弓道部の活動の様子

2020年10月の記事一覧

【弓道部】新人戦 結果報告

こんにちは。 弓道部です。

10月3日(土)、大宮公園弓道場において高校弓道新人戦が行われました。 昨年度11月の全国選抜大会県予選以来の県大会です。 コロナ対策のため大幅に運営方法を変更し実施されました。例年ならA・Bの2チーム6名が出場できるのですが、人数制限により1チーム3名のみの出場となりました。

結果は、団体戦は予選通過ならず、個人戦で1名が2次に進みましたが入賞することはできませんでした。緊張のためかいつもの射ができず、悔いの残った大会でした。

でもようやく大会が実施され、これがスタートです。いつも師範がおっしゃっているように「練習は本番のように、本番は練習のように」。大会と同じような緊張した雰囲気を作り出し、集中力を高める練習ができるかどうか。その日その日の練習に課題を持って取り組むことができるかどうか。 それは2年生部員が自分たちでできなければならないことです。 こうしたことの大切さも、大会を経験したから身をもってわかること。出場した選手は、大会で経験したことを出場しなかった他の2年生に伝え、2年生全員で、技術だけでなく精神的にも強い「チーム久喜」をめざしてほしいと思っています。

1年生は、これから巻藁、的前と進めていきます。顧問としていつも思っているのですが「教えることは学ぶこと」。教えるためには自分も基本の確認ができていなければなりません。弓道は基本が命。2年生も指導役として基本を確認し、教えることを通じて1年生とともにみんなで上達していきましょう!