バレーボール部の活動の様子・部日誌

2015年2月の記事一覧

スタートは、我武者羅!

もう二十数年前になるが、あのころは体力・気力は充実していた。
足りないのが知識と経験。
ただがむしゃらに強打レシーブの練習ばかりしていた。
先輩の先生方にいろいろ教えていただいていたのに、
今になって大切なことに気づくことが多い。

しかし、今でもこの気持ちは変わらない。
「同じ高校生、一生懸命自分から努力・練習すれば負けない」

年をとるにつれ「まぁ、こんなもんか」と
自分のこころに限界をつくってしまう。今までの経験が邪魔をすることがある。
そんな時は、・・・・・

生徒の成長には無限の可能性がある。それを信じてまたがんばろう。
「若いころは、何も知らないことが強さです」

今日も卒業生が二人、練習に参加してくれました。感謝!

小中高バレーボール交流大会

第10回久喜市近隣小中高バレーボール交流大会に参加しました。

高校生は、中学生とゲームを行った。1セット25点で終了。
久喜高校は、鷲宮東3・久喜24・須賀9・白岡8・杉戸広島1・
栗橋東5・杉戸16・百間10・蓮田平野5・久喜南11・久喜東1
と対戦し、全勝で終わることができた。

出身中学と試合ができ監督、コーチ、後輩のみなさんに久喜高校で頑張っている姿を見ていただけてよかったと思う。ジュニアチームの方々にも挨拶ができました。
ありがとうございました。

自分たちにリズムがなく苦しいセットもあったが、
どうにか勝利した経験は次に役立ててほしい。

やはり大切な技術は、サーブ・サーブカット・パスですね。
これさえできればどのチームと対戦してもゲームになります。
その次にレシーブ・スパイク・ブロックフォロー。セッターのトスです。
セッターが上手いとアタッカーが伸びる。特にジャンプ力。
がんばれ、全員セッター、全員リベロのつもりで!

自信のある選手は、
声が大きい・積極的に動ける・目つきが違う・自分の意見をもっている・
他人にプレーを見られたいと思う・など
自分はどうですか?

サッカー部 新人大会 決勝戦 本庄第一と対戦し勝利!
優勝おめでとうございます!!

剣道部を訪ねて!

今日は、午前練習の前に剣道部の準備運動、練習を見学させていただきました。
バレー部の生徒に何か感じてもらいたいと思い
昨日、剣道部の監督にお願いをしました。

見学時間 8時50分~9時20分
剣道部練習開始時刻は、9時からです。


バレー部員の感想

全員の声が大きく、お腹の底から出していた。
声がそろっていて気持ちよかった。
格技場がすみずみまで綺麗にそうじされていた。
練習前の雰囲気と練習が始まってからの顔つきが違い
メリハリがあった。
動きが素早く、切り替えができていた。
部長や先生の言葉にたいして、しっかり返事をしていてやる気・まとまりを感じた。
一つ一つの準備運動や練習に臨む、一生懸命さが伝わってきた。
1,2年生が仲よさそうでした。
礼儀正しい、必ず道場の出入りは「一礼」をしていた。

剣道部の皆さんへ
貴重な練習時間を見学させていただきありがとうございました
この他にも生徒は多くのことを感じ学んだようです。
お互い刺激しあいながら、もっともっと上を目指してがんばりましょう。

バレー部も日本一の
挨拶、声、掃除、準備体操、部日誌など
できることから始めます。

忘己利他

こんな言葉を見つけました。

もうこりた(忘己利他)・・・伝教大師最澄のことば

「己(おのれ)を忘れて他(た)を利(り)するは、慈悲の極みなり」

自分のことは後にして、まず人に喜んでいただくことをする。
それは、仏様の行いで、そこに幸せがあるのだという。
我欲が先に立つような生活からは、幸せは生まれないということ。

なかなかできないことだと思いますが、
自分の行動によって他人が喜んでくれれば
喜びは自分と他人の2倍ですね。幸せの倍返しをしていこう!

次に向けスタート!

今日は、昨日までの試合のまとめをし、次の目標を決め練習開始。
特に特徴があるわけではない久喜高校バレボール部は、工夫が必要!!

普通にあたりまえのことをするだけでは、普通のチームで終わってしまう。

固定概念を取り外し、挑戦することが必要だ。
常識という言葉があるが、
100年前の常識は今の常識にはあてはまらない。
日本の常識は、海外の常識にはあてはまらない。

バレーボールの常識ってなんなのだろう?

非常識の領域に新しい夢があるように思う。
こんなことを生徒と話し、次に向けスタートを切った。
これからの練習が楽しみです。