水泳部の活動の様子

2013年9月の記事一覧

汗・焦る 楽に泳ぐために(その3)

こんにちは。水泳部 顧問です。
 
前回の更新よりかなり日にちが経ってしまいました。前回は7月末でしたが、
8月は国体予選(8月1,2日)、体験部活動(8月27日)と、学校の内外で
けっこう日程が忙しい月でした。
 
体験部活動、それから体験入学に来ていただいた中学生の皆さん、
当日は本当にありがとうございました。(お礼が遅くなり申し訳ありません)
 
来年度の春、久喜高校でともに学びと泳ぎを究めていければ、と思います。
 
現在、水泳部は来る9月20日~22日に行なわれる新人大会に向けて、特に
1年生が活発に練習をしています。明日(9月14日)からの文化祭にも企画を
出しているので、練習に打ち込みきれない状況の中、自分の技量を高めている
わけです。
 
さて、「楽に泳ぐために」のその3です。今回が最終回となります。
今回はシンプルに「より長く、より速く泳ぐためには」どうしたらいいか、と
いうことについて、個人的な考えを述べたいと思います。
 
もちろん、各学校の水泳部さんはチーム、個人のレベルの違いこそあれ、この目的に
沿って練習を組んでいるわけなのですが、その中で最も大事だと考えるのが、
「練習を欠かさず続ける」ことだと考えています。
 
これは不思議なもので、初心者の方でもトップスイマーの方でも、記録が伸びていく
人は、自然にこれができているように感じています。
さらに加えると、練習に来ている…ということは、それだけ顧問、監督の先生の目に
泳ぎが映っているわけですから、より良い指示・アドバイスを貰える機会にも恵まれて
いる、ということになるのです。
 
来週の新人大会で、本校の部員がどのような成績を出すのか、楽しみです。
大会後、またご報告できればと思います。