最近の出来事

久喜高校 定時制

始業式

令和3年1月8日(金)
始業式

3学期始業式が行われました。
校長、生徒指導主任、教務主任から以下の
ようなお話がありました。

校長
 ①新型コロナウイルスから守る。
  自分自身や、周りの人を守りましょう。
  うがいや手洗いなどやるべきことは行い、
  食事中はしゃべらないようにしましょう。
 ②情報は疑ってかかる。
  ネット上など偽の情報に惑わされないで、
  その情報が正確なのか確認しましょう。
 ③生活や将来に不安が出てくる
  人間は不安が好きな動物でもあります。
  心配するほど力が発揮できなくなります。
  自分の出来ることに集中しましょう。

生徒指導主任
 新型コロナウイルスによって思い通りにで
 きないことが多くなります。今後は新型コ
 ロナウイルスと共存していかなくてはなら
 ないでしょう。
 皆さんには2021年の目標を決めてほし
 いです。何でも良いいですので。実現可能
 な範囲でスモールステップし、それに向け
 て順序立て進んでほしいです。

教務主任
 新型コロナウイルスが猛威をふるっていま
 す。春先よりも、感染力が強いように思え
 ます。3学期の行事予定は、変更があるか
 もしれないので、予め心構えを持っていて
 ほしいです。尚、学校に来られる時は登校
 し、新型コロナウイルスに感染しないよう
 気を付けてほしいです。特に気をつけても
 らいたいことは、
 ・マスクを外して話さないこと。
 ・部活は無いので、学校が終わったときは、
  寄り道せずにまっすぐ帰ること。
 それ以外でも、今までの感染予防対策を行
 っていきましょう。

元気に3学期が過ごせるようにしましょう。

表彰式 終業式

令和2年12月24日(木)
表彰式・終業式

表彰式では以下の生徒が表彰されました。
おめでとうございます。


 第33回県民総合スポーツ大会
  男子400mハードル 第2位 城谷さん
  男子砲丸投げ     第2位 城谷さん
  女子400m     第3位 高山さん


終業式では校長、生徒指導主任、教務主任から
講話がありました。


校長より
 1 withコロナの中ですので、うがいや
   手洗い、ソーシャルディスタンスを守り
   ましょう。
 2 自分を見つめなおしてください。振り返
   りや、これからのことをノートに書き込
   んでみて、そこから夢や目標が分かって
   きます。
 3 勉強は人生を切り開くアイテムです。世
   の中に興味をもって勉強したことを使っ
   てみてください。

生徒指導主任より
 冬季休業中は事故の無いように過ごしましょ
 う。また以下の3点について普段より心がけ
 てください。
 1 免許取得は届け出制になっています。報
   告を忘れないでください。
 2 身だしなみに気を付けてください。決ま
   りごとは守ってください。
 3 他学年の教室には入らないでください。
   新型コロナ感染予防対策でもあります。

教務主任より
 2学期の出席率はどの学年も90%以上でし
 た。特に4年生は大変良い結果でした。
 好き嫌いで学校を休むと、自分の居場所がな
 くなります。なんとか改善して休まずに学校
 に来てほしいです。3学期も、寒さに負けず
 自分の気持ちにも負けずがんばってください。
 来れば楽しいこともあるはずです。
 自制しながら、年末年始を過ごしてください。

大掃除

令和2年12月23日(水)
大掃除

昨日に続き大掃除が行われました。
本日は、教室やトイレ、流し場など
普段から使用している場所を中心に
掃除が行われました。


生徒の皆さんは、一生懸命に掃除を
していました。
お疲れさまでした。

クリーンニシマス会

令和2年12月22日(火)
クリーンニシマス会

生徒会主催の大掃除が行われました。
本来はクリスマス会が行われる予定でしたが、
新型コロナ感染防止のため大掃除へと変更に
なりました。


生徒の皆さんは進んで掃除をしていました。
ありがとうございました。

交通安全教室

令和2年12月21日(月)
交通安全教室

今日は交通安全教室を行いました。
テーマは「自転車事故の防止」です。今回は交通安全についてのDVDを視聴しました。


 

 

 

 


 

 

 

 

 

自転車は「軽車両」です。
「自転車なら、すぐに停止できる」「大した事故にはならない」などの慢心や思い込みが、大きな事故につながります。しっかりと交通ルールやマナーを知り、実践することが大切です。

以下は生徒の感想です。

・学校に遅れそうなときはスピードを出しすぎてしまうことがあるので、これからは時間に余裕をもってルールを守りながら自転車を使っていきたいと思いました。

・他人事ではなく、私も交通ルールを守っていきたいと思いました。

・「~かもしれない」運転を心がけます。

生徒の皆さんも自転車を使用する責任の重みや、交通ルールを守る意識を改めて認識することが出来たのではないでしょうか。