書道部の活動の様子

2020年5月の記事一覧

【1年生へ】書道部の活動紹介

新1年生の皆さん、こんにちは。

今回は、書道部がどのように活動しているかをご紹介します。学校が再開したら、部活動を決めることになりますが、皆さんにお配りした『紫草(むらさき)』に部活動の紹介はもうお読みでしょうか。ここでは、多くの写真を交えてお話させていただきますので、楽しい雰囲気が少しでも伝わればと思います。

【書道部の活動】

基本的に活動日は週3回です。放課後に書道室で活動しています。芸術選択が「書道」でない人も入部できますし、もちろん、書道が未経験の人も歓迎しています。

 

先生のご指導のもと、筆を使って作品に取り組みます。時には真面目に、いつも楽しく活動しています。カメラを向けるとすぐに気づいてピース(笑)

 

書道室はクーラーと暖房も完備していますので、1年を通して快適に過ごせますよ。書いた作品は展覧会に出品します。毎年開催される高校生書道展部では、授業を公欠して部員全員で展示場まで向かい、他校の作品を鑑賞します。

【夏休みの活動】

夏休みは、秋の文化祭に向けて書道部の活動も本格化します。書道室の床を大きく使って、高校ならではの大きな作品に取り組みます。

 

 

作品は書くだけではなく、掛け軸にする作業まで生徒自身で行います。カッターやアイロンという機械を使って行う作業は、部員全員で協力して一気に仕上げます。書道と言えば、一人で黙々と作業するイメージがあるかもしれませんが、作成や後片付けなどは皆で声を掛け合ってすることも多いのですよ。

  

文化祭の展示も自分たちで行います。大きな作品から小さな作品まで、個性豊かな作品を展示していきます。良い作品は外部の展覧会にも出品しますので、多くの部員が毎年表彰されています。

 

【書道部のハイライト(3年生を送る)】

3学期には、書道部でお世話になった3年生を送る会を計画します。

  

立派に巣立って行く3年生もさることながら、つい昨年までは中学生だった高校1年生が、すっかり久喜高校に慣れて、先輩と話している姿を見れるのも顧問にとっては嬉しいです。

さて、駆け足に1年間の書道部の活動を見てきましたが、いかがだったでしょうか。新1年生は高校がどのような所だか分からずに不安かもしれませんが、どの先輩方も優しく接してくれるので安心して、部活動を選んでください。

どの部活動でも、早く1年生と一緒に部活がしたくてウズウズしています!

興味を持ったようでしたら、過去の書道部の活動も記事にしてありますので、ご覧ください。

顧問含め、書道部員一同、1年生の入部をお待ちしております。