最新の図書館NEWS

2022年10月の記事一覧

【図書館】読書週間と秋の図書館イベント

10/27~11/9は読書週間として、全国的に読書に関するイベントが行われます。

読書週間の歴史や詳細は

公益社団法人 読書推進運動協議会のサイトをご覧ください。

http://www.dokusyo.or.jp/jigyo/jigyo.htm

 

久喜高校図書館でも秋の図書館イベントを開催中です。

①選べる読書グッズプレゼント

 一度に2冊以上借りると、プレゼントがもらえます。

  

 ブックカバーは国立国会図書館が提供している、著作権保護期間が満了した画像を使用しています。

 NDLイメージバンク https://rnavi.ndl.go.jp/imagebank/

 

②図書館謎解き とある本からの手紙

 館内で謎を解いてクリアを目指すイベントです。すでに何名かの方が挑戦してくれています。

  

【図書委員会】企画班の秋の展示

図書委員企画班の1年生が秋の展示を作成しました。

「〇〇の秋」ということで、それぞれの秋に合った本をPOPで紹介しています。

なるべく多くの人に興味を持ってもらえるように本を選んでいました。

カラフルなPOPが素敵です。

【図書館】展示「11月はケアラー月間」

埼玉県では11月をケアラー月間とし、様々な取り組みが行われます。

ケアラーとは無償で身近な人の世話をする(ケアをする)人のことです。

ヤングケアラーという言葉を聞いたことがある人もいるでしょうか。

 

図書館ではケアラーとヤングケアラーに関する本、

病気や障害に関する本、生活に役立つ本を集めて展示しています。

図書館にお越しの際はぜひご覧ください。

 

*埼玉県のケアラー月間の取り組みについては県のHPに掲載されています。

https://www.pref.saitama.lg.jp/a0609/carer/r4carergekkan.html

 

 

【図書委員会】ビブリオバトルを実施しました。

10月7日(金)放課後に図書委員1,2年生と有志参加者でビブリオバトルを実施しました。

ビブリオバトルに慣れてきたためか、以前より発表も質問も上手になっているように感じます。

 

今回のチャンプ本(一番読みたくなった本)は、1年生図書委員が紹介した

『ユーミンの罪』酒井順子、講談社 です。

小説を紹介する生徒が多く、新書が選ばれるのは珍しいのですが、

著者の酒井さんが女子校出身!ということも含め、読みたいと思わせるプレゼンでした。

 

 

【図書委員会】ハロウィン装飾を行いました。

図書委員企画班がハロウィン装飾を行いました。

ドアとホワイトボードを飾り付け、館内に小物を置いてハロウィン仕様の図書館です。

 

 

図書館にお越しの際は装飾にも目を向けてみてください。