最近の出来事

平成30年度修了式


 3月22日(金)、平成30年度修了式を行いました。
  校長講話では、生徒に対し2点の話がありました。一つ目は、今後、残るであろう職業についてです。「十年から二十年後には今の仕事の約半数がAI(人工知能)やロボット等に代替できるようになると言われている。言い換えれば、AIやロボットにできないことが、人間の仕事になるだろう。人間にしかできない仕事は、人と人が一緒に協働し、問題解決していくような仕事である。次年度も他人と協働しながら物事を進められる力を培ってもらいたい。」二つ目は、「五箇条の御誓文」から『挨拶は自分からを心掛ける、今できることは後に延ばさない、嘘をつかない、笑顔を忘れない、お礼の言葉「ありがとうございます」を忘れない』と話し、「この五つが実行できれば、必ず信頼される人になれるだろう。」と生徒に示唆しました。
 久喜高定の皆さん、平成31年度も充実した高校生活が送れるように、努力を忘れずに頑張ってください。応援しています。