最近の出来事

久喜高校 定時制

租税教室


令和元年7月18日(木)
租税教室


春日部税務署
副所長 草川友典 様
を講師にお迎えして
税に関する講演を行いました。


税金は「取られている」から、
「必要なもの」へと
考えを変え、
税の歳入と歳出に関して、
関心を持ってもらいたいそうです。


税金の種類や、
社会保障制度、
軽減税率など
多岐にわたり説明をしていただきました。
また、最後には国税局調査査察部(マルサ)の
話や、会話に困ったときには
次のことを覚えていると良いとの話もありました。

「きどにたてかけし衣食住」
・・季節の挨拶
・・道楽(趣味)の話
・・ニュース
・・旅の話
・・テレビ
・・家族
・・健康
・・仕事
・・衣服
・・食べ物
・・住んでいるところや出身
が話せると便利であることも話されました。
コミュニケーション不足である最近の若者には、
必要な言葉かもしれません。

草川様ありがとうございました。