登山部の活動の様子

2016年1月の記事一覧

積雪期顧問研修会(八ヶ岳)

   積雪期登山指導者講習会に参加してきました!
 1月23日(土)~25日(月)の日程で長野県の八ヶ岳で行われた積雪期の登山講習会に顧問2人で参加してきました。

1日目;美濃戸口で開会式を行い、赤岳鉱泉小屋に向かいました。到着後、冬山の基本、ロープワークの実習を行い、翌日の赤岳アタックの準備を行いました。
2日目;小屋前の気温-15℃、風あり。今日のルートは、文三郎道から登り中岳の分岐を左に進み頂上へ向かい往復するというルートです。行者小屋までは順調に進み一本、そこからは前日に降った雪が若干残っており、アイゼンが効きにくい中進んでいきました。稜線に出ると-20℃・15mを超える風で、リーダーのM先生が撤退を決断。今回は2600m付近までということになりました。
3日目;昨日と変わらず、-15℃で風も治まらず、例年ですと硫黄岳往復の予定でしたが、残念ながら、小屋で2月に実施される生徒の冬山の大会である県新人大会に向けての情報交換を行い、下山することになりました。
 この講習会は部活動の積雪期における安全登山指導のために行われている教育委員会主催の行事です。冬の赤岳は生徒は禁止ルートになっています。我々のここでの研修・経験は久喜高校でのこれからの山行に生かしていきたいと思っています。


      小屋前で ①


  小屋前で ②


新春・スキー合宿

      あけましておめでとうございます
     今年も月1回の山行目指して頑張ります!

  今年も例年のように年明けの練習は、1月5・6日・1泊2日の日程で、越後湯沢・湯沢スノーパークでスキー練習から始まりました。1日目は曇天の中の練習でした。今年は現地の人も驚くほど雪が少なく、リフトが2機しか稼働しておらず、ゲレンデ状況も春のザラメ雪のようでした。初日は足慣らしに徹して明日に期待しようということで、各自のんびり滑走しました。2日目は、コンディションの悪かった湯沢パークから、神立スキー場にゲレンデを変えました。北面で高度も高く、雪質が昨日より格段に良く、十分練習することができました。1年生も、中学校時代のスキー教室を思い出し、最終日にはほとんど転ぶことなく中上級コースを滑走していました。温暖化の影響は、スキー場にも出ていることを身をもって感じた合宿でした。