ソフトテニス部の活動の様子

2014年10月の記事一覧

長崎国民体育大会結果

台風19号の影響で1日順延されて開催されたソフトテニス少年女子の部ですが、2回戦敗退という結果でした。初戦は石川県と接戦をものにして逆転勝ち。久喜高校井口さんの元気あふれるプレーで3番勝負をゲームカウント1-2からひっくり返し、埼玉の勝利に貢献してくれました。
 最終成績3位になった兵庫県との試合は、2番手ファイナルゲーム、3番井口またも4-2で勝利したものの惜しくもチームは敗退。勝てるチャンスは多かっただけに残念でした。
 埼玉代表として全勝し、高校生活最後の競技を終えることができました。最後の最後まで朝昼晩と練習を続け、よくここまでがんばってくれました。勝ったのに試合後の号泣は、感無量の複雑な心境であったと想像できます。本当にご苦労さまでした。また多くの皆様の応援ありがとうございました。
 


新人戦東部地区予選個人戦

虎の子4ペアのみで臨んだ新人戦ですが、3ペアが県大会への切符を手に入れました。エントリー数が100ペアをきり、レベルダウンの東部地区ですが、厳しい予選になりました。前回に続き3位入賞を果たした大川・池澤組ですが、ファイナルゲームの連続で危ない場面も。
よく頑張りました。3日には団体戦が行われます。チームの力を信じよう。