登山部の活動の様子

2015年6月の記事一覧

夏山机上講習会・夏山計画

   6月24日は高体連・夏山机上講習会でした!

 今回は、①ファーストエイドの講義と実地訓練 ②山行中の食当の工夫(正智深谷高校の発表) ③全国大会・関東大会出場校の紹介など を中心に実施されました。久喜高校は毎年1年生を中心に参加しています。そして今回は、春休みに完成した久喜高校部誌2014・「紫峰」を、他校に配布しました。

   ≪今年の夏山山行について(案)≫     

1 尾瀬  東武尾瀬夜行で、早朝御池着、三条の滝等を散策して山の鼻で幕営、翌日鳩待峠まで登りそこから至仏岳アタック、下山。車中泊1を含んで2泊3日。 (1年生と体力に自信のない部員)

2 北アルプス(白馬岳)  昨年、夏山を経験したもの対象に、初日、リフトとロープウェイをつないで、天狗原、白馬乗鞍を経由して白馬大池まで行き幕営。翌日そこから白馬岳をアタックする。3日目、往路を戻る形で下山。

  東京の平均梅雨明け時期が7月21日、今年は早く梅雨が明けてくれることを望みます。そして、台風が来ませんように!


6月山行・小袈裟丸山

 
   20~21日は練習山行・小袈裟丸山登山でした!

 回は、尾・袈裟丸山のコースでした。渡良瀬渓谷鉄道・沢入(そうり)駅からのアプローチが悪いので、目標は袈裟丸山の手前、小袈裟丸山往復を目指しましたが、部員が多いのと、水量が多い沢の渡渉に手間取り、その手前の賽の河原で戻ることになりました。行動時間約7時間30分、歩いた距離は17.6kmの訓練となりました。途中の寝釈迦の像で、夏山の成功を祈願し、賽の河原では天気が今にも泣きだしそうな不気味な雰囲気の中を歩きました。足尾は日光と山続きで、サルとシカが多いのですが、テン場近くでは人家の屋根を猿が我が物顔で闊歩していました。また、山中で鹿とも遭遇しました。次回は小屋泊まりで、袈裟丸山山頂を目指したいものです。



  往路(両毛号・貸切状態)

                                足尾・渡良瀬川にて


      小袈裟丸を目指して


                         寝釈迦で祈願

                                 異様な雰囲気の賽の河原


                           今回のオールメンバー