴムパッチンと呼んでいます)→ゴム弓、と少しずつ進化し、現在は「素引き」という、弓を素手で引く練習をしています。 


2年生に指導をしてもらったり、時には1年生どうしでお互いに直すべき部分を指摘し合ったりしながらの練習です。この次には「弽(かけorゆがけ:弓を引く時に右手につけるもの)」を使用した素引きや、実際に矢をつがえて矢を放つ「巻藁(まきわら:大きな藁でできた俵のようなもので、近距離から狙います)」といった練習に進んでいきます。一見退屈な練習の繰り返しにも思えますが、弓道は基礎練習が命。最初は言われるがままに真似をするだけだった1年生も、最近は基礎の大切さと難しさに気づいてくれているようです。 

コロナのためマスク装着(もちろん熱中症を配慮しつつの装着です)や消毒を行い、熱中症にも気をつけながらの活動です。いろいろ大変なことはあるけれど、みんなで乗り越えてがんばっていきたいと思います。

久喜高校弓道部は、弓道の技術だけでなく、部活動を通じて人間的にも成長することを目指しています。中学生の皆さん、次回の学校説明会でも活動していますので、見学に来てくださいね(^^)/