登山部の活動の様子

2014年11月の記事一覧

第58回関東高等学校登山大会報告書

第58回関東高等学校登山大会報告書

B隊(笹尾根・三頭山コース)

埼玉県立久喜高等学校

 

【行動記録】

11月7日(金)

 受付を済ませ、13:00より氷川小学校にて開会式が行なわれた。隊編成の後、バスにて幕営地である「山のふるさと村」に移動。遅れて到着した荷物を受け取り、設営・夕食(メニューは焼肉)。他校のチームと料理の交換をしつつ交流した。楽しい時間を過ごせた。21:00就寝。

 

11月8日(土)

 5:00起床。気温は10℃を下回り、かなり冷え込んでいたものの、心配された雨も降らずまずまずの登山日和となった。計画輸送で登山口の数馬まで移動し、いよいよ登山行動開始。はじめはかなりのハイペースであり息があがった。数馬峠には予定の1時間30分より30分早く到着。その後は尾根つたいにしばらく歩く。三頭山非難小屋にて昼食を摂り、最後の急登をし三頭山頂に到着。日曜日とあってか一般登山者も多く声援を送って下さる方もいて元気付けられた。全員で記念写真を撮った後下山。鞘口峠から急坂を下り、13:48幕営地にゴールした。そこに地元の方が用意してくれていた豚汁を頂き疲労回復。たいへん味しく、忘れられない味となった。

 B隊のコースは開会式で登山隊長の先生が言っていた通り、美しい森林の中を歩くコースであった。丁寧に間伐された杉の人工林から唐松林、ブナ林へと多彩な景色を見ることができた。また、紅葉真っ盛りで美しく、最高の登山となった。

(コースタイム)

幕営地-〈計画輸送〉-数馬(7:45)・・・数馬峠(8:50)・・・槙寄山(9:32)・・・三頭山避難小屋(10:47)・・・

・・・三頭山(11:25)・・・鞘口峠(12:46)・・・幕営地(13:48

 

11月9日(日)

 5:00起床。朝食・撤収後バスにて閉会式会場へ移動。9:40より安田学園によるダンスのセレモニーで歓迎された後、閉会式。登山隊長、実行委員長の先生方から講評を頂き、来年度開催県の群馬に大会旗の引継ぎがあり無事に大会を終えることができた。

 

【感想】

CL 装備 木村彩香)

 関東大会は埼玉県代表としてとても緊張していたのですが、行ってみると思っていたより楽しかったです。他校と交流したり、集団で登るなど今までにあまりなかったことができたのでいい経験になりました。

初日からハプニングがあり時間のロスがあってちょっとたいへんでした。夕飯は焼き肉でいつもは人数が多くてできないものができました。その時に他校の人が話かけてくれて一緒にご飯を食べたりできてよかったです。正智深谷高校さんのチョコフォンデュは特にすごいなと思いました。

二日目はついに山行です。朝からバスに乗り、降りてからすぐ行動が開始されて最初はぺースが早く傾斜がきつかったので最後までついて行けるか不安でした。でもいつもの山行より休憩が多かったので大丈夫でした。集団で100人近い人が休憩をとるにはどうするのだろうと思っていたのですが、休憩のタイミングで後ろに「休憩です」と伝えていたのですごいなと感心しました。頂上は意外と広かったです。しかし木が多くて景色があまり見えなく残念でした。下りではあまり降りてる感じがなかったです。最後ににいただいた豚汁はおいしかったです。他の隊より距離が長いはずなのに最初につけてうれしかったです。

三日目はいつもだったら筋肉痛がつらいのにあまりつらくなかったです。それより関東大会をやりきった感がありました。三日間ほんとに楽しかったです。

 

SL 記録 内田菜月)

今回、埼玉県代表として関東大会に参加してきました。最初は楽しみっていうのと関東大会の山はきついっていうイメージしかなかったので、登りきれるかという不安がありました。今回の山はいつものペースより速かったので登りが少しきつかったけど、全体の感想としては楽に楽しく登れました。周りには木がたくさん生えていて頂上もほとんど木がたくさんありました。景色は曇っていたからあまり見ることができなくて、特に頂上の景色は期待していたので残念でした。 ご飯は、いつもは多人数なので少人数だからこそできるご飯にしました。買い忘れたのもあったけど工夫して美味しく出来たのでよかったです。私は一番スパゲッティが好きでした。

夜はテントの中で同じクラスだけど普段しないような話をしたりお菓子パーティーしたりとても盛り上がりました。他にも何校かの人たちとお話したり交流しました。でも他県の女子高の人たちはめったに会えないのにあまり交流できなくて残念でした。

 今回の関東大会は、二年間登山部として行った山の中でも一番と言ってもいいくらい山行もその他のこともすべて楽しく過ごすことができてとてもいい思い出になりました。関東大会に行けてよかったです。

 

(装備 田尾栞奈)

 今回初めて関東大会に出場させていただきました。久喜高校としては、9回目の出場になってその9回目に私たちが出場させていただき非常に貴重な体験をさせていただきました。1日目は荷物が別の場所に行ってしまい、とんだハプニングでしたが、タヌキが見られたので幸せでした。夕食の焼肉も普段はできないメニューで、準備も楽しくすることができ、おいしくてよかったです。2日目の登山は、前日すごく緊張していて、びびっていたのですが、休憩ポイントが多く、体力が有り余ったまま頂上に登ることができ、いつもは最後のほう、疲れていて景色を見る余裕がないのですが、ちゃんと見ることができ、天候も良かったので、青い空を見ることができました。また、行く道には葉っぱがいっぱい落ちていて、踏む音を楽しみながら登ることができました。それから、久喜高は胸に登山部と書いてあるTシャツを着ていたのですが、他の登山者の人が登山部だと気づいてくださり、「がんばってー」と声をかけていただき嬉しかったです。3日目のバスの中でもう3日たってしまったのか!!と思うぐらい時がたつのが早くて、たぶん今までの登山の中で一番楽しいと思えた登山だったなと思いました。

 

(食糧 大島祐未)

今回登った三頭山は、約11㎞で最初に聞いた時はとても不安でしたが、実際に登った時はトップで歩いていた先生がこまめに休憩をとってくださっていたので一定のペースを保って歩くことができました。登りはとても緩やかだったので、気持ち的にも余裕を持つことができ、山の空気や景色を楽しみながら登ることができました。それに反して下りはとても急で、転びそうな場面も多くありましたが、周りの景色がコロコロと変わっていくので、足は疲れたけれど、精神的にはあまり疲れることがなく、山行が終わった後も、疲労感というよりは達成感の方が強かったです。

また、他校の方々との交流がたくさんでき、夕食を一緒に食べさせていただいたり、駅で声をかけていただいたり、お菓子を分けていただいたりと、男女ともに仲を深めることができたのではないかと思います。

良い思い出になったと同時に良い経験をすることができた関東大会でした。


第58回関東登山大会出場

        関東大会(東京)で奥多摩の山に登って来ました!

 11月7日から2泊3日の日程で、関東大会・東京大会に参加してきました。奥多摩湖湖畔のキャンプ場に幕営し、秋の奥多摩の山歩きを通して関東近県の登山部の代表と交流してきました。開・閉会式は、奥多摩駅近くの小学校の講堂で行ないました。特に、東京の安田高校ダンス部による歓迎のダンスなど、思い出に残る閉会式でした。2日目の行動は、和馬まで、バスで移動し、和馬峠、ムシカリ峠、三藤山避難小屋、三藤山山頂、鞘口峠、キャンプ場というコースで、紅葉と落葉の進んだ明るい登山道を落葉を踏みしめ歩きました。山頂では、甲府側に大きく富士山も展望できました。関東大会に際して、ご父兄や先生方、OGの方々、生徒の皆さんから、ご支援いただき、ありがとうございました。他県の学校との交流は、これからの活動に生かして生きたいと思います。

    ≪B隊 笹尾根・三頭山コース 約6時間30分≫                                 幕営地(バス)数馬・・・(1:30)・・・数馬峠・・・(1:10)・・・槙寄山・・・(2:00)・・・三頭山避難小屋          ・・・(0:20)・・・三頭山・・・(0:40)・・・鞘口峠・・・(1:15)・・・幕営地