登山部の活動の様子

2015年7月の記事一覧

夏山1・尾瀬

 
 登山部のメイン山行1・尾瀬に行って来ました!

 7月17日(金)から2泊3日(車中泊1日)の日程で、尾瀬・至仏岳(100名山・2228m)に挑戦して来ました。折からの台風で、御池(みいけ)に着くと小雨だった。朝食と準備休憩を取り、633分出発。まずは、三条の滝を目指す。しばらく進むと、尾瀬の湿原が広がり、皆から感激の声が上がった。再び樹林帯に入り分岐からは下りが続く。三条の滝入口でザックをデポし、三条の滝へ。今日は雨が続いたため、水量が多く三条の滝が一条の滝になっていたが、名瀑の名の通りだった。ここからの登り返しが勝負どころだった。フルザックの登りに慣れていない1年生には少々きつかったが、何とか登り切り温泉休憩所で一本。あとは見晴野営場まで、快適な湿原歩きだった。本日は予定を変更し、見晴で幕営することにした。翌日は、天気回復を願って、6:30に出発したが、竜宮・牛首・山ノ鼻の湿原歩きは曇りだった。早朝なので、人も少なく快適で、多くの花に出会うことができた。山ノ鼻からの登りから人が多くなり、9:59鳩待峠到着。鳩待峠は大混雑だった。10:20、至仏アタックに出発。登るにつれて、天候が回復し展望もよくなってきた。また、高山植物も、たくさん見ることができた。小至仏山直下は岩場なので、大渋滞している。夏の富士山のようだった。小至仏山12:34到着。先に進みたいところだったが、渋滞がひどく、帰りのバスの時間を考え後ろ髪を引かれる思いで、下山する。小至仏山頂からは笠岳・水上側の展望も開け、反対側には尾瀬湿原から鳩待峠まで見渡せ満足した。残念ではあるが、至仏山はまた来よう!



        三条の滝


 見晴小屋

                                            湿原にて



       湿原で一本

                            尾瀬湿原に向かって

                                       至仏への登り



      小至仏山頂にて・次は至仏山へ



AED講習会参加

 今年も1年生全員救急救命法の講習を受講しました!
 今年も、登山部の試験明けの練習は救急救命法の講習からスタートです。山ではAEDが使用できる場所は限られていますが、人工呼吸法は有効です。毎年、入部した1年生には全員強制的に参加させています。今年も山でもしものことがないよう祈りつつ、そのときに冷静に対応できるよう練習しています。(7月9日)